FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



気が付けば”和”づくし~~^^
IMG_0432.jpg 
〈今日の絵〉山茶花








IMGP1700.jpg 

最近、源氏物語を再読しようと思っています。
何でまたぁ~~~!なんですが。

でも時々、琴唄の勉強にと部分ごとには読んだりしていましたが・・・
あるブロガーの人が源氏物語を読み、
その感想などを載せているのを見て、刺激されました。

この源氏物語はかなり前から興味があり
いつか読みたいなぁ~~^^日本人だもの。
また、世界最古の長編小説ですからね。
千年も前、平安時代に生きた貴族の人の
生活ぶりや心を知りたいなぁ~^^


な~~んて思いつつ、長い間そのままにしてました。
それが読むようになったきっかけが
この瀬戸内寂聴さん訳の「源氏物語」の本がでたからです。
この本出版が1996年となっているので
17年位前に源氏物語を初めて読んだんですね。


う~~ん、月日の経つのが早いです!


この本は現代語で書かれているので
めっちゃ分かりやすく、アホな私でも理解できるんです^^

以前、円地文子さん訳のをちょっと本屋で
立ち読みしたけど、分かりやすく書いたのでしょうが
まだ、まだ、この寂聴さん訳と比較したら
ちょっとわかりずらい言葉でしたね。
 
源氏物語を訳したのは、過去に与謝野晶子、谷崎潤一郎
円地文子らがいますが、読む人により
それぞれの印象が違っているようですが。
谷崎氏が一番原文に忠実だとかなんとか・・・

ほんとは原文を読むのが一番でしょうが
なかなか、そこまでは勉強する余裕ないですね。
って、時間のせいにしっちゃっていますが。


寂聴さんのは文壇では厳しい批評もありますが
ひどいのになると

こんなの源氏物語じゃねぇ~~!
彼女の主観で書いちゃってる!なんてね^^


まぁ~、いろいろありますが。
まるっきり他のことを書いているわけではないし。
こうして解かりやすく現代語で書いてくれてる
なんて、ほんとありがたいです。


とはいえ、この長い源氏物語を訳し書くのには
そうとうなエネルギーがいるそうですね^^
寂聴さんが言っていました。
円地文子さんも死にそうになったとか。
また、寂聴さん自身もなんと2度ほど
死にそうになったそうです。


そうそう、寂聴さん曰く、この源氏物語が面白いのは
六条御息所がいるからであって
六条御息所が登場しなかったら
まったく面白くない物語になっていましたね。
な~~んても言っていましたね。
私も同感です。


この六条御息所には今、私もお付き合いさせて
いただいております。
只今、稽古中の曲の”葵の上”というのに登場しています。
なかなかすごいオナゴです。
プライド高く、嫉妬深く!

彼女から源氏が離れていくのも、十分納得いきますね^^









IMGP1639.jpg 

先日、デパートに買い物に行った時、
食器売り場で、めっちゃステキなテーブルクロスに出会いました。
そう、上の写真のヤツです。
よく、いらなくなった袋帯を、こういったテーブルクロスにする。
なんて人いますよね。
まさしくその感覚です。袋帯にあるような花の絵柄がグーですね^^

これなら使い方次第で ”和”にも”洋” にもOK!





IMGP1674.jpg 






IMGP1661.jpg 

今日のブログは”和”でいこう!
と決めたので、ついでにこれ!

日本酒です。既にちょっと飲んでしまっていますが。
すみません^^呑み助が約一名いますので^^

新潟の酒、”きりんざん”です。
この酒、瓶もお洒落だけど、味もお洒落?

甘口でフルーティー^^
女性の口にあうかも^^

因みにこの酒は新潟の甥から、いただいたものです。
彼は、この酒会社に勤めています。

ありがとう~~!






