FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



レオナール・フジタ展を観に^^
IMG_1268.jpg 
〈今日の絵〉曼珠沙華











バラ 

mmmmmmmmmmmmmmmmmmmm個展のお知らせ mmmmmmmmmmmmmmmmmmmm

この秋、水彩画の個展を開きます。
どうぞご高覧ください。お待ちしております。

◆会期  2013年11月20日(水)~25日(月)

◆会場  東京都内のギャラリーにて

※ご来場そして詳しいことを知りたい方は、左にあるメールフォームより お知らせください。
  案内状を送りますので。

mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm






レオナール・フジタ展を観に渋谷へ行ってきました。
箱根のポーラ美術館のコレクションを中心に
藤田嗣治の絵を展示しています。


IMG_9493.jpg 








IMGP0094.jpg   







IMG113.jpg 
「自画像」です。






パリのマドレーヌ 








 
眠れる女 







藤田 







裸婦22 



藤田嗣治氏の絵はご覧のとおり
女性の肌がめっちゃ透き通って、なめらかで美しいです。
これが彼の絵の特徴です。
この「乳白色の肌」を彼はどうやって描いたのか
そのことは生涯、誰にも語らず、秘密にしていました。


そして近年、絵画が修復された際に
この「乳白色の肌」の秘密が解かれました。

その手法は硫酸バリウムを下地に塗り
その上に炭酸カルシウムと鉛白を1対3の割合で
混ぜた絵の具を塗っていたようです。
更に、絵からはタルクが見つかりました。
その正体はシッカロールでした。

今でも赤ちゃんのオムツかぶれなどに使われて
いるヤツです。
シッカロールのあの匂い大好きです^^

彼はカンバスのテカリを抑えるために
このシッカロールを使っていたようでした。


藤田嗣治氏の裸婦画は油絵というより
日本画に近いって感じですね^^





IMG_111.jpg 

これは「猫」です。
日本画ぽいですね^^

日本画、大好きな私には、もうたまらん絵ですね。





ここで彼の私生活を暴露しちゃいます^^
ってこれは知っている人は知っている
ことなんですが………


彼は5度の結婚、バツ4です!
おっつあん、よくやるな~~~!
バツ4ですかぁ~~

まず初回は~~~
まずってことはないですがぁ~(笑)


1度目は日本人の登美子さんと結婚!
しかしわずか1年半で離婚。
そして藤田氏はフランス、パリへと行きます。

そこでフランス人のモデルと2度目の結婚!
しかし不倫関係などで離婚!
3度目もフランス人と結婚!
彼はこの女性のことを「雪」と呼んでいたそうです。
しかしこの「雪」とも離婚となります。


そしてまたまたフランス人のマドレーヌと言う
女性と4度目の結婚!
そしてこのマドレーヌともお別れ!

もう、マドレーヌはおやつに食いあきたってぇ~~かな(笑)
4度目の離婚に突入です!

もう、いいかげんにせんか~~~!!
履歴書に、書ききれねぇ~


いやいや、気を取り戻して、冷静に、冷静に^^



そして5度目です。日本に一時帰国した際、知り合い
一目惚れして結婚したのが、日本人女性
「君代」さんです!


お願いします^^ もうこれ以上は何事もおこりませんように^^



・・・・・・・・・・・・・・・・・

やはり日本人女性が一番!
と気づいたようでした。
自己主張が強く我がままなフランス女性と
生活するのが嫌になったようです。


おい、おい、気づくの遅いっちゅ~~の!


5度目の離婚はなかったようでした。
君代さんとは生涯を共にしました。

そんな訳で彼は5度の結婚、4度の離婚となります。







子供たち 







ちいさな職人10 

今回数多く展示されているのが、このような子供を描いた絵です。
「小さな職人たち」と言って、なんと100点くらい展示されています。

この絵のサイズは15cm角くらいの小さいサイズの絵です。

印刷職人、ペンキ塗り屋、煙突掃除屋とか音楽家など
こどもが働いている姿を描いたものです。

藤田氏は晩年にこうした子供をテーマにした絵を
多く描いています。
可愛い愛くるしい姿がいいですね^^
実際の藤田氏には子供はいなっかったのですが。


バツ4の画家。なんて印象で終わってしまっては
藤田氏には申し訳ないのでここで一言。


彼は日本でも有名な画家ですが、フランスにおいても
最も有名な日本人画家です。
私の大好きな画家のひとりです^^




※作品の画像は借りてきたものです。




スポンサーサイト





コメント
藤田嗣治さんの絵、好きです。
柔らかな雰囲気の中にロマンも感じられます。
猫の絵も素敵ですね。

絵を見るのは大好きですが、
ただ見てるだけじゃ駄目ですね。
あの透き通る肌を表現するのに、
様々な工夫が有った事を知りました。
[2013/10/04 03:47] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

