FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



幸手権現堂の彼岸花
IMG_5954.jpg 
〈今日の絵〉 水面









IMGP609011.jpg 


幸手権現堂へ彼岸花を見に行ってきました。
広い公園の長く延びる土手に咲く彼岸花^^

別名「曼珠沙華」
韓国では「相思華」と呼ばれている。
なんかいい感じですね^^


去年の今頃は日高の巾着田に
この彼岸花を見に行ったっけ~~^^


おぉ~~!やっぱ強烈だ~~~!
この赤!情熱的な赤!
でも何故かこの真っ赤に染めた彼岸花を見ると
寂しさがよぎります^^

こんな感情を抱くようになったのはあの事件以来です。
そう、和歌山市で起きた毒物カレー事件!
 4人の命が奪われ、数十人の人が犠牲となった。
あれからもう、何年経ったんだろう?


この事件で息子さんを亡くさられた一人の母親がいます。
その母親が息子を亡くした悲しさを
そしてもう一度息子に会いたい!
その思いを綴って一冊の絵本にしました。

この話と絵本をTVで見て、恥ずかしながら涙しました。
もう次から次へと涙がでて止まらない!
こんなことで涙するなんて~~

「鬼の目にも涙」ってこんなことを言うんですね^^


この絵本の言葉を、原文そのままアップしてみたので
ぜひ、読んで欲しいなぁ~~^^
ちょっと長めなので、スルーしてもかまわないですが^^









IMGP60971.jpg 
 


彼岸花                    林 有加作            
 

ある年の七月、10歳の少年の命の灯が消え、
ひとつの魂が生まれました。
短い命から生まれた小さな、小さな魂でした。
その小さな魂は、母が恋しくて、神にもう一度だけ
母に会わせて欲しいと頼みました。


神は、その純心無垢な魂を不憫に思い
願いを聞き入れてくれました。
そして神は、こう言いました。

「一日だけ、おまえを人間界にもどしてあげよう!
ただし、人間の姿ではもどれない。
母がおまえの姿を見つけ、母の声を聞くことが出来たなら
いつか、再び、親子として人間界に生まれかわることを許そう。
しかし、母の声を聞くことが出来なかった時には
魂は消えてなくなってしまうが、それでもよいか?・・・」


小さな魂は九月半ば、母との思い出深い
彼岸花の姿をかりて、母の住む家の近くの土手に、
ひっそりと咲きました。

懐かしい家の窓には、悲しげに外を眺める
母の姿がありました。
精一杯、けなげに咲く一本の赤い彼岸花に
目に止まったのでしょう。
しばらくすると、母は引き寄せられるかのように、
ゆっくりと土手の方に近づいてきました。


そして母は、彼岸花に顏を近づけ、語りかけました。

「もう、彼岸花の季節になったのね・・・・・。
ひろくんは、いつもお母さんのために
このお花を摘んできてくれたよね。ありがとう・・・・」


母の目から涙がこぼれ落ち、声にならない声を
ふりしぼって言いました。

「ひろくん、おかえりなさい^^」

そう言って、花をやさしく手で包み込みました。
懐かしい母の声とぬくもりでした。

その母のやさしい声を聞くことができた瞬間


「お母さん、ただいま~~!
いつかまたきっと、お母さんの子供に生まれてくるからね。
ありがとう^^お母さん!」


彼岸花は、母の言葉と、いく粒もの涙を花びらで受け止め
一筋の光となり、空に昇っていきました。

母は空を見上げ、いつまでも祈りつづけました。

(徳島新聞より)
 











IMGP6159.jpg 
フジバカマ






IMGP6186.jpg 
コスモス







IMGP6151.jpg 







IMG_33066.jpg 
水辺にはホテイアオイが^^






IMGP6154.jpg   IMG_3313.jpg
 
園内にこんな可愛い山羊がいました^^







IMG_3291.jpg 







IMG_3293.jpg     








      







スポンサーサイト





コメント
我が家も昨日幸手に行くか巾着田に行くか、、と考え、巾着田に行ってきました。きれいですよねえ。
[2014/09/28 11:30] URL | TORU #- [ 編集 ]

