つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



歌舞伎座こけら落とし公演

IMG_1289.jpg  
〈今日の絵〉春の日の午後  
    







 

歌舞伎 
    
カット2     





来月2日から銀座の歌舞伎座にて
こけら落とし公演が 始まります。
第一部の幕開けを飾る舞踊「鶴寿千歳」に
私の先生が琴を演奏します。
 この曲は、昨年私も稽古した曲です。

観に行こうとチケットを買おうと手配したが既に遅し 。
発売と同時にあっという間に完売! 

 そんな訳でチケットを手に入れることができませんでした。

ガッカリ!

行けないと思うと、よけい行きたくなります。
 
約一か月の長期公演、連日の出演なので
大変でしょうが 、先生ガンバッテくださいね!


「鶴寿千歳」はめでたい時に踊られる舞踊です。
人間国宝の坂田藤十郎さん、市川染五郎さんなどが
出演します。
この演目は先ほど亡くなった市川團十郎さんが
出演する予定でしたが、出演できずめっちゃ残念です。




IMG_6547.jpg   


これは「鶴寿千歳」の楽譜です。
唄もあるので大変です。
昨年、この曲を稽古しました。難しいです!  


  




壇ノ浦兜軍記・阿古屋
 
カット2 





歌舞伎と言えば、一番観てみたいのが
「壇ノ浦兜軍記・阿古屋」です。
坂東玉三郎が演じる阿古屋がめっちゃいいとの声が多いようです。 


阿古屋  
写真は平成9年1月国立劇場にての 坂東玉三郎の阿古屋です。



頼朝の暗殺に失敗した景清の行方を探すため、
恋人の阿古屋が知っているのではないかと
阿古屋に聞くが。阿古屋は知らないと言い張ります。
そして拷問となり、その拷問は琴、三味線、胡弓の
三つの楽器を順に弾くというもの。

そして少しでも邪心があれば、音色が
狂うであろうということですが
阿古屋はその三つの楽器を微たりとも狂いなく
完璧に弾き、疑いが晴れるといったストーリーです。

 


imagesCAR1QIW1.jpg 




この阿古屋役は歌右衛門さんから玉三郎さんへと
芸が伝承され、今、この阿古屋を演じられるのは
玉三郎さんしかいないとのことです。

三つの楽器を演奏するだけでも大変なのに
演技も同時に演じなければなりません。
その時の阿古屋の心情も表現しながらの
演奏ですのでめっちゃ難しい役です。




琴をやっている私にはめっちゃ興味深い演目です。
何が何でも観たいんです! 
しかしこの「阿古屋」は一体いつ再び
上演されるのやら。
玉三郎さんが身体でも壊してしまったら
もう観ることができなくなってしまうかも………

この頃、相次ぎ歌舞伎役者の大物が
亡くなっています。

玉三郎さんよ、元気でいてくれよ!

そう願うばかりです。


玉三郎さんてめっちゃ身体柔らかいんですよね。
60歳を超えているっていうのに。
いつだったかTVでやっていましたが
柔軟体操なんかバッチシです。
でもそのためには毎日、ストレッチなども
やているようで。
そして休日にはダイビングを楽しんでいるようです。
玉三郎さんとダイビングって、何かピーンとこないですね。

重い衣装を着、重たいカツラをつけ
そして踊ったり、しなったりですからね。
けっこうハードです。

私など今、ガチガチって感じの身体です。
けっこう、身体は柔らかったんですがねぇ~~。
ってそれはだいぶ昔 の話。
今はもう、だいぶ固い身体になってしまっています。
 
ちょっと屈伸しても

「イテッ!イテッ、テェ~~!」

の連発です。(笑)
 




mmmmmmmmmmmmmmmmmm





今回、チケットをゲットすることできず、めっちゃ残念です。
こうなったら好きな歌舞伎揚げでも食べまくってやるぞぉ~!
多分知っていると思いますがこれです!
すっげぇ~~旨い! です。


IMG_6549.jpg 

IMG_6551.jpg 




スポンサーサイト

川沿いに咲く桜を見に。
IMG_64812.jpg 
〈今日の絵〉 アルストロメリアの花





桜も満開!気分も満開!ということで花見にでかけました。
近くの桜の名所です。
自転車で行こう!いや、歩いた方が良い運動になるから
ということで歩いていくことに決定!
 
家内と、とりとめのない話をしながら歩いていたら
気が付いたらもう近くまできてしまいました。 


メインphoto 
SAKURA  



わぁ~~!みごと、みごと!