ごくちゃ~ん♪
おはようございま~すv-222v-16
藤田さんの絵。。。好きです^^v

シッカロールを使用して、テカリを抑えていたのですか。。。
すごいですね。。。

シッカロールと言えば、我が家の黒一点が夏に使用しています(笑)
因みに。。。
どこに使用しているかは不明です(笑)

話しが逸れてしまいました。スミマセン^^;


今日は某コンサートに芸術劇場に行ってきます^^v
ではでは。。。
素敵な一日でありますように・・・v-238


案内状ありがとうございました。
楽しみにしていますね^^

へばね~!
[2013/10/04 06:54] URL | Paganini #TY.N/4k. [ 編集 ]

藤田嗣治さんの絵で思い浮かぶのは
浴衣を着て団扇を持っている
女性の姿なんですが
肌の色にそんな工夫がされていたのですね!

それにしても5度の結婚!
まめというか~(笑)
モテ男さんだったんですね~。
[2013/10/04 07:48] URL | nohohon life #- [ 編集 ]

藤田嗣治・・・最初に見た作品がとても印象的でした。前にも書きましたが、薔薇の画でした。

名古屋松坂屋で見たことはしっかり覚えていますが、展覧会の名前は全く覚えていません。問い合わせも出来ない・・・のですが、永遠の憧れの作品です。

折りあるごとに探していますが(ネットで)ありません。
50号以上100号未満だったようで、たくさんの薔薇が描かれていました。どこかにないかなぁ~

今日の曼珠沙華のえ、好きです。
[2013/10/04 10:05] URL | こすずめ #CqptDIYc [ 編集 ]

太巻きおばばさん、おはようございます^^

画像ではあの乳白色の透き通った肌の
感じがよくでてないのが残念です^^
実物はほんと、言葉を失うくらいの
美しさに驚かされ魅されました。

色々と研究されて描いているんですね。
私も少しは見習って、研究しなくてはですね^^
シッカロールに対抗できるもの
探さなくてはぁ~(笑)
[2013/10/04 12:22] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

pagaちゃん、こんにちは~~^^

いいですね^^藤田氏の絵は。
画像では実物の良さが伝えられないのが
とても残念です^^

シッカロール、私も昔、使っていました。
どこにってぇ~~~
あそこですよ~~~~!

………………

そう主に脇の下と背中ですね^^(笑)

これからコンサートですか^^
きょうはちょっと天気が良くないけど
pagaちゃんの無駄な明るさで
楽しいステキな時間を過ごしてきてくださいね^^

では、またねぇ~~^^
[2013/10/04 12:34] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

nohohon lifeさん、こんにちは~~

シッカロール使っていたなんて
これにはビックリ!そして笑えましたね。

誰にもこのことは秘密にして生涯、
話すことはなかったようですが、写真家の
土門拳さんが彼のアトリエで撮影した時に
シッカロールの缶が写っていたそうです。
でもその時は、何の疑問も持たなかったとか。

いろいろ考えているんですね^^
[2013/10/04 12:49] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こすずめさん、こんにちは~~

そうでしたよね^^以前から探している
白い薔薇の花でしたよね。
よほど印象的だったようですね^^

私も観てみたいなぁ~~
と思っています。

私も白い薔薇の絵は何点か観ましたが……
違うようですね^^
誰かが購入され、個人所有と
なってしまったのかも?

