つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ふたりの富士山^^
74555.jpg 
〈今日の絵〉黄昏時








IMG_4581.jpg 

おぉ~~っ! めっちゃきれい!
おもわず歓声!

出かけようと玄関のドアを開けた瞬間
すばらしい光景が目に入ってきました。
これ、我が家から眺めた黄昏時の富士です。

夕焼けの黄昏時には、こうしたステキな富士山が見えます。
こうして富士の姿を眺めると
う~~ん、さすが^^
日本一高い山なんだなぁ~~
なんて、改めてその雄大さに驚かされます。
埼玉のこんなところからも、くっきり見えるんだからね^^




そんなわけで、今日の話しは富士山です。
私の好きな画家の描いた富士山の絵をアップしました。

北斎赤富士 
富士山の絵といったら、やっぱこれだよね^^
お馴染み!葛飾北斎の「赤富士」です。


富士山は静岡県と山梨県の県境にありますが
よくもめるのが、いったい富士山はどちらの県のものなのか。
な~~んて話しをよく聞きますが
果たしてどちらなのかなぁ~~?


富士山は静岡県と山梨県の県境にあるが、
地図では8合目から上は県境線がないようだ!

そして頂上にある浅間神社。
国との所有権争いの裁判で、神社側が勝訴!
浅間神社の私有地となっている。
そして浅間神社の住所は「静岡県富士宮市~~~」
となっている。


だから富士の頂上まで登り、お世話になった
山頂で働く人に、お礼のハガキを出したいので
郵便局に問い合わせると
郵便局では「静岡県富士宮市~~~~」
と、住所を教えてくれるそうだ。

なら、静岡県のものなんでは^^

なんて思いますよね^^

だが、その浅間神社が未だに登記をされていない。
なので富士山は未だにどちらの県に属するのか
明確でないようだ。

登記をしていない訳には色々複雑な
事情があるようだ。


静岡から言うには
静岡県から見る富士は「表富士」
そして山梨県から見る富士は「裏富士」
と昔から言うから、富士山は静岡県のものだ!

確かに一般的にそう認知されているそうだ。
しかし、山梨県民から言うと
いやその反対だ!というらしい。


また山梨側では、こんなこと言うヤツもいる。

旧五千円札や新千円札の逆さ富士は
山梨県側から描かれているぜ!
なので富士は山梨県のもの!


やぁ~~^^この問題は尽きないですね^^
あはははぁ~~
我が家は埼玉。ダサい玉!
本人もダサいオッサンですが~~何か^^
まぁ、どちらでもいいんですが。
富士山そのものが、消えてなくならないならね^^


北斎20
北斎、「富嶽三十六景」より

そうそう、境界線での争いといえば
よくやりましたね^^小学校の机で。

あの当時、小学生の時は長い机を2人で使っていました。
境界線もないので、いつも隣の女の子と
やれ、筆箱が飛び出ている!
とか肘が飛び出ているとか言って^^

言い争いましたね^^(笑)

私はしなかったけど、マジックインクで真ん中に
ラインをしっかり引いたりしていたヤツもいたっけ^^

懐かしい思い出ですね^^



富士130 
片岡珠子「花咲く富士」

まずはこの人です。
初めて、この真っ赤な富士山の絵を見た時
すごい衝撃を受けました。
大胆な構図、そしてめっちゃ明るい鮮やかな色彩!


日本画家の片岡球子さんの描く富士です。

片岡珠子さんは1905年(明治38年)生まれで
2000年に亡くなられました。
何と103歳の長寿でした。

たくさんの富士山の絵を描いた中から
ほんのちょっとアップしてみました。
また彼女は「面構」と題して多くの歴史に残る人物を
描いているが、私はそのあたりの絵は、あまり好きではないです。



富士120 
片岡珠子「富士」





富士110 
片岡珠子「金色に輝く富士」





富士140 
片岡珠子「花と富士」

これまた強烈!
補色をみごとに使いこなした迫力ある
衝撃的な富士ですね^^




川瀬の富士の雪晴(忍野付近) 
川瀬巴水「富士の雪晴」

そしてもう一人はこの人!
川瀬巴水さんです。
1883年(明治16年)に生まれ、亡くなられたのが
1957年(昭和32年)。
大正から昭和にかけて活躍された版画家です。
生涯、日本全国を旅し、沢山の風景版画を制作!
残念というのか皮肉とでもいうのか
日本よりも欧米での人気が高かった人です。

