FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



英国水彩画展へ
IMG_1359.jpg 
〈今日の絵〉お台場のホテル





渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで開かれている「巨匠たちの英国水彩画展」を
観に行ってきました。

18世紀から19世紀にかけて描かれたイギリスの画家たちの
水彩画の展示です。
「温故知新」ではないですが、一応、水彩画をやっている
者のひとりとして興味あったので。

会場はあまり混雑していませんでした。 
今日のお客さん、なんか上品な感じの人が多い感じです。
チャラ、チャラしたのはいません。

おい、おい、ちょっと私達って場違いじゃないの?

私達夫婦もそれなりに品よくいかねば。

そりゃ、ちょっと無理かな。 
無理すると身体にもよくないので、いつもの通りでいくことに。
IMG_4909.jpg 



会場風景です。こんな感じで展示されていました。
 
 
18世紀から19世紀にかけ活躍した英国の画家たちの水彩画です。 
18世紀始めのころの作品はどれもすごく細部にいたるまで
描いています。 その中でも私が興味ある画家はターナーです。
彼は沢山の水彩画、おもに風景画を描いています。 
   
contents_pic6[1]  
ターナー作〈ルツェルン湖の月明かり、彼方にリギ山を望む〉
1841年作、ターナーの晩年に描かれた絵です。
戦艦テメレール1838 
ターナー作「戦艦テメレール」 1838年作 

img005-2[1] 
アンドリュー・ニコル作〈北アイルランドの海岸に咲くひなげしとダンルース城〉



ターナーが生涯にわたり追求し続けたのは光と大気だったといいます。
彼の描き残した絵画は、のちの印象派の画家たちに大きな
影響をおよぼし、モネやピサロをはじめとする多くの印象派と呼ばれる
画家が生まれています。

正直いって私的には固い写実的な絵には、あまり興味ありません。
ですから歴史的な流れからいっても、印象派以後のものが好きです。

ただしもっと、もっと古い紀元前とかの絵画は好きです。
スペインのアルタミラの洞くつに描かれた絵や、また古代エジプトなどの
絵画も大好きです。
 
あの洞窟の壁画は最高にいいですね。
もちろん、実際に見たことないですが。
 旧石器時代に、既にあんなに素晴らしい芸術が生まれていたなんて。

もう、な~んにも言えないです!

というわけで18世紀から19世紀の英国人が描いた水彩画を
観てきましたが、これも勉強、勉強!


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

会場を出て渋谷の街をぶらり。
そこであちこちの店に飾ってあるクリスマスツリーを見てパチリ!
めっちゃ、きれいなデコレーションのツリーがけっこうあります。

IMG_4870.jpg 

渋谷東急百貨店に飾ってあったクリスマスツリーです。

IMG_4873.jpg 
 
Bunkamura にあったクリスマスツリーです。
このパティオなかなかすてきな空間でした。


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

私の趣味のコーヒーカップ収集から
IMG_4659.jpg 

IMG_4661.jpg     
 
イギリスAYNSLEY のコーヒーカップ&ソーサーです。
花と鳥の絵をあしらった個性ある華やかできれいな
コーヒーカップ&ソーサーです。



 


















              

 






スポンサーサイト





コメント
こんばんは。
師匠、ターナーさんは空ばかりを描きたかったのでは?と思うのですが。
空の比重が多すぎます~!?
巨匠に対して無礼かもです。すみません。
今日のコーヒーカップ我が家にもあります♪何だかうれしいわぁ(笑)
師匠のお宅と同じものがあるなんて。これから大事にしなきゃ、食洗機では洗わないようにします(笑)
[2012/12/01 22:45] URL | 優 #- [ 編集 ]

写実的な絵は、上手いとは思うんですけどねぇ。

なんとなく、描いた人の心境というか想いというか、
そういうものが見えないと、心惹かれない気がします。。

そういう意味では、写実的な絵でも、
ものによっては、心惹かれるものがありそうなんですけどねぇ。

[2012/12/01 23:12] URL | amuraba #- [ 編集 ]