藤田氏の絵を専門に取り扱っている
画廊あたりにでも、問い合わせてみたらいかがでしょうか。

やはり気になっているとスッキリしませんよね^^

ありがとうございました。
[2013/10/04 13:01] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

シッカロール…まさか匂いは残ってないでしょうが、
かすかに感じたらなんか素敵ですね。そんなふうに
思うの私だけかな~~(^^ゞ
女性の肌が美しく描けるって、数度の結婚離婚に
納得してしまうような気がします。

さっそくのご連絡ありがとうございました。
来月楽しみにしております。
[2013/10/04 17:47] URL | ココうさ #- [ 編集 ]

こんばんは。
彼岸花が素敵です。
このように描けると素敵ですね。
隅から隅まで食い入るように観させて頂きました。
参考にさせて頂き来年は彼岸花に挑戦します。

画家の藤田さん、お名前だけは知っているのですが
絵を拝見したことも、どのような作品を描かれているのかも知りませんでした。
日本画だと思ったら油絵なのですね。
猫ちゃんなどは、寝息まで聞こえてきそうです。
美術館に行かずして目の保養をさせて頂きました。
有難うございます。
[2013/10/04 18:13] URL | とんとん #aAgcn0Hg [ 編集 ]

ベルナール・フジタさん福岡でも展覧会みたいなのやってましたよ〜!
チョビヒゲが印象的な方ですよね〜。。
CM見て一瞬坂本龍一かと思いました^^;
しかし、バツ4とは凄いですね。。
付き合うだけならまだしも、どうして結婚しちゃうんでしょ。。
3度目の離婚くらいで諦めそうなもんですけどね〜!
[2013/10/04 18:13] URL | am #- [ 編集 ]

こんばんは。
絵を描くのには普通に絵の具だけじゃないんですね~。
確かに肌の色が難しい感じですね~
フランスにはすごく憧れるけどフランス女性は自己主張が強くわがままとは・・・
何度も結婚するとは・・・

こういう人だから芸術に優れているのか・・よくわかりませんが。
[2013/10/04 19:34] URL | ブルームローズ #- [ 編集 ]

ごくしげさん。
こすずめの思い出の、そして幻の薔薇の画・・・
無謀ですが、こすずめ日記に描いてみました。

大昔の事で、記憶のいい加減ですから宛になりませんが・・・
もっと、繊細な画だったと思いますが・・・ちょっとご足労お願いできますか?

こんな画、ご覧になったことはありませんか?
[2013/10/04 20:15] URL | こすずめ #CqptDIYc [ 編集 ]

ごくさん、こんばんは^^

いやー都内で個展とはスゴイ、スゴイ、凄い~!
やはり、ただ者ではなかったんですね、ごくさん。

楽屋見舞い?陣中見舞い?に行きたいところですが
さすがに大阪を離れるわけにはいきません・・・。

Pagaさんとの対面もあるようで・・・
こりゃ楽しみですわ~♪
お互いがお互いのブログで相手を表現して欲しいものです 笑

Pagaさんの酷評?覚悟なされ~ 笑
[2013/10/04 21:14] URL |  味よし (あじよし) #- [ 編集 ]

ココうささん、こんばんは~~

いいですね。シッカロールの匂いが
ほのかに香る絵って^^

そうですね^^
絵には匂いを感じることってあるからね^^

あの乳白色の透き通る肌を描けるのも
5度の結婚が生み出した結果でしょうかね^^
では、私も見習って……
って誰も寄ってきませんが~~(笑)

[2013/10/04 21:15] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

とんとんさん、こんばんは~

ありがとうございます^^
彼岸花のあの強烈な、刺激的な赤は
カンバスに塗ってみたいなぁ~
という思いにかられますね。
また真紅のバラや、深紅の椿なども。

藤田氏の絵は白色が多く、画像では
なかなかその透明な感じが出ていないのが
残念です。
実物はとてもステキです^^

白色の絵はとても難しいですよね。






[2013/10/04 21:29] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

amさん、こんばんは~~

福岡でもベルナール・フジタ展
やっていましたか。
そうです^^チョビ髭とあのおかっぱ頭が
印象的ですね。
そいえば、坂本龍一に似てるかも^^

あはははぁ~~!
ほんといいかげんにしろよぉ~~
って言いたいですね^^
ほんと懲りないんでしょうね。

でも芸術家ってこんなとこあるのかも?