桜の足下が彼岸花だったんですね。

桜と菜の花の時に行った事が有ります。

彼岸花の赤は苦手です。(ごめんなさい)
[2014/09/28 15:40] URL | yokko #6R3oiliI [ 編集 ]

彼岸花見事な赤ですね~
お子さん亡くされた方の悲しさ
絵本の一字一句が心に響きました
[2014/09/28 17:10] URL |   NON姉姉  #- [ 編集 ]

おこんばんはー♪
彼岸花、そちらでは今がピークなのですね。
とても素晴らしいです。
彼岸花として帰って来た子、お母さんに見つけて貰って嬉しいです♪
あの事件は真相も定かでなく、一体どうして毒物を混入する必要があったのか?? さっぱり解りません↓
犯人も本当は誰なのかワカンナイとかいう説もあるみたいですね★
被害者が可哀想です。
[2014/09/28 20:37] URL | ペチュニア #- [ 編集 ]

TORUさん、こんばんは~~^^

巾着田へ行かれたんですね^^
あそこは幸手の権現堂より
たしか5倍くらい彼岸花の株が
多いようですね。
素晴らしいの一言ですね。
[2014/09/28 20:54] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

yokkoさん、こんばんは~~^^

来年の桜の花見にはこの権現堂へ
行こう!と計画しています。
菜の花もきれいだそうですね^^
楽しみにしています。
[2014/09/28 20:57] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

NON姉姉さん、こんばんは~~^^

すごく感動的でした。
土手一面に咲く赤い絨毯!

この絵本の物語。
ほんとに母親が我が子を想い慕う
気持がとても涙、誘いますね^^
悲し過ぎます。
[2014/09/28 21:01] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ペチュニアさん、こんばんは~~^^

今、花盛り!
というか、ちょっと枯れつつもあります。
強烈です!この赤い絨毯は。

ほんと不可思議な話ですよね^^
何のために、このような事件を起こしたのか?
人間の心理って理解できないことがありますね。
愛する我が子を亡くした母親の気持ちが
痛いほど伝わってくる話です。
[2014/09/28 21:08] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

そんな話、弱いです~
笑い上戸だけれど、涙腺も弱いのよ~
赤い彼岸花を見ると、いつも胸がキュンと
なるワタクシ。

これまでは「ごんぎつね」を思い出して
涙を流していたけど、また一つ私の涙腺を
刺激するお話が増えた~(T_T)
[2014/09/28 22:06] URL | マメちゃんママ #l1PpMs1M [ 編集 ]

マメちゃんママさん、こんばんは~~^^

涙腺が弱いんですね。
私は頭のほうがちょっと弱いんです(笑)

このお話しには、ホント涙、誘われました。
自分でも分かりません。
こんなに悲しい気持ちになったことが。

なので、この真っ赤な彼岸花をみると
ついつい、このお話を思い出してしまい・・・。
[2014/09/28 23:15] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ごくしげさん こんばんは
コメントありがとうございます
水面、緩やかな流れ透きとおった流れ
自然が好きですね
彼岸花、真っ赤に燃えるような花
こんな話を聞くとやっぱり秋の寂しさも感じる花ですね
豊平で見た今日の彼岸花寂しそうに散って行く
カメラを向けるにはさみしい
秋の深まりを感じました。。。
[2014/09/29 00:03] URL | 畑のまあちゃん #- [ 編集 ]

鬼の目にも涙?
そんな事は有りません。
ごくしげさんがお優しいんだと思います。

見事な彼岸花ですね。
真っ赤っかで、こんな見事な彼岸花は見たことが有りません。
最近、人の死について考えることが多くなりました。
季節がそうさせるんでしょうか。
[2014/09/29 03:32] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

彼岸花・・・
凄い綺麗な赤ですね。

写真の色が、あまりに凄くてびっくりです。

こんなに咲いている所を見たことがないので、

ちょっと衝撃的でした。

絵本の話・・・

私にはまだ子供が居ないので、子供を想う親の気持ちは、

理解しきれない所がありますが、

大切な存在を失う辛さは少なからず分かります。

切ない話ですね・・・。
[2014/09/29 03:35] URL | らいふ #- [ 編集 ]

