FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



黄色の思いによせて
IMG_1896.jpg
〈今日の絵〉
 山里の家々


家内がバラの花を買ってきました。
私の絵のモチーフにと、時々、こうして
花を買ってきてくれます。
ありがたいことです。感謝です!

今日は黄色いバラだ。
小粒でかわいい!
スプレーバラというそうだ。

そういえば、スプレー菊なんてのもあるなぁ。
それも小さな菊である。
よく解からないが、こうして小さい品種を
スプレーって言うのかな?
う~ん、解からない。

黄色は結構、好きな色だが、絵となると
黄色の花は意外と、描きにくい。

IMG_2166.jpg

黄色い花で、真っ先に浮かぶのは菜の花だ。
菜の花が一面に咲く、田園風景は
実にみごとだ。

なぜか幼少の頃を思い出してしまう。

「菜の花畑に入り日薄れ、見わたす山の端、霞ふかし……」

そうです。おぼろ月夜の歌。
数ある唱歌の中でも、一番好きかも。
歌詞もメロディーもいいですね。

それとは違うんですが、黄色となると
ゴッホの絵が思い出されます。
「ひまわり」をはじめ、晩年に描いた
「荒れもようの空にカラスの群れ飛ぶ麦畑」
彼が描く黄色は衝撃的で、胸に強烈に訴えてきます。
ゴッホ、大好きな画家です。

あんなに夢中に絵に没頭し、精神をも犯し
自殺までしてしまうゴッホ。

また、唯一の理解者であった弟、テオ。
兄、ゴッホのために尽くしたテオ。
誰よりも兄の才能、絵を認め信じ、金銭、
そして精神的にと、あらゆる面で援助し続けて……

ゴッホが亡くなり、
後を追うように亡くなったテオ。

う~ん、残念です。残酷です。
あまりにも悲しいです。
悲しすぎます。

ゴッホが生きている間に、売れた絵は
たったの一枚!………

「バァッキャアロー!」

信じられないです。
あまりにも皮肉です。

今ではこれほどまでに偉大な画家となって………






スポンサーサイト