[2013/10/04 21:36] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こすずめさん、こんばんは~~

ほんと無謀ですね^^
藤田氏が怒りますよ^^
私のとは大分違う~~って(笑)

さておき、昔観たという展示会。
これってフランンスとの協賛だとかでは
ないのでしょうか。
藤田氏は大半がフランスでの画家生活。
日本より沢山彼の絵はあるかも^^

こうなるとなかなかお目にかかるのが難しく
なりますね。
まして個人所有だったりしたら。
いっそのこと、こすずめさんが購入したいと
申し入れれば、話は変わるかも?

ちょっと私にはこの絵のゆくえは
物理的に不可能ですね。
すみません^^お役にたてず。



[2013/10/04 22:36] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

味よしさん、こんばんは~~

やっと時間持てるようになったんですね^^
お疲れのとこ、コメントありがとう^^

味よしさんに変わって、今度は私が
忙しくなってきます^^

私の個展にpagaちゃんが見に来てくれるようですが
そうですね。何を言われるか、今から
pagaちゃんのブログが恐ろしいです^^(笑)
いまのうち、おべんちゃら言っておいた方が
いいですかね?!
[2013/10/04 22:46] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ブルームローズさん、こんばんは~~

油絵などは特に絵の具だけではなく、
いろいろなモノ入れる方がいるようですね^^
質感をだすために、いろいろ考え描いて
いるようですね。

そうですね。私の少ない経験からも
西洋の人は自己主張が強いようですね。
そうしないと生活していけないのでしょうね。

日本では寡黙が、いいなどとされていたり
しますが、あちらでは、自分の意見を
言えない人は、脳ナシだなんて
思われちゃうですからね。



[2013/10/04 22:58] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

個展開催おめでとうございます
月末だったら行けたのになぁ~と残念ですが
ブログで雰囲気拝見できるの楽しみにしております
素敵な個展になりますように!祈ってます
[2013/10/04 23:51] URL |   NON姉姉  #- [ 編集 ]

NON姉姉さん、こんばんは~~

ありがとうございます。
頑張ります^^
といったところで、もうこれ以上は無理ですけどね。
今はどの絵を出すか検討中です。

はい!承知しました^^
観に来れない方、興味ある方のためにも
ブログでその様子がわかるよう
伝えたいと思っています。よろしく^^
[2013/10/05 00:15] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/10/05 06:54] | # [ 編集 ]

↑鍵コメントさん、おはようございます^^

了解いたしました。
乱筆にて失礼いたしました。

[2013/10/05 08:13] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ごくちゃん。・∀・)ノ゛ こんつぁo
マドレーヌを焼かせたら上手いまっちゃんです
ガハハハハァ~ン!
[2013/10/05 12:07] URL | まっちゃん #- [ 編集 ]

まっちゃん、こんばんは~~

今度、マドレーヌ焼いてくれんかなぁ~~
ンガガガガァ
腹すかして待ってるよ~~^^
[2013/10/05 19:03] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/10/05 20:18] | # [ 編集 ]

↑鍵コメントさん、こんばんは~~

そう言っていただけると
こちらも嬉しいです^^

ありがとうございます~^^

では^^
[2013/10/05 22:56] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

藤田嗣治の毛細筆とシッカロール
これさえ使えば
藤田嗣治のような絵が描けるんだと
子供の頃
本気で思った
babaです(^_^;)
[2013/10/06 06:57] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

babatyamaさん、おはようございます^^

babatyamaさんは子供の頃から
藤田氏の描く、あの透明に透き通った肌の
魅力を感じていたんですね。

あの乳白色の肌はほんと、魅力的ですからね。
でもなかなか、ああいう風に表現するには
難しいですね^^
[2013/10/06 07:47] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/10/06 14:02] | # [ 編集 ]

お祝いコメントありがとうございました♪

同じ日にお誕生日なんて嬉しいです

あらためまして
お誕生日おめでとうございます^^

[2013/10/06 14:51] URL | nohohon life #- [ 編集 ]

↑鍵コメントさん、こんばんは^^

了解しました。
済ませましたので。
では~~^^
[2013/10/06 23:04] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

nohohon lifeさん、こんばんは~~

ありがとうございます^^
驚きました~~!
ほんと偶然ですね^^
[2013/10/06 23:11] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