子どもの頃、彼岸花はお城のお堀端やお墓に咲いていて、
死んだ人の魂が咲いているのだ、と教えられました。
お堀端には松の古木の根方に無数の曼珠沙華。
落城の落ち武者が咲いているような気がして、夕方など、
とても恐くて寂しい気持ちになったものです。
「空遠く、かりがね渡り、落日の影、古城を映す。」


[2014/09/29 05:15] URL | takako.t.maru #CpM.Emfc [ 編集 ]

ごくちゃ~ん♪

おはようございま~す^^

素敵な記事でした・・・

思いは同じ・・・です。


素敵な一日でありますように・・・
[2014/09/29 06:24] URL | Paganini #TY.N/4k. [ 編集 ]

まあちゃんさん、おはようございます^^

今、金木犀の花が咲き、道を歩いていても
その甘い香りが漂ってきます。
私が秋を感じるのは、毎年この金木犀の
香りから始まります。

そして真っ赤に咲く彼岸花ですね。
この赤は、ほんと衝撃的な赤ですね。
それが群生している、こういった景色はみごとです。
こんな感じで、秋を実感しています。

あと秋の食べ物たちですね^^
栗に柿に茸。美味しいものがいっぱい!^^
[2014/09/29 07:34] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

太巻きおばばさん、おはようございます^^

ありがとうございます^^
でも、ほんとう。それほど優しくないんですよ。

彼岸花の群生は見事ですね!
真っ赤なジュウタンを一面、敷きつめたようです。

私も同じです。最近、死について考えたりしますからね。
自分の周囲に亡くなったなんて方の
話しが耳に多く、入ってきますとね^^どうしても・・・
[2014/09/29 07:42] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

らいふさん、おはようございます~~^^

すごかったです!彼岸花。
土手に沿って一面、みごとな真っ赤な
ジュウタン敷いたようですから。
またこの赤はホント、衝撃的ですね^^

こな彼岸花を見ると、秋の訪れを
実感しますね。

悲しい話です。
しかしあの毒物カレー事件はひどかったでしたね。
何の恨みがあって、そのような事件を
起こしたのか、まったく理解できませんね^^
[2014/09/29 07:49] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

takakoさん、おはようございます^^

季節ごとに、それぞれ花の思い出ってありますね。
特に子供の時の思い出には、
それぞれの季節に咲く花の
懐かしい思い出が^^

takakoさんは城下町に住んでおられたんですね。
何かこんな気持ちになりましたね^
「故郷は 遠きにありて 思ふもの」

最後の句、暮れゆく秋の寂しさが
グーッと感じられますね。
[2014/09/29 08:15] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

pagaちゃん、おはようございます~~^^

とても悲しいお話でしょう^^
こんな悲しい気持ちにさせるなんて・・・
やりきれない思いで、いっぱいになります。

↓コメントありがとうございました。
 治香さんに、よろしくお伝えください。
[2014/09/29 08:21] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こんにちは。
今日の絵、鏡の様な水面美し過ぎます!
魚を泳がせたり彼岸花を咲かせたり?しないのですか?
エッ?そんなのは愚の骨頂!?

私、こんな澄み切った水面を描け無いから
妬いているのかな?
絵を見ると、ごくしげさんは真っ直ぐで正直なお人だとよっく分かります。
私はかなり腹黒い人間だと秋空眺めて思ったわ〜(u_u)
[2014/09/29 16:07] URL | 優の水彩工房 #- [ 編集 ]

ごくしげさん

スルーなんてする~わけないでしょう
一字一句、しっかりと受け止めました。

こういうのを拝見すると
今の自分が幸せだと感じます。

彼岸花
見事というより圧巻
一度、こんな景色見てみたいです。

[2014/09/29 16:45] URL | az #EBUSheBA [ 編集 ]

こんばんは 

素晴らしい本を紹介してくださって、ありがとうございました。
ウル ウル ですね 

こんな一面の彼岸花 初めて見ました!