満開の桜がどこまでも続いています。
歩けど、歩けど桜です。
やわらかな桜色の花が穏やかな春の陽に
色を染め、今、この並木道は桜色した春です。

そうなんです。川沿い2kmにわたり大小350本!
みごとな桜並木が続いています。
今、満開です。
優雅に咲いた桜が青空にめっちゃ映えます。


誰一人もいないこの桜並木を一人で歩きたいです。

無理、無理!100%無理!

と解かりつつも、ここへ訪れる度に、こりもなく思ってしまいます。
でも、まあ、今日は幸いに平日なので人出は少ないです。




IMG_6401.jpg 


こんな風に川沿いに続く道に桜の木がどこまでも続いています。
その長さはなんと2kmもあります。




IMG_6411.jpg 


アップで撮ってみました。
そばに近づくと、枝によっては、まだまだつぼみも見られます。
このぶんなら、今週の週末まで花見はできそうです。

また、ちらほらと散る桜の花びらを、肩に受けながら
この並木を歩くのもいいですね!ステキですね!

まぁ、一緒に歩く人次第ですが………。

これに関しては、な~んも言えません。








IMG_6409.jpg 



こんなところからも桜が咲いています。
みごとなパワーです。
よっしゃ~っ! 私もガンバルぞぉ~~!






IMG_6403.jpg 





IMG_6388.jpg 



川沿いの土手にはたんぽぽの花が咲いていました。
春ですね。桜もそうですが、このたんぽぽの花が咲きだすと
春が来たんだなぁ~。と感じます。
こんな素朴な花が大好きです。

やっぱ人間も素朴なんで、素朴な花を好むんでしょうか。
 
って、まじかよぉ~~!

そんなこと言いきっちゃって、やべぇ~んじゃないの?

そう言われると、ちょっと自信喪失なんだけど。
こう見えても、根はけっこう素朴なんですよ。
たんぽぽの花のように。 




椿 
TUBAKI 


桜の木の向かい側には椿の花も咲いていました。
赤い椿です。白やピンク色もいいけど
椿は絶対、赤がいいですね。
それも真紅のヤツがいいですね。
この椿はちょっと明るめの赤ですが。

 






IMG_6405.jpg 


この赤いしまの入った椿も、おもしろいですね。
でもやっぱ、椿といったら侘助がいいですね。
めっちゃ好きです! 
  






橋が架かっている道まで来てしまったので、
その先もまだ桜並木は続くのですが
それ以上は進まず、昼食をとろう。
ということで、近くを探しましたが
適当な店が見つからず、駅の方へと向かうことに。 






 
IMG_6426.jpg 


「何やってんだよぉ~~! 言っただろう! この~~!!」

店に入るやいなや、怒鳴り声が。

やっべぇ~! 何かやったのかなぁ~?

こちらが怒鳴られたと一瞬、思いました。
店長らしき人が従業員に怒鳴っていたんです。
ビックリ仰天!

ここは和食専門のお店です。 
家内が注文したのがこのお膳です。
かぐら膳と言うヤツです。
いろいろ付いていてめっちゃ旨そう!




IMG_6424.jpg 


これは私が注文したまぐろ丼です。
これに味噌汁とお新香が付きます。
そしてコーヒーも付きます。

う~ん! うめぇ~。

満足、満足!

ここだけの話、私のまぐろ丼はかぐら膳に比べたら
めっちゃ安いんです。
価格じゃないよ。旨さだよ!
ってとこでしょうか。
 
店に入る時、嫌な感じを受けましたが
食事を運んでくれた女性たちは
めっちゃ感じが良い人たちでした。

いけませんね。店長さん。
いかなる理由があろうと、客に聞こえるような
大声で従業員を怒鳴ったりしては。

IMG_6431.jpg 


これがデザートのさくらのアイスクリームとコーヒーです。
さくらの香りのした美味しいアイスクリームでした。




IMG_6446.jpg 


帰り道途中にあった花屋に寄ってみました。
春、満開で~~す!
色とりどりの花で店内はいっぱいです。





IMG_6443.jpg 


花に蝶々がとまっていました。
時々羽をひらひらとさせ、別の花へと
飛んでいきます。きっと甘い蜜を求めて
花から花へと移動しているんですね。

おい、おいっ!な、なんだよぉ~!

みごとにだまされました。おもちゃの蝶々でした。
近寄ってみるまでは、まったく気づきませんでした。
爆笑でした。



IMG_6452.jpg 



おぉ~っ!めっちゃかっこいい!