この人の富士山の画は富士山だけではなく
その山麓にある民家なども取り入れ
めっちゃ旅情豊かな郷愁に満ちた富士山画となっています。


二人の画家それぞれの持ち味を生かした
富士山の絵です。
画家それぞれの心に写った富士の絵で
それはだいぶ違うけど
私は両者ともに好きな富士の絵です。



川瀬の舟津の秋 
川瀬巴水「舟津の秋」




川瀬の鳴沢の富士 
川瀬巴水「鳴沢の富士」





スポンサーサイト

ドビュッシー/月の光によせて
IMGP6312.jpg 
〈今日の絵〉ドビュッシー/月の光によせて











いきなりこれですが、まず聴いてくださいね^^
フジコ・ヘミング演奏のドビュッシー「月の光」です。



今日の絵のタイトルの経緯をちょっと、
ばらしちゃいますね^^

なんじゃいなぁ~~?このタイトル!
実はこのタイトルは偶然と言うか、ひらめきと言うのか
必然というのか・・・・・・
この絵を描く段階ではタイトルはまだ
決まっていなかったんです。

そう、タイトルって描く前に既に決めていたり
また、描き終わってから、何にするかなぁ~~
なんて、決めます。

しかし、これはシコシコ描いてる最中に決まったんです^^
私は絵を描く時は、だいたい音楽を聴きながらです。


そう、この日描いていた時に聴いた音楽が
このドビュッシーの「月の光」だったんです。

描きながら、聴きながら気分はノリ、ノリ!


暮れゆく街の光景。
ワイセンベルクの奏でるピアノの優しく甘い旋律~♪



う~~ん、もう、これっきゃねぇ~~じゃん!


そう! ドビュッシーの「月の光」



かなり前からこの黄昏時の街の風景と
薔薇の花を融合させて一発、描きたいなぁ~~
という構想、願望があったんです。


窓辺に咲くバラの花。
窓の外は静かな、静かな黄昏時^^
一日の中で、最も心落ち着き穏やかな気分になる時なんです。

しかし、描きながらタイトルが決まった~~!
なんてのは、初めてですね^^



絵のタイトルのことなんですが、ある人が
こんなことを言っていたのを耳にしました。


「ねぇ、薔薇の花を描いた絵に
”薔薇の花”っていうタイトルはねぇ~~よなぁ^^」


その人曰く、誰が見たってこりゃ、薔薇だって分かるもの!
もっと一工夫して欲しいよ。
ってことなんですが・・・・・・


オヨヨッ~~! 私のことだ~~~!


そう、そうなんです^^
私は、ほとんどがそんな感じのタイトルなんです。


たしかに彼の言うことにも一理あり~~!


でも、私が思うには作家の感じた個人的な感情で
タイトルをつけられると、そのことが邪魔して
自分なりに広がるイメージが自由に湧いてこなくなるのでは^^
展示して見てもらうなら、もっと見る人のことも考慮しろよ!

な~~んて、思いますが^^

なので、私は絵を見る方、それぞれの思い、感じ方を
邪魔しないで見て頂いた方が、よろしいのでは^^
と思っています。


これだと、私もかなり楽ですしね^^
タイトルにあれこれ考えなくて済むので^^


いや、いや!楽だからだけで、付けているのでは
決してないけどね^^



もみじライン 



IMGP6365.jpg


IMGP6380.jpg 

休日の朝食はかなり遅く、ブランチってことで^^
パンケーキを焼いてレタスにきゅうり、
それにベーコンを焼き、目玉焼きをトッピング!
ほんとは、トマトも欲しかったんだけど
我が家の冷蔵庫は、この何日か買い出しに
行っていないそうで只今、空っぽ状態!
とりあえず、あるものだけで作りました。


う~~ん、 うめぇ~~!