スポンサーサイト





コメント
和の空間
山茶花の絵の構図。。。「お花が生きているなぁ~^^」
と又ひとつ勉強させて頂きました。

谷崎純一郎氏訳の源氏物語(10巻)を
かなり前に読んだのですが、ページの下三分の一が
現代語で書かれていて、両方を読み進んでいて
1巻の半分くらいで飽きてしまい、残り全部を
現代語のみ読んだ記憶があります。
その現代語も、私には難しかったです(@_@;)

袋帯のテーブルセンターが、とても素敵ですね。
花瓶と千両が、テーブルセンターに、マッチして
艶やかさを増しています。素敵な和の空間ですね。
今日は、まったりさせて頂きました。有難うございました。
[2014/01/09 17:56] URL | とんとん #aAgcn0Hg [ 編集 ]

源氏物語は読んだことないですが、気になる書籍ではあります。
ただ、私の場合、一度ハマってしまうと、
寝食を忘れて読んでしまう傾向にあるので、
なかなか、読み始めるのに勇気がいるんですよね~

まぁ、もっと自制心があれば、じっくり読めるんでしょうけどね…

テーブルクロスもお洒落ですね。
うちも、テーブルクロス使っていたことがあるんですが、
いつの間にか下に落ちてしまうんですよね…
何か使い方を間違っているのか、いまだに不思議です。
[2014/01/09 21:44] URL | amuraba #- [ 編集 ]

とんとんさん、こんばんは~~

とんとんさんは既に源氏物語を
読み上げているんですね^^
ほんと長い小説ですよね。

これが千年も前に書かれたなんて
とても信じられませんね。すごいです!

売り場にいって、すぐこのテーブルクロスが
目につきました。
他にもいろいろあったけど、やっぱこれが
一番いい感じでしたね。
これからパーティーがおもしろそう^^
って、実は我が家ってあまりパーティーって
しないんですよね^^
これから我が家でパーティーてのも
やらなくちゃ~~!
昔はよく家でやったんですがね^^


[2014/01/09 22:54] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

amurabaさん、こんばんは~~

源氏物語は最初はとっつきにくいですが
読んでいるうちに、その当時の貴族の
生活ぶりなども分かり、おもしろくなってきますよ。

といってもほとんど源氏の恋の
お話ですけどね^^

テーブルクロスがいつの間にか下に落ちているんですか^^(笑)
不思議ですね^^きっと誰ともなく
少しずつずらしたり、引っ張ったり~~
なんてしているのでは?
[2014/01/09 23:12] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

流石にごくしげさん!
美意識、格調高いです。
私めは、ゴミの山のような机で源氏を読んで居りまする。
寂聴サン、本当に解りやすいですね。
高校の頃に出版されていたら、先生に廊下に立たされなくって良かったのに〜と悔しいですね★

私は、六条御息所も好きなんですが、「朝顔」さんが好きですねー。寂聴さんは「魅力の描写に欠ける」と言われておられますが、有る意味、「綺麗に」源氏を愛した女性だと思います。
完全プラトニックラブですねー。
何事も2人の間には起きなかったのですが、源氏は彼女の若い美しい面影をずっと忘れていなかったと思いますね。
チョイ出のお姫様なんですけど・・。
[2014/01/09 23:29] URL | ペチュニア #- [ 編集 ]

こんばんは
寒くなって来ましたね
家の垣根ぐるっと山茶花だったのですが2/3をバラのフェンスにしました
女房は全部バラにしたかったんですが、冬にきれいな花を長く楽しませてくれるので残しました
今、まさに満開です
雪をかぶった山茶花も赤と白で綺麗ですね

読書する時間が取れなくて・・・
買って来た本も全部中途半端
毎日が日曜日になる頃にふたたび開きます
新潟の酒 きりんざん頂いてみたいですね
広島の酒屋さん探して見ます。
大寒波襲来です、温かくしてお過ごし下さいね。。。
[2014/01/10 00:19] URL | まあちゃん #- [ 編集 ]

そりゃ、あなた、光源氏は世紀の色男ですもの、
色しかない男ですもの、
それですまされる希有な男ですもの、
そんな奴の人生に真剣に付き合ったら、二度や三度は
死にそうな目にあうでしょう。
それでもいいと思わせるのが
ほんまもんのいい男でしょ。
[2014/01/10 01:21] URL | takako.t.maru #HL2jsdHs [ 編集 ]

源氏物語、ドイツでも漫画で売ってました。
実は、買っちゃったんです。
んで読んだらドイツ語が昔の言葉で良く判らない(汗)
もう一度、日本語の本を読んで勉強しないと駄目です。

日本に使わない帯が沢山有ります。
こんな風に使うんですね。
週末、日本に飛びますから、
帯を持ち帰ろうと思います。
着物はもう着ませんので、タンスの肥やしじゃ勿体無いです。

