FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



屋号のお話し~~
IMG_0726.jpg 
〈今日の絵〉芙蓉の花 








実家の朝はめっちゃ早いです^^
午前6時には起床!
って、これはあくまで私の起床であって
家族はもっと前!
5時頃ではないかと思います。

それから朝食です。
この朝食が、今回の減量失敗の理由でもあります。

朝からご飯です。いつもならトースト一枚にサラダにコーヒー
といった、いたって軽い食事なんですが
ここへくるとそうはいきません!


えれぇ~~ごっそう!


朝からご飯のお替りとなってしまうんです。

やめりゃー良いのに、止められぬ!
空気も環境も良いからだろうか?


うめぇ~~の!何の~~~!



こんなところで暮らしたらきっと、デブになってしまうだろうなぁ~~
なぁ~~んて、思いながら2杯目のご飯となります。




今日は美味しいコシヒカリのご飯の話ではないんです。
ちょっと屋号のことが気になったので、そのお話です。

家内の実家は元は庄屋。
そして屋号は「きめんどの(きもいりどの)」
江戸時代、庄屋のことをこう呼んだりしていたそうである。

肝入りは村の中でも裕福で、人望があり高い見識を
持った百姓の中から大肝入りの推薦により
代官から任命された家の屋号だそうです。

先祖さま、なかなかやりますねぇ~~^^



IMGP5640.jpg 

この写真は新潟の家内の実家近くの風景です。



蝶10



因みに私の本家の屋号は「紺屋」です。
これは染色をやっていたことから
とられた屋号です。

現在は染色の仕事はしていませんが
戦前まではやっていたそうです。
私が生まれた時には染色の仕事はもうやっておらず
でも幼少の頃まではその形跡が
家の中にありましたが。

たとえば呉服屋にある反物を入れる
大きな物入れがあったり。 


また家の裏には住込みで働く職人の
部屋がまるで鰻の寝床のように
6畳くらいの部屋が一列にずらりと並んでいます。
5部屋くらいあったかなぁ~~。
部屋の片側は長い廊下になっていましたね。

その後その部屋も下宿となっていました。
それも改築されほとんど取り壊され、「紺屋」だった面影は
跡形もなくなりました。


裏には、広い庭があり、そこで遊んだ記憶が
かすかにあります。
きっと染めた生地を干したり板に張ったりするので
あんなに広い庭があったんですね^^


そうそう、浮世絵師の歌川国芳も
「紺屋」の出であったそうですね。
こうして私が絵を描くのも元は「紺屋」という
染色の家系から来たのかなぁ~? 
 

国芳   20国芳  
武者絵 〈歌川国芳画〉                           美人画〈歌川国芳画〉


国芳30 
妖怪画〈歌川国芳画〉
※画像はお借りしました。


屋号っておもしろいですね^^
その呼び名はいろいろあり、先祖の名前に由来する
ものや、地形や地名からそして我が家のように
職業から屋号ができたり。
 

そう、そう、確定申告書にも屋号と書かれた欄がありますね。
自営業の方が書く、いわゆる会社名ですね^^


昔から屋号は商売をしている家だけではなく
普通の家でも屋号があったようですね。

ある部落では、名字を呼ばず屋号で呼び合っていたようです。
というのは、同じ部落に同じ名字の家がいっぱいあったりしたり
するので、どこの誰だか分からなくなってしまう。
そんなことからこの屋号がめっちゃ便利だったそうな^^


そういえば新潟の実家でも名字だけではなく
屋号で呼び合ったりもしていますね^^


「あの、きめんどの娘、今どこにいらんべぇ~」


な~~んてね^^

蝶10 


屋号といえば歌舞伎ですね^^
「成田屋」は市川團十郎
「中村屋」は中村勘三郎
「高麗屋」は松本幸四郎

「成田屋」が歌舞伎の屋号の始まりだとか。
由来は成田山(千葉県)からだそう^^

「中村屋」は江戸三座の中の中村座の
座号が由来のようです。
江戸時代には幕府公認の3大劇場があり
中村座はそのひとつだそうです。

 
そして私の好きな玉ちゃん、玉三郎!
彼の屋号は「大和屋」!

でも彼は世襲ではないですが^^
元々は歌舞伎とは縁のない家庭の普通の人。
それが幼い頃弟子入りし、梨園に入った人。

それが今では、当代随一の女形だからね!

才能があったのはともかく、めっちゃ努力したんでしょうね。


世襲制、家元制度・・・・・・
最近では2世タレント!