パンにのせて食べるのもいいけど、
パンケーキにのせるのも、
また、美味しですね^^~♪







チューリヒ美術館展へ~~♪
 
IMG_07442.jpg   
〈今日の絵〉秋韻








IMG_3460.jpg 

国立新美術館で開催されている「チューリヒ美術館展」へ行きました。
印象派からシュルレアリスムまで
巨匠たちの絵画、彫刻が展示されています。
チューリヒ美術館のコレクションから選ばれた
フランス印象派に始まり、クラシック・モダンンと言われる
時代の名品70点あまりを展示しています。





IMG_3475.jpg 






IMG_3466.jpg 

この美術館は建築家、黒川紀章氏設計による
素晴らしい建物です。
好奇心旺盛!めっちゃユニークな人のよう。
亡くなって、もう何年になるのだろうか?
都知事選や参議院議員選挙に出たり、
積極的に人生を楽しむ人のようでしたね^^





看板たて  

印象派のモネからフォーヴィズム、キューヴィズムの
ピカソらの絵画を何点かアップしました。



モネ 
モネ「睡蓮の池、夕暮れ」 1916/22年


なんてたって、今回の目玉はこれ!
そう、モネのこの睡蓮です。衝撃的な夕陽の色彩!


展示室に入って横の部屋壁一面に
この「睡蓮」の絵が目に飛び込んできます。

思わずハッとさせられます。
なんと横幅6メートルもある大作です。
日本で展示されるのは初めてです。





IMGP6226.jpg 
セガンティー二「虚栄(ヴァ二タス) 1897年





IMGP6241.jpg 
モネ「国会議事堂、日没」 1904年




IMGP6206.jpg 
ドガ「競馬」 1885/87年頃




IMGP6204.jpg  
ゴッホ「サント・マリーの白い小屋」 1888年 
 
う~~ん、やっぱゴッホはいいですね^^
この強烈に飛び込んでくる色彩!
そしてゴッホならではの筆のタッチ!
これが今から120年位前に描かれたとは
思えない、新鮮さを感じる斬新な絵ですね^^

いつも思うのは、こんな偉大な凄い画家が
生きている間に売れた絵がたった一点とは・・・・

そして更に思うことは、弟テオのこと。
兄、ゴッホのために金を援助し、一生を
兄の支えとなって亡くなっていったテオ。

ゴッホが亡くなってから、わずか半年後
テオも後を追うように亡くなっていく。

そして二人の墓は、フランスの片田舎オーヴェルに
寄り添うように墓石が並んであるという。

いつかいってみよう!
宝くじ当たったら~~~^^ 




 
IMGP6222.jpg 
ヴァロットン「訪問」 1899年




IMGP6239.jpg 
ムンク「ヴィルヘルム・ヴァルトマン博士の肖像」 1923年




IMGP6219.jpg     IMGP6211.jpg 

IMGP6238.jpg     IMGP6217.jpg 
左上 キルヒナー「小川の流れる森の風景」 1925/26年
右上 マティス「マルゴ」 1906年
左下 ベックマン「マッマクス・レーガーの肖像」 1917年
右下 マグリット「9月16日」 1956年
 

左下の肖像画、友達のs氏に似てる~~!(笑)
ちょっと強面のところが^^
そして体型も似てますね。
つーことで、載せてしまいましたぁ~~!




IMGP6212.jpg 
ピカソ「ギター、グラス、果物鉢」 1924年





IMGP6231.jpg
アウグスト・ジャコメッティ「色彩のファンタジー」 1914年




IMGP6215.jpg
ダリ「バラの頭の女」 1935年
何も言うことナシ!




IMGP6235.jpg  
ジャコメッティ「矢内原伊作の肖像」 1957年 

彼の彫刻は良く見ますが、
絵となるとあまり見たことがないですね。
めっちゃ興味ありです^^ 



もみじライン 



IMGP6248.jpg 

新潟の叔母から今年もこの舞茸が届きました。
叔母の家では舞茸を栽培しています。




IMG_3527.jpg






IMG_3510.jpg 

昨夜は友達と呑んだくれ~~~!
帰宅したら、舞茸炊き込みご飯が
作ってあるではないですか^^。
今朝、届いたこの舞茸と、先日新潟から
送ってきた、こしひかりの新米で。