優さんへ
優さん、こんばんは。

そうですね。空を占める割合が多いですね。
彼が生涯を通して追い求めたのが光と大気
だそうですから、空の風景画が多いんでしょうね。

同じカップですか。それはまたびっくりですね。
このところ、お互いにびっくりすることが多いですね(笑)
[2012/12/01 23:55] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

amurabaさんへ
amurabaさん、こんばんは。

私も同じです。心が感じられないのは
好きではないです。
写実的な絵を見てると、確かにすごいなとは思うけどね。
写真撮って見たほうがいいんじゃないかなぁ。
なんて思いますね。
だから幼児が描いた絵なんて、いいのありますよね。
[2012/12/02 00:03] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ターナーの絵!
初めて見ましたが、実際見たら心に響いてきそうな絵ですね。

クリスマスツリーいいですね。
こういう写真をみると、
「やっぱ都会は洗練されてるなぁ~」
と思いますよ(*゚▽゚*)
ぼくの住む地域は、いかにも定番のクリスマスツリーばかりですからね。
[2012/12/02 01:07] URL | けんパパ #- [ 編集 ]

けんパパさんへ
イギリスの当時の画家たちの絵の中でも
やはりターナーの絵は一番良かったですね。

最近、クリスマスツリーもだいぶ凝ってきて
赤と緑の定番のカラーから外れた
いろんなのが飾られていますね。

街を歩いているだけでも、クリスマス気分が
味わえます。

[2012/12/02 09:21] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ごくちゃぁ~ん ビックリだじゃーー いきなり‥
〈今日の絵〉お台場のホテルじゃぁ~ん
頭混乱しちゃったぜぇ~ ガハガハガ~~ハァ!
記事をみてなっとく‥。 目の保養したわぁ~
ビックリしてノドもからからになったことだし
コーヒーでも飲んで戻るとスッかぁ~
じゃぁーねぇ~ ごくちゃぁ~ん
[2012/12/02 10:56] URL | まっちゃん #- [ 編集 ]

まっちゃんへ
お客さま、昨夜は良くお休みになられたでしょうか?
またのご利用をお待ちしております。

頭が混乱しちゃって、パープリンだって。
のどが、ひからびちゃってカラカラだって。
うんめぇ~コーヒーでも飲んで
スッキリ、ハッキリしてください。

んじゃ、またにぃ~~!
[2012/12/02 11:53] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

絵の事はよくワカランチンの場違いなプーママで~~す ガハ!

何時も奥様と素敵な時間を過ごして幸せ一杯、胸いっぱ~~い~~でないの~~

プーママも喉がカラカラで頭はモヤモヤだから~、ごくさんの入れてくれる美味しいコーヒー飲んでいくわぁ~~
「美味しいっ!おかわり~~!」
[2012/12/02 15:02] URL | プーママ #AZ9xKuDQ [ 編集 ]

「巨匠たちの英国水彩画展」の動画を拝見しました。

長い間、絵画展に行っていません。

行ってみたいと・・・

有難うございます。
[2012/12/02 15:06] URL | ijin #7ozVZe.w [ 編集 ]

殿~っ!
こんにちは~v-16v-222

楽しくてテンション上がるコメントをありがと~~んv-238v-16
コメント返しが出来ないから、こちらでお礼まで^^;
19号って、私v-16も見た事がない未知?!の大きさです(笑)
こんな私v-16でもガッバガバかも(笑)





芸術の秋?冬?
素敵な時間をお過ごしでしたね~^^
絵画鑑賞、音楽鑑賞。。。いいですよね^^

※お台場ぼホテル・・・妄想しちゃいました(笑)

[2012/12/02 16:19] URL | Paganini #TY.N/4k. [ 編集 ]

今晩は。
どれもステキな絵ですが、特にアンドリュー・ニコル作〈北アイルランドの海岸に咲くひなげしとダンルース城〉が私的には好みです。
絵画展、関西でも良い物を開催していたら行きたいのですが、中々来てくれないんですよねぇ。
[2012/12/02 17:25] URL | ichigomakaron47 #ZBwuyhXk [ 編集 ]

プーママさんへ
プーママ、こんばんは~!