ありがとう、ごくしげさん。

[2014/01/10 01:49] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

ごくしげさん、おはようございます♪
そうなんですよ、源氏物語も原文でしか今まで見かけたことがないので、読んでみようという気持ちにならなかったんです。
今は現代語に訳された本があるんですか。それはいいですね。
ごくしげさんが読んだら、感想を聞かせて下さいね。
私も読んでみようかどうか、検討してみます。今から読め!って感じですよね。^-^;

テーブルクロスもいいですけど、この花瓶がいいですね〜。
この唐草模様がいいですね。^-^
[2014/01/10 07:28] URL | yoyo #- [ 編集 ]

ペチュニアさん、おはようございます^^

そんな、そんな。
美意識、格調高いだなんて。
ただ、ただ、敏感であるだけです。

私も朝顔ってある面、とっても好きです。
源氏との恋に対して理性的に生きたことが
すごく魅力的ですね^^
きっとあんなモテ男と一緒になったら、毎日が大変~~~!
とでも思ったのでしょうか?

男女の関係にはならず友人関係を
維持してきたところなんかすごいですね^^

ほんと寂聴さんのおかげで源氏を読む
きっかっけとなったので、
感謝です^^


[2014/01/10 08:10] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ごくちゃ~ん♪
おはようございま~~すv-222v-16
源氏物語は恥ずかしながら読んだ事がないんです~^^;
勝手に難しいのかな?って思ってて。。。
瀬戸内さんのは読みやすいと聞いた事があるので読んでみたいです^^

今、“荘子”を読みやすく、分かりやすく書いた加島祥造さんの本を読み終えたところです。。。面白かったです^^


v-238
帯のテーブルクロス・・・とっても素敵ですね~♪
ど・すとらいくでございます^^

帯はこんな風に利用するといつも和を感じられていいですね。。。
ごくちゃんのセンスの良さが光っておりますね~v-218

※日本酒・・・おしゃれな瓶に入っていますね~♪
美味しそうです。。。
[2014/01/10 08:19] URL | Paganini #TY.N/4k. [ 編集 ]

まあちゃんさん、おはようございます^^

こちらも今、山茶花の花が真っ盛りです^^
この寒い枯れた冬空に咲く
あの紅色はとてもいいですね^^

我が家には山茶花の切り花さえもないんですが。(笑)

私もかってと比べ読書の時間は
激減です。やはり目が疲れますね^^
それに替りパソコンに向かう時間が
とても多いです。仕事を除いてもね。

では畑の野菜作り、楽しみ頑張ってください^^
[2014/01/10 08:21] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

源氏物語の瀬戸内さんのは
まだ読んでいないですが
何ページかめくって見ました
とっても読みやすそうですね~
全巻トライしてみたいです。

テーブルクロス、とっても素敵ですね!
カップの収集といい
ごくしげさんのセンスには
いつも呻らされています^^
[2014/01/10 08:24] URL | nohohon life #- [ 編集 ]

takakoさん、おはようございます^^

色男と頭が良く学問ができるのは
根っから無理だったので
せめて源氏が上手だった琴でも・・・・
な~~んて思ってもこれまた叶わぬ夢と
なりつつありまする。

この年齢になっては滑稽ですが
しっかり自分を自覚し、生きることにしておりまする。
[2014/01/10 08:30] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

太巻きおばばさん、おはようございます^^

日本に来られるんですね^^
漫画本で「あさきゆめみし」という
タイトルの源氏物語が売られているようです。
とても分かりやすく好評のようです。
よろしかたら覘いてみたら~~^^

そうですね^^古い袋帯があるのでしたら
ぜひ作ってみてはいかがでしょうか^^
[2014/01/10 08:38] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

yoyoさん、おはようございます^^

源氏物語、古文では誰も敬遠しちゃいますよね^^
この寂聴さんのは、ほんと分かりやすいです。
もっと分かりやすいのが漫画の源氏物語でしょうね。
「あさきゆめみし」というタイトルででているので
よろしかったら読んでみては~~

私もこの白磁器に藍色が、めっちゃ好きなんです。
砥部焼きなんかも大好きですね。
比較的価格も高くないので。
それが一番の魅力だったりして~~(笑)
[2014/01/10 08:47] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

pagaちゃん、おはようございま~~す^^

寂聴さんの源氏物語、とっても読みやすく
分かりやすいです。
初めて読むには、よろしいのではと思います。
全10巻もある長編なので、ゆっくりマイペースで
読まれるといいのでは^^