花屋をでて歩いていくと通りにこんな三輪車がありました。
これどこかの国で観光客乗せて走っているヤツかな?
東南アジアの国々でこんなのが走ってるような。
でもこれはエンジンも付いていないですね。
こんな場所に置いてあると、ちょっとお洒落ですね。





IMG_6485.jpg 


というわけで素晴らしい桜も見ることできました。
心地よい春の陽ざしのなか、のんびりとした
時間を過ごせました。ありがとう!

で、万歩計を見たら12,654 12,645歩でした。















私が習ったデッサンの先生
IMG_6290.jpg 
〈今日の絵〉チューリップ






私が昔、デッサンを習った先生K氏から
個展の 案内状が届きました。
毎年、銀座の画廊で開いている個展です。

去年は開催されなかったので、
どうされたんだろうと思っていたら
喪中のはがきが届きました。
彼のお母さんが逝去されたそうで。

今年はこうやって案内状が届き
いつもの銀座での個展を開催です。





K's EXHIBITION
 
IMG_6294.jpg 





K氏には4年間お世話になりました。
デザイン出の私がデッサンをみっちりやろう
と思ったのは行く末は絵を描きたいという
思いがあったからです。

横尾忠則氏がグラフィックデザインから
芸術家、絵描きへと転向したように
私にも起こってきました。
 
私は職業として転向はしませんが
心の底ではグラフィックデザインより
芸術、絵を描くのが好きだし
またその方がうんと、うんと奥深いなぁ~
との思いがあります。

K氏は現代美術家で、めっちゃモダンな
センス良い感覚を持った方です。
センスない画家とはちょっと違います。失礼!

というかデザインをやっている私は
なぜか、センスにこだわってしまうのです。


その点、K氏は額選びや、展示の仕方も
めっちゃセンスいいです。
インテリア感覚も持ち合わせているんですね。

展示会場でよく見かけますが
せっかく素晴らしい絵を描いているのに
額に合わなかったり、またダサいセンスない
展示方を している作家って、けっこういますよね。




ではK氏のデッサン作品を何点かアップしました。
 
DRAWING

IMG_6312.jpg 
「裸婦習作」 木炭 




 IMG_6313.jpg
「習作」 色鉛筆




IMG_6335.jpg 
「立てる女 Ⅵ」 木炭





とても上手な先生です。
ここだけの話ですが、デッサンをしている先生は
まるでいきり立ち、興奮した動物のようです。
何かに取り付かれたような目をし
口からはめっちゃ荒い、凄まじい息を
ハァ~ゥ、 ハァ~ゥ、と音たてながら
もう集中し夢中そのものです。
その息の音ときたら、もうビックリ!

「アッハハハハ~。」

なんて笑いたいけど笑えないんです。

実は私も同じような状態で、絵を描いているそうです。
これは家内から指摘されたんですが。

動物飼っているんじゃねぇ~の。

なんて言われそうです。
 



ACRYLIC  PAINTING

IMG_6303.jpg 

「碧 Ⅰ」 アクリル


これはアクリル画です。もちろんK氏の作品です。
この絵はK氏から手に入れました。
もうだいぶ前のことです。
しかし一度も家に飾ったことないんです。
なぜか家に飾ってバッチシな場所がないんです。
それに……、それに額代をケチってしまって。
申し訳ないです。K氏!

これは額入りでないことも、大きな理由です。
今度、めっちゃ合うステキな額をあつらえるつもりです。
きっと、素晴らしいものになると思います。




IMG_6295.jpg 

「木洩れ日」 アクリル


この作品は3~4年前、先生が銀座の画廊で
例のごとく個展を開いた時に、手に入れたヤツです。
最近はこんな感じの絵が多いですね。

これに今回の案内状に載っている作品のように
グリーン色も入っているようですね。
私もそうですが作品はどんどん変わります。

ピカソの青の時代からキュビズムもそうですが
色々な物に衝撃を受け、感動したりして、
日々変わっていくんですね。


K氏は現在、芸術活動をしながら
美大の講師をしています。
いい先生に出会えて、ホント良かったでした。
感謝、感謝です。ありがとう! 




























