FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



時代考証家のお話
紅葉写真 
〈今日の絵〉寺境内の紅葉風景



先日、時代考証家の山田順子さんが面白い興味深い話していました。
彼女は時代考証家の仕事として、TVや映画の時代劇において
いろいろアドバイスするのが彼女の役目だそうです。

台本のせりふや事実関係がまちがっておかしくないかを
チェックするようです。

俳優さんが演技するにあたって、歩き方や座り方
お辞儀のしかたなどを教えます。
時代劇を初めてやる俳優なんていうのは
こうした事柄はまったく知らないので。

江戸時代の侍が腰にさす刀のさし方や
また侍が他の屋敷を訪れ、客間に入った時には
刀は自分の右側に置くことは相手に対し
敵意のないことを表しているそうです。

右側に置くとまず右手で刀を持ち、次に左手に持ち替え
そして右手で刀を抜く。
っていう動作になるので、直ぐには抜けないってことです。

その点、左側に置くと、直ぐに刀を抜いて
相手を切ることができるので。


また座り方も江戸時代以前はあぐらをかいて座っており
戦国時代の武将もあぐらをかいて座っていたそうです。
正座が主流になったのは江戸時代に入ってから
徳川家光の時代になってからだそうです。
将軍に絶対服従の意味を込めて
正座するようになったという。

それとは別の説では、茶の湯がきっかけになった
という説もあるといいます。
茶室は狭いのであぐらをかくと隣の人と
ぶつかってしまうので正座するようになったとか。

うん、うん、納得!納得。

いつも思っていました。なんであんな狭い場所で
茶をたてなければならないんだろう。
もっと広い部屋にすればいいのにって。

まあ、これにもきっと理由があるのだと思いますが。

ところで女性は?っていうと横座りや膝立てて座ったりが
一般的だったようです。

韓国の年配の女性たちは今でも皆
膝立てて座っているみたいですね。
韓流ドラマによくでてくるので。

最後に最もおもしろい興味あるお話を。

江戸時代の女性はパンツをはいていなかったようです。

ウッシシィ~~! えっ!それほんと?

ほんとほんと。ノーパンだったんだって。

女性がパンツをはくようになったのは明治維新ころから
らしいのですが、一般の人たちがはいたのは
ある出来事をきっかけに、はくようになったらしいです。

その出来事というのは、昭和の初期に白木屋百貨店で
火災がおき、上階から下へ命綱で脱出する時、
着物の裾がまくれるので押さえるのを気にして
命綱を手から放してしまったそうです。

この火災の出来事からパンツをはくようになったとか。

でも江戸時代の女性ってパンツもはかないで
寒くなかったのかな?冷えなかったのかな?

自分、男であっても、めっちゃ寒がりの冷え症!
また暑がりでもあるんです。
どうなっちゃってるんだろう?

まあ、腰巻をしていたんでしょうけど、足元から
スウ~、スウ~冷たい風も入ってくるでしょうし。



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm



今日はウォーキングの途中、花屋があり
その花屋の店先にあった花が安かったので
絵のモチーフにと買いました。
花を片手に、いかつい男がウォーキングしている
姿はいかなるものか?
ぜったい妄想しないでくださいね!
この花で~す!
黄色い花はらんでしょうか? な、なんと500円です!

IMG_5837.jpg









スポンサーサイト