さんざ飲んで、帰ってきたのが夜の11時過ぎ。

このご飯みたら、もうめっちゃ食いたくなり
やっちゃいました!大食い。
この茶碗に2杯食べちゃいました。


やっべぇ~~!どうしよう^^


食べた後に後悔です。
またメタボ腹に逆戻りか。 

でも、めっちゃ旨かったし・・・・・・^^

まぁ、いっか!^^ 



つーことで「芸術の秋」と「食欲の秋」と「呑んべーの秋」
3つの秋を堪能しました^^




内田正泰のはり絵作品
IMG_5731.jpg 
〈今日の絵〉静寂な時間









IMGP6085.jpg 


内田正泰さんの画集「四季の詩」です。
内田さんの展示会が9月29日~10月7日まで
横浜高島屋5Fで開催されます。

それに先駆けちょっと彼の作品をアップしてみました。
めっちゃ懐かしい田園風景や、
のどかな田舎の風景がいい感じです。
内田氏は92歳になる、はり絵画家です。


彼は実際に見て感動した風景をもとに
頭の中で自分なりに感じたことを
何の下書きもせず、色紙を手で破いていき
パネルに貼って、郷愁のあるはり絵に仕上げていきます。
時々その色紙の上を筆で絵の具を塗り
ぼかしていったりして作ります。
まるっきり紙だけを貼っていくのではないようです。

その紙を破る手さばきは、全く年齢を感じさせない
手つきで、サクサクと器用に破いていきます。
やっぱ長年やって鍛えてきた手慣れた作業なんでしょうね^^
彼は昔、グラフィックデザインをやっていた
ということで、ステキなセンスを持っている人です。




あさげ

これは彼が昔、デザインし作った
1974年に売り出された永谷園の「あさげ」の
パッケージです。
内田正泰さんを知らない人も
この「あさげ」の味噌汁のパッケージは知っているのでは^^




何点か彼の作品を、私の持っている画集から
アップしましたので見てくださいね^^
その前に彼のはり絵をやっている作業が分かる
ユーチューブを見ていただくと
もっと分かりやすいのでは^^










IMGP6079.jpg 
途中下車の町




IMGP6077.jpg 
古都の初夏




IMGP6072.jpg 
霞の中のいかるが




IMGP6069.jpg 
秋雨の翌朝




IMGP6071.jpg 
山腹の春




IMGP6070.jpg 
ひよどりの里(Ⅱ)



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm




IMG_3252.jpg


今日のランチは茄子とベーコンのトマトソースパスタです。
オリーブオイルでニンニクのみじん切りを炒め香りをだし
さらに茄子とベーコンを炒め、トマトソースを混ぜ合わせ
白ワインとパスタの茹で汁を入れます。
これで出来上がり~~~♪
乾燥バジルとパルメザンチーズを振りかけ
美味しくいただきました。




おもしろいプロジェクションマッピング!
IMG_07399.jpg
〈今日の絵〉薔薇の花









IMGP5971.jpg


この植物は「プリンセチア(使用後?)」です^^
ポインセチアのピンクバージョンってとこかも。
この鉢植えは去年の個展で、いただいたヤツです。


すっげぇ~~!すっげぇ~~!


緑の葉がこんもりいっぱい。
元気ハツラツです^^こんなの初めてです。
いつも一冬で枯らしてしまいます。


人呼んで 「枯らしのごくしげ」 と言います^^


なのにどうして、こんなに葉がいっぱい!
下の絵見てください^^
これ去年いただいたプリンセチア(使用前?)を描いたヤツです。
こんな感じに葉がついていました。
ずいぶん少ないでしょう^^

なのにどうしたことやら?
何もしていません。
いったい何を使用したのか、葉がフサ、フサ!

薬局で聞いてみようかなあぁ~~~(笑)




IMGP1246.jpg





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm







浅井宣通氏によるプロジェクションマッピングです。
「OMOTE」という作品で、素顔の女性の顔にプロジェクション
マッピングの技術で、メイクをするといったヤツです。
めっちゃおもしろい3Dアートです^^

建物や空間などには、プロジェクションマッピングをした
ものがありますが、人間の顏面にやってみる
というスタイルは珍しく、めっちゃ興味ひかれますね^^

浅井氏は先月、新宿のすばるビルを
プロジェクションマッピングされたのですが
生憎、私は見ることが出来ず!





新宿すばるビルのプロジェクションマッピングです。





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm






IMG_3135.jpg


今日のランチは冷やしうどん。
茹でたうどんを冷やし、皿に盛り
その上にトマト、きゅうり、貝割れ、ちくわ、
それに半熟たまごをのせ、お手製のつゆをかけ
マヨネーズに生姜のすりおろしをのせ
は~い!出来上がり~~♪


う~~ん、旨い!さっぱりしてたまんねぇ~~^^


冷やしうどんも今年はこれが最後かも~~^^