このテーブルクロス、めっちゃいいでしょう^^
一目惚れって言うヤツです!
以前からこういった袋帯をテーブルクロスにした
感じのものを探していたんですが
突然、お気に入りに出合えました。

私のパソコンのお気に入りに追加で~~す(笑)

では、またねぇ~~^^
[2014/01/10 08:57] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ペチュニアさんでしょ~
活字苦手なbabaが
ペチュニアさんの文章にはまっちゃってます。
源氏物語も楽しみになってきました♪
これで少し活字を読む練習が出来そう(´m`)
テーブルランナーは奥様の帯かと思いました♪

[2014/01/10 08:59] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

nohohon lifeさん、おはようございます^^

そうなんですか^^
ちょっと立ち読みされたんでしょうか?
全10巻の長編だけど、寂聴さんのは
ほんと分かりやすく書いてあるので
完読できるのでは~~と思います。

源氏物語って子供の頃から紫式部の源氏物語って
名だけは誰もが知っている超有名小説ですからね。
一度は読んでみたいですよね。
[2014/01/10 09:05] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

babatyamaさん、おはようございます^^

そうなんです^^ペチュニアさんなんです。
そうでしたね。babatyamaさんは活字が
苦手だっていっていましたよね。

源氏物語、賛否両論ありますが
なんたって世界最古の長編小説ですからね。
紫式部さんってすごいですよね^^

[2014/01/10 09:14] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/01/10 10:13] | # [ 編集 ]

↑鍵コメントさん、こんばんは~~

了解しました。
多分CDは、でていないと思います。
[2014/01/10 21:43] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

呑んでますか~??
僕は今日まで禁酒です(笑)

和づくしな記事も良いですね~☆
テーブルクロスもなんてオシャレなんでしょう!!
流石センス良いですね。
僕にはないモノなので羨ましいです。

こんなオシャレだったらテーブルクロス引きは失敗は許されませんね(^_^.)

横から抜くか縦から抜くか・・・
どっちにします??(笑)

[2014/01/11 10:16] URL | 僕 #- [ 編集 ]

僕ちゃん、こんにちは~~^^

呑んでますよ~~
適当にね^^

ん~~~ん^^
難しいですねぇ~
これ縦長なので、それもけっこう長いんで
考えますね~~~???

でも滑りは縦の方が良さそう!
そう、私も過去に何回滑ったことだろう。(笑)

いっそのこと、斜めなんてのはどうかねぇ~~


[2014/01/11 11:45] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

テーブルのセンタークロス すっごく素敵ですね~
さすがは ごくしげさん!

でも ごくしげさん、
もし光源氏が 六条の御息所を嫌ったのだったら
後に 同じような固い性格の明石の方と
付き合わないと思うなぁ。
おそろしいと思いながらも惹かれてたんじゃないかな。

そして六条の御息所は自分を止めようとすればするほど
我を失うほど源氏に惹かれていくことに
苦悩してたから生霊になってしまった。
私は紫の上も辛い思いをいっぱいしたけど
六条ほど哀しい人はいなかったと思うよ~
[2014/01/11 19:53] URL | 園長 #JalddpaA [ 編集 ]

こんばんは
寒波の影響は大丈夫でしょうか
ぜんざい美味しいですね、こんな寒い日は体が温まります

広島のお好み焼き、ボリュームがあるでしょ
若い頃はソバダブルなんか食べていましたね
チャンポンと言って一つのお好み焼きにうどんとソバを入れて焼きますうどんの旨さとソバの旨さがミックスされて・・・1回じゃ食べれないですね

初夏の頃スナップエンドウとビール最高ですね
豆ご飯も美味しいです
楽しみな豆達です。。。
[2014/01/11 23:32] URL | まあちゃん #- [ 編集 ]

園長さん、こんばんは~~

明石の君と六条御息所は思慮深く、気品高い
女性だが、恋に対する執念さは、違ったのでは。
確かに御息所のことは好きだったのでしょうね^^

今も昔も同じようですね^^男って余りにも
執念深く、愛され想われると、逆に遠のいてしまうのは。
源氏も御息所との関係を、めっちゃ重たく
息が詰まりそうに感じたのでは。

女性の方は結構、御息所が好きで
彼女の生き方に同情するようですね。

これほどまでに好きになった男を真剣に
けなげに想って、そしてそのあまり生霊、
死霊にまでなって~~
なんて思うのでしょうか?
よく分かりませんが。


[2014/01/12 01:16] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

まあちゃんさん、こんばんは~~

こちらも寒く、けっこう冷え込みます。
明日美味しいぜんざいを食べる予定です。
楽しみです^^

こちらのお好み焼きも美味しいですが
ほんとあの広島のお好み焼きは、ボリューム満点!
すごいです!