[2014/09/29 17:35] URL | ばーばら #- [ 編集 ]

優さん、こんばんは~~^^

いつも笑える楽しいコメントありがとうございます^^
私も人並み!
適度に腹黒いですよ^^
おまけに脂肪たっぷりのメタボ腹です。

優さんが描く絵、明るくて夢のある感じですね^^
きっと明るい幸せな家族なんでしょうね^^

今日は横面、バッシっといかなくても
よろしいんでしょうか?(笑)
[2014/09/29 21:10] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

azさん、こんばんは~~^^

ありがとうございます^^
全部、読んでくれたんですね。

悲しい話ですね^^
何の悪さもしていない子の命が
突然、奪われるなんて~~
泣けてきます^^

彼岸花^^ほんと見事でした!
来年もまた、見たいですね^^

[2014/09/29 21:16] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ばーばらさん、こんばんは~~^^

とても心にジ~~ンとくる
泣けてくる物語です。

わずか6歳にて亡くなってしまう
我が子を偲ぶ母親の悲しい、やりきれない
思いがヒシヒシと伝わってきますね^^

真っ赤に染めた彼岸花の群生
ほんと圧巻です!
[2014/09/29 21:21] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こんばんは。

少し前まで、このての詩やドラマは、見ることができませんでした。
多分、なくした人の思い出があることが、残された親を苦しめるんだと思います。
でも、絵本に、言葉にできたことで、きっと救われたのではないでしょうか。
良いお話をありがとうございました。

まっ赤な彼岸花、とても綺麗ですね。
そして、素敵な水面。。心が洗われるようです!
[2014/09/29 22:21] URL | eichan #- [ 編集 ]

eichanさん、こんばんは~~^^

親にしろ、子供にしろ亡くされた家族にとっては
とても辛く悲しいことでしょうね。
私も現に母を亡くした時は
3年間は毎日、母のことを思い泣いていましたね。

でも時ってヤツがそんな深い悲しみも
消えさせてくれるんですね^^

彼岸花の赤は凄く情熱的で、元気にさせて
くれますが、またものすごく悲しい思いも
します。あの赤はあまりにも現実離れしています。
[2014/09/29 22:45] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪
そんあ大きなイオンがあるんですね!!

私の自宅から30分ほどの場所に、
北海道で一番大きなイオンはありますが(笑)

でも、大きいと確かに歩くのも大変だし、
たまにしか行かないと、迷子になりますよね。

でも、自然と歩数が増えるので、
ちょっとしたダイエットになるかも(笑)


あのカレー事件にしてもそうですが、
犯人の心理的なものなどは、本当に理解に苦しみますよね・・・。

どうやったら無差別にあんなことが出来るのやら・・・。

[2014/09/30 01:46] URL | らいふ #- [ 編集 ]

人は人生の中で色々な悲しみや苦しみに出会いますけど、子供を失くす苦しみに勝るものはないのではないかと思います。
このお母さんは、必ずまたいつかお子さんに会えると信じきることで、悲しみを乗り越えることができたのでしょうか。
[2014/09/30 05:58] URL | yoyo #- [ 編集 ]

らいふさん、こんばんは~~^^

我が家の近くのイオン。
直線に歩いても端から端までは
おそらく20分くらいかかるのでは。

でもその中にはいろんなお店があって
けっこう楽しめます。

そうですね^^何の罪のない子供を
あんな目に合わせるなんて!
怒りが込み上げてきますね。
[2014/09/30 07:18] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

yoyoさん、おはようございます~~^^

たしかにそうかもしれませんね^^
親が子を亡くすってことはほんと辛いことと思います。

私もこの絵本についてTVで放映していた時は
もう涙してしまいました。
あまり涙もろくはないほうなんですが
この時は、もうどうしようもなく、
悲しくなってしまいました。

yoyoさんの先日のブログ、とてもゆっくりと癒されました。
こんなこともあまりないことです。
パリのエスプリが効いていましたね^^
あのピアフのシャンソン!
[2014/09/30 07:31] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/339-5567c996