藤田さんの絵、素晴らしいですね。
あの独特の肌の質感は、
自分の理想の表現を追い求めた結果なんでしょうね。

シッカロールなんて、普通思いつかないでしょう。
そこに至るまで、かなりの苦難があったのでしょうね。
[2013/10/07 08:33] URL | amuraba #- [ 編集 ]

amurabaさん、こんにちは~~

あの乳白色の透き通るような肌は
最高ですね^^
私も彼の裸婦画を初めて見た時
めっちゃ感動しましたね。
なんであんな風に描けるのかなぁ~と。
不思議でしたね^^

凄い努力したんでしょうね。
なもんで、誰にも技法を教えたく
なかったのでしょうね。
なんか、そんな彼の気持ちも分かるような。
[2013/10/07 15:35] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

うみさん、こんにちは~~

メールありがとうございました^^
個展の件について、メール送信しましたが
届かないのですが。
よろしかったら、もう一度、連絡ください。
[2013/10/07 15:51] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こんばんは。

シッカロールといえばボクも愛用者です^^
あの懐かしい香り、幼少の頃を思い出し・・・

因みにボクは今でもシッカロールのことを
「ポンポン」と呼んでます 笑
小さい時に言っていた呼称ですわ。。。

夏場しか使ってませんが、家族からはブーイングの嵐。
歳、いくつやのぉ!などとののしられながらも
めげずにセッセとポンポンを使ってるんですわ~。

場所?
ふふふ、それは・・・ヒミツです♪
[2013/10/07 21:10] URL |  味よし (あじよし) #- [ 編集 ]

初めまして、森の食堂というブログをやっています。ごくしげさんのお名前はbabaちゃまのブログで、よくお見かけしておりました。
水彩画をお描きになるんですね。優しい雰囲気でとても色が綺麗ですね。
私も藤田氏の絵は大好きです。一度、間近にみてその細かい描写に驚きました。
また伺わせていただきます。^^
[2013/10/08 06:08] URL | yoyo #- [ 編集 ]

先日、私も観ましたよ〜っ!
お久しぶりです。ごくさ〜ん!
Léonard Foujitaの作品が静岡に・・・

パリで唯一認められた日本人画家?
初めてでしたが・・・いい感じです。日本とフランスで色々あって人生も万丈波乱?な大変な人生でしね。
でも、作品は日本の文化を受け継いだ柔らかなタッチの繊細な色。とっても素敵でした。ただ、最後の子供達の絵(タイルの焼きもですよね?)これがなかったんですよ。観たいな〜ぁ。14日までですかーっ!行きたーぃ!(笑)
では、では、また。
[2013/10/08 07:12] URL | YOUのつぶやきです! #- [ 編集 ]

味よしさん、おはようございま~~す^^

「ボンボン」って呼んでいたんですか。
これって高槻あたりではこう呼ぶのでしょうか?
今もこの「ボンボン」を使ってるんですね^^

家族からのブーイングをなくすためにも
せめて、このめっちゃ可愛い名前は捨てた方が……
諦め切れず手放せない気持ちは私も同じ!

ここだけの話、実はこの夏、またまた復活!
使っちゃいましたぁ~~~

pagaちゃんのご主人も未だに使っているとか。
皆、どこに使っているかは秘密のようですね^^ぶっふふ
[2013/10/08 07:48] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

yoyoさん、おはようございます^^

コメントありがとうございましす。
大変うれしいです^^

趣味で透明水彩画を載せています。
癒される水彩画を描きたいなぁ
と思い描いています。

そうですね。藤田氏の描くあの線がとても
いいですね。
元々、日本画が好きなので、藤田氏の絵は
そういった意味でも好きですね^^

どうぞ、どしどし訪問してくださいね。
お待ちしています。
ありがとうございました^^



[2013/10/08 08:02] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

youさん、おはようございま~す^^

お久しぶりです!
って、コメントがね^^
いつも訪問して、読み逃げしています。
すんません^^

あぁ~、youさんも藤田嗣治氏の作品
観たんですかぁ^^

そうですね。油絵なのに日本画の技法が
用いられめっちゃ柔らかい繊細なタッチ!
魅了されてしまいますね^^
あの乳白色の肌には、まいってしまいます!

渋谷のbunka村ですよ。
どうぞ観に行ってくださ~~い!

[2013/10/08 08:15] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/254-7731ff6b