今から夏が来るのが待ちとおしいですね^^
そう、豆ってビールに合いますからね。
枝豆にビールは呑兵衛の夏の必需品ですね^^
居酒屋にいっても、まず注文は
生ビールと枝豆ですからね^^(笑)


[2014/01/12 01:29] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

プライド高く、嫉妬深く・・・ごくさんの事かとおもったぁ~~ガハガハ

日本中?いや、いや世界中が寒波?
しもやけに(笑)ならないようにね~~
んじゃね~~
[2014/01/12 17:22] URL | プーママ #AZ9xKuDQ [ 編集 ]

プーママ~~オッス!

なぬ~~!わっちだと~~

ちゃう、ちゃう!
わっちは鼻が高く、毛深いんだってばぁ~~

こっちも雪こそ降らんが
めっちゃ寒~~~い!

しもやけじゃなく、青春のシンボル~~ニキビがの~~~・・・・

んじゃ、またねぇ~~^^
[2014/01/12 18:38] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ごくしげさん

こんばんは♫

いつも優しいお花で癒されています

テーブルのランナーは刺繍がされているのですか?
とっても可愛くて素敵ですね
お花を飾ってお茶を楽しんだり・・・想像するだけで楽しくなってきます♫
[2014/01/13 23:54] URL | さくら #HfMzn2gY [ 編集 ]

さくらさん、こんばんは~~

ありがとうございます^^

これは本当の袋帯ではなく
テーブルランナーとして作られたものです。
このランナーは織りです。

色彩と絵柄に一目惚れしました。
和にも洋にも使えそうなので
用途も倍増ですね。
[2014/01/14 00:47] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

私も源氏物語読んだことないです。。

学生の時に試験問題で出た記憶はありますが、さっぱりわからず。。
その印象が強くて読めないものだと思ってました(;^ω^)

現代語文で読みやすいものがあるんですね~。

時間があれば読んでみたいです。。
その時間がナカナカ作れなかったりするのですが…
(;´Д`)
[2014/01/15 09:08] URL | am #- [ 編集 ]

ご無沙汰しています
源氏物語時々読みたくなりますね~
もう何年も読んでいません
テーブルクロス素敵でお洒落ですね~
素敵なレストランみたい!
私はテーブルランナー買って一度も使ってないのがあります
ビニールに入ったままだわ~(笑)
ちょっとお洒落な生活をしたいわ~
お酒もお洒落な瓶ですね~
お味ももちろん美味しいんでしょうね~
探してみようかな~
[2014/01/15 10:57] URL | Coucou の いくこ #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/01/15 11:52] | # [ 編集 ]

amさん、こんばんは~~

私も学生時代には源氏物語は
読でいませんでした。
というか、まるっきし興味なし!

それがいつの間にやら、世界最古の長編小説
だからいつかは読みたいな~
と思い続けて、やっと読んだんです。
また、現代語訳、寂聴さんのこの源氏物語に
出会わなければ、読まなかったでしょうね^^
[2014/01/16 01:19] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

Coucouのいくこさん、こんばんは~~

忙しい中、コメントありがとうございます。

テーブルランナー持っているんですね。
使わないとは、もったいないですね^^
でも考えてみると、それほど使う機会って
少ないですね。
我が家も最近はパーティーもしない^^

きりんざんの酒ってあまり出ていないかも。
この酒は甘口でフルーティーだから
多分、いくこさんには物足りないかも。
私の勝手の想像ですが、辛口が合いそうなので^^(笑)
[2014/01/16 01:28] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

↑鍵コメントさん、こんばんは~~

元気ですよ~~^^
しかし寒いです。
なにを?って、もちろんアレ、アレですよ。
春夏秋冬、やっぱアレですね^^(笑)
[2014/01/16 01:33] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/275-d1c926fc