これって大反対ではないんですが、
納得いかない点ってありますね。
その親のDNAを引き継いでいるからって
全ての子供がそれに対し才能があるわけではないし。

もっと、もっと間口を広くし、受け入れ
普通の人でも、幼少からそのような場で
芸を学べるような機会を与えてあげたらなぁ~~

そしたらもっと、もっと優秀な歌舞伎役者なども
育ち、出てくるのでは~~^^









スポンサーサイト





コメント
屋号、私も祖父に聞いたけど忘れちゃった~

生まれたときからの環境って
大人になり大きく影響しますが、
やはり努力もないと成功しませんよね。
[2014/08/22 05:30] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

ごくちゃ~ん♪
おはようございま~す^^
毎日残暑厳しいですね・・・

屋号・・・私の本家の屋号は『山十』です。
使用している昔の塗りの食器などには屋号のマークがすべてついています・・・
今は本家の蔵の中にありますけど。
屋号って面白いですね・・・

※田園とお家の画像・・・とても素敵です^^
こういう風景が大好きです・・・
[2014/08/22 05:35] URL | Paganini #TY.N/4k. [ 編集 ]

屋号、ありましたね。
私の実家も屋号で呼ばれてました。

でもその実家も取り壊して影形なし。

実家がある人が最近になってすごく
羨ましくなって来た。

ごくしげさんは立派なお家のお坊ちゃんだったのね!!
[2014/08/22 06:27] URL | マメちゃんママ #l1PpMs1M [ 編集 ]

お早う御座います!
なーーーるほど・・・。
ごくちゃんが、お絵描きお上手な理由の一つが「血筋」なのかもですねえ〜。
それにしても超有名な浮世絵師がご親戚筋?だとは・・・。
びっくりです。
それに、芙蓉のお花の柔らかい花びらが美しい水彩画ですね♡

新潟の風景、これが普通なんでしょうね。
流石に米所と言われるだけ有って立派な田んぼですね。
お家も年代物みたいです。
ごくしげさんは、このような所で育ったのですね。
大学で東京へ・・? お仕事で・・・?
それとも、ただの「興味?(こらっ★)」ですかあ?
[2014/08/22 07:34] URL | ペチュニア #- [ 編集 ]

太巻きおばばさん、おはようございます^^

そうですね^^
やっぱ努力が大切ですよね。

努力しないで成功したい!
な~~んて感がている私はダメですね。

コツコツ頑張る!ってのができない自分です。
[2014/08/22 08:47] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

pagaちゃん、こんにちは~~^^

新潟の実家も塗りの食器には全て
屋号のマークが入っているようですね。
今は蔵に入って眠っているようです。

pagaちゃんの本家も、お宝鑑定にだしたら
金になるもんあるかも~~^^

pagaちゃんの実家、海が目の前にあるんですね^^
とてものどかな、いい環境のようですね^^
[2014/08/22 13:29] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

マメちゃんママさん、こんにちは~~^^

田舎のある人っていいですね。
田舎がない私にとっては、
とても羨ましいです。

お坊ちゃまなんて、そんなことまったくないです。
遊んで遊んで、勉強も、宿題もやらなかったり。
けっこうワイルドに育っています。



[2014/08/22 13:37] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こんにちは。
ごくしげさんと奥様とは、前世からのご縁で繋がっていたのね?
紺屋の白袴って人様の為に自分を省みる余裕が無い位に忙しくなされた方なそうですから、庄屋も同じ様な立場なのでは?
つまり同じ様な境遇だったのでは?と思いました。
これって自己流の解釈です〜(-。-;
でもごくしげさんのルーツが紺屋で納得した感じです。
血は争え無いものなんですね。
[2014/08/22 15:12] URL | 優の水彩工房 #- [ 編集 ]

ペチュニアさん、こんばんは~~^^

歌川国芳とは何の関係もございません。
ただ同じ屋号!
同じ職業だということだけです。

いつも絵の感想をコメントしていただき
感謝でございまする^^
ブログを始めたそもそものわけは
絵を皆に見てもらいたくて、始めたもので^^
でも絵よりお話のほうにウエイトがあるようで^^

「こらっ★」
勘違いですぞぉ~~~~
新潟は家内の実家。私は横浜です^^(笑)
[2014/08/22 21:27] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

優さん、こんばんは~~^^

おもしろい見方ですね^^
確かに共通する部分もあるかもね。
自分のことはそっちのけで、人のために
尽力を注ぐ!