んだぁ、いつも腹いっぱい、胸いっぱいで
しょっちょう、胸やけしてるんじゃぁ~。

プーママも頭モヤモヤでっかぁ~。
うんめぇ~コヒー飲めばパツイチですっきりすんがなぁ~。
宿泊代とコーヒー代は、まっちゃんのとこさ、
請求書送っとくからよぉ。

[2012/12/02 19:49] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ijinさんへ
ijinさん、こんばんは。

動画見てもらえましたか。
ちょっと長いのにありがとうございます。

たまには美術館もいいですね。
いい作品に出会った時のあの感激って
たまらないですからね。

[2012/12/02 19:57] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

paganiniさんへ
姫、こんばんは~!

いえ、いえ、お礼なんて。そんなぁ。
私もでんぐり返しできませんから。?

私の頭も脳みそ足りなくてガッパガパです。
でも19号にはびっくらこきました。

お台場のホテルってみなさんのお身体によくないようですね。
頭モヤモヤしたり、のどカラカラになったり。
今後、気をつけま~す。









[2012/12/02 21:16] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ichigomakalon47さんへ
こんばんは。

美術館も混んでいると、せっかくのいい作品も
ゆっくり鑑賞できないけど。人が少ない時は
実にいいですね。

今回はそれほど混んでなかったので
ゆっくり観ることができましたよ。


[2012/12/02 21:26] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こんばんは。

ターナーの絵の光にとても魅かれますが
ごくしげさんの淡いブルーからパープルの影の
柔らかさもとっても素敵です!

しかし、太古の人って、進化する前かと思うと
芸術など、決して進化前ではありませんねぇ。
[2012/12/02 23:02] URL | りもママ。 #- [ 編集 ]

素敵な水彩画、目の保養になりました♪
もうクリスマスなんですね。
今年もあとわずか。
はやいですね~

[2012/12/02 23:18] URL | まりんママ #- [ 編集 ]

りもママさんへ
りもママさん、こんばんは。

ありがとうございます。お褒めの言葉。
単純ですので、すぐうれしくなり、
また励みにもなります。

新旧問わず、すばらしい芸術を見ると
心が豊かになるっていうのがいいですね。
[2012/12/02 23:24] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

まりんママさん、こんばんは。

ありがとうございます。

そうですね。一年経つのが早いですね。
あれもしたい。これもしたい。
と新年にはそう思いますが、なかなか実行できず。
毎年こんな調子です。
よ~し!来年こそは!
[2012/12/02 23:30] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こちらにもターナー的風景の場所があります。
茨城でちょっと遠いのですが、また行ってみたいと思っています。
[2012/12/03 06:16] URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]

ビンビンシニアさんへ
おはようございます。

ターナーが描いた絵のような風景の場所が
茨城にあるんですか。興味ありますね。

きっとそこを訪れたら、絵にしてみたくなっちゃうでしょうね。
[2012/12/03 08:06] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

水彩イコール上品ってイメージありますね
別に油彩が下品って言うわけではないけど・・・(^o^)
私は油絵描いてましたから
何となくそんな感じします(^_^;)


ひなげし良い絵だな~♪
[2012/12/03 08:53] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

babatyamaさんへ
おはようございます。

そうですか。水彩画は上品に見えますか。
描いてる本人は上品ではないんですが。

私もひなげしの絵、いいな。と思ったので
沢山ある中からアップしてみました。
[2012/12/03 09:35] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2012/12/03 10:25] | # [ 編集 ]

ターナーの作品凄いですね~!
水面にはホントに水が張ってるみたいに忠実に再現されてますね~!

150年以上前の風景を見ているって何か感慨深いですね!

私は結構好きかも…。。
(;^ω^)
[2012/12/03 12:33] URL | am #- [ 編集 ]

鍵コメントさんへ
コメントありがとう!

コメント返しが早くできるといいですね。
テンプレートを替えて見たらどうなのかな?

FC2さんに、お歳暮あげてないんと違いますか?
私はちゃんと、お中元とお歳暮はあげていますが。

そんなわけねぇ~か。ブッハ!
[2012/12/03 13:39] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

amパパさんへ
amさん、こんにちは~。

私も今回、当時の英国人の画家の展示の中で
ターナーが一番気に入ったのでアップしました。

すごく上手ですよね。
海や空の描き方、みごとですね。
めっちゃ勉強させてもらいました。
[2012/12/03 13:55] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/169-80416e3b