しかし我が家の先祖は、そんなに多忙で
商売繁盛だったのかなぁ~~?(笑)

今日もまた、優さんの個性豊かに見る目には
とてもおもしろく感嘆しました。
[2014/08/22 21:37] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こんばんは ごくしげさん

屋号の話しではないですが
田舎の朝の早い話

オットの実家は宮城県
スーパーが開くのが凄く林んですよ。

今では、早朝から開くスーパーもありますが
その当時5時半ごろから開くスーパーにビックリしました。

農家はは朝が勝負なんですね。
[2014/08/22 23:45] URL | az #EBUSheBA [ 編集 ]

ごくしげさん こんばんは
心配頂きありがとうございました
またこれからも元気で頑張れそうです
ごくしげさんも奥さまも素晴らしい家系ですね
ご先祖様に感謝ですね
ばあちゃんの話昔はうちの前は馬を降りて通らなければならなかったとか
ほんまかいね
田舎の朝ごはんはトーストとコーヒーなんてありえません
農家が米食わなきゃ何を食べる
大きな釜でご飯炊いていましたね
あの釜の底に着いたお焦げごはんの味が忘れられません。。
[2014/08/23 00:05] URL | 畑のまあちゃん #- [ 編集 ]

azさん、こんばんは~~^^

田舎の朝は早いのでお昼までの
時間の長いこと^^
いろんなことが午前中にできますね。

因みに新潟の実家の近くのスーパー!
って、車で15分くらいにところなんですが
開店は朝7時。閉店は午後8時です。
[2014/08/23 00:29] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

まあちゃんさん、こんばんは~~^^

まあちゃんさんのとこも
立派な身分の高い家系なんですね。

そうですね^^田舎は昼でもパンなど食べませんね^^
多分ほとんど3食、ご飯のようです^^

美味しいコシヒカリと新鮮な野菜が
食べられるのはありがたいんですが、3食はね^^

炭水化物に食べ過ぎは太るので
要注意です^^
[2014/08/23 00:38] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

紺屋さん
かっこいい屋号だわ~
私の母の実家なんか
忘れてたけど
思い出した!!
確か
漁師で「ごろはち」だったわ~(笑)
[2014/08/23 06:39] URL | baba #ciZ.EuIc [ 編集 ]

babatyamaさん、おはようございます^^

お母様の実家は元は漁師だったんですね。

「ごろはち」はおもしろい!

何かとっても可愛い名前ですね。

猫や犬につけたら似合うかも^^
[2014/08/23 08:17] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

私も嫁さんの実家で朝食を爆喰してます。
かなり食べてるので、やばいです。

屋号は聞いたことないですね~。
今度聞いてみます!
[2014/08/23 09:24] URL | amuraba #- [ 編集 ]

こんにちは~☆

確かに環境によって朝ごはんって食べる量が変わりますよね。
ホテルのランチバイキングなんて時にはもう・・・

もう・・・

ブヒヒな位食べちゃいます(笑)

世襲制にも良い面悪い面とありますよね。
ちなみに僕の会社は世襲制。
どんなに頑張っても社長にはなれないのです。。。

才能なら僕の方が断然優っているハズなのに~!!
な~~んて思ったり思わなかったり(笑)
[2014/08/23 15:46] URL | 僕 #- [ 編集 ]

amurabaさん、こんばんは~~^^

沖縄料理は美味しいでしょう。
大食いしてしまうの分かります。

帰る頃にはきっとヤバいことに
なっているかも^^(笑)


[2014/08/23 23:36] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

僕ちゃん、こんばんは~~^^

私も旅に出ると、めっちゃ美味しく思うので
ついつい食べてしまいますね^^

止めよう、止めよう!と思いつつ
滅多にこれない旅なんだから
と思ってしまい大食いしています。

そうかぁ~~、
いくら頑張っても社長にはなれないんだぁ~~
なら成績良くして、稼ぎまくればいいのでは。
たしか歩合制でしたよね^^

[2014/08/23 23:49] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

↓らいふさん、コメントありがとうございます^^

みんなそんな感じになっていますよね。

私のところも基本的にそうですね^^
男女の役割が自然にできていますね。

最近は昔はなかった
家事の分野まで男性もやっていますね。

それで家庭円満になるんでしょうね^^
[2014/08/25 07:47] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ごくしげさん紺屋さんの血筋で絵を描かれるんですね!
ご実家凄いですね~
芙蓉の花もとっても素敵です!
私の実家も屋号があります
苗字が殆ど同じ部落なんです(笑)
母が話す内容は屋号なので良く解らなかったりします
[2014/08/25 09:55] URL | Coucou の いくこ #- [ 編集 ]

Coucouのいくこさん、こんにちは~~^^

お忙しい中、コメントありがとうございます。
昔、実家は紺屋なんですが
絵を描くのは兄弟の中でも
私ひとりなんです。
あと姉が切り絵をやっている程度です。

そうですね^^同じ部落でほとんどが
同じ名字ってのよく聞きますね。
そうなると屋号で呼ばなきゃ、
混同しますからね^^
[2014/08/25 13:01] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/327-c7cfdfe2