 
























春の横浜散策
IMG_6221.jpg 
〈今日の絵〉さくら、ひらひら







yamate.jpg 
YOKOHAMA



昨日は春の彼岸入りで横浜へ墓参りをし
その後、まず元町へとでました。
暖かく絶好の散策日和です。

MOTOMACHI

IMG_6142.jpg 


元町通りです。
お洒落な店が立ち並ぶ、異国情緒あふれる店が
この通りには沢山あります。
外人さんはあまり見かけなくなりましたが
昔は山手、本牧あたりに住む外人さんが
いっぱいこの通りを歩いていました。




IMG_6139.jpg 






IMG_6146.jpg 


ちょっと裏通りに入ると、こんなお洒落なカフェもありました。
ここではお茶を飲まず、写真だけパチリ!





IMG_6144.jpg 


レストラン&喫茶の「霧笛楼」です。
ここはけっこう有名ですね。
でも今まで一度も入ったことないです。
今度、今度と言いながら、もううん十年にもなります。
今日も「今度入ろう」て言いながら店の前を通過です。





IMG_6153.jpg 


元町を抜け外人墓地へと続くめっちゃ急な坂道に
こんな可愛いカバの絵の石タイルがありました。



YAMATE

IMG_6175.jpg 


外人墓地です。
異国の地に眠る外国の人たちの墓地です。





IMG_6173.jpg 






IMG_6161.jpg 


外人墓地に咲いていたこぶしの花です。
遠くから見た時、梅の花かと思い
そばに近ずいてみたら、こぶしの花でした。

♪白樺~ 青空 南風 
 こぶし咲く あの丘 北国の あぁ 北国の~春~~♪


こぶしと白木蓮って違いがよく解からなかったんですが
下を向いて咲くのがこぶしで、
白木蓮は上をむいて咲くそうです。


まだ桜も咲いていない横浜の春でした。







IMG_6166.jpg 


外人墓地の前にある「山手10番館」です。
一階はティールーム、2階がレストランとなっています。
建物の横には庭があり、夏にはビアガーデンとなります。
ここは何度かお茶を飲んだことがあります。





IMG_6167.jpg 


若草色のこの洋館は「山手資料館」です。
本牧に建てられたのが、戦後ここ山手に移築されたそうです。
完全な形で現存する洋館の中では
横浜でもっとも古い洋館だそうです。






IMG_6201.jpg 


カフェ、「えの木てい」本館です。
異国情緒漂う純英国式の洋館で憩い、
味わう時間はめっちゃステキです。
手づくりケーキと美味しいコーヒーがいただけます。

今日はガーデンには客がいませんでしたが
庭いっぱいにバラの花が咲く時季は
この庭で飲むコーヒーはお奨めです。

気分は、おぉ~~! ブリティッシュ。







IMG_6202.jpg 


えの木ていの看板です。






cake3.jpg 


注文したイチゴのケーキとオレンジ味が美味しいケーキです。
どちらもグ~~!
コーヒーもまためっちゃ美味しいでした。
コーヒーとケーキのセットでお一人様1,100円なり~~~!

めっちゃ美味しいので価格に異議ナシです。


cake2.jpg  







 
マリンタワー

山手通りからマリンタワーを望む風景です。
このマリンタワーには2度ほど登ったことがあります。
やっぱ横浜ときたらこのマリンタワーですね。

 





山手を後に港の見える丘公園へ行き、
じきに暮れゆく港の景色をしばし眺め
中華街へと歩をすすめました。



CHINA  TOWN

IMG_6211.jpg 


すかっり日が落ち、華やかな明かりに包まれた中華街です。
いつ訪れても、たくさんの人で賑わっています。

中華街での食事。
これがけっこう大変なんです。
これだけ沢山の店が、ひしめいていると
店選びがやっかいです。どの店に入ったらいいものかと。
ガイドブックに美味しい店!
と載っていて行ったが、それほどでもなかったりで。

結局、何度か入った、馴染みの美味しい店になります。
それが以前あった場所に行っても無いのです。
たしか、ここにあったのに見当たりません。
 
やっべぇ~~! 
どこに消えっちゃったんだろか?

探しても探しても、とうとう見つからず。

足も疲れて、おまけに腹も減って、もう限界!


どうやら閉店してしまったようです。
最近すっかりTVにも出なくなった「周 富徳さん」の店です。


最近、中華街では店を経営していくのが、
めっちゃ困難になっているようです。

結局、知らない店で食べることに。







中華 


味は期待せず、価格がリーズナブルって
ことで 決めました。
それが、それが

うんめぇ~~!驚き~~!

大当たり~~です! 最高~~!

たまにこんなことってあるんですよね。
次回もこの店に決まりです!

因みに店名は「盛香園」!
不安なのは次回来る時まで
この店存続していればいいんだけど………。










































ホワイトデー
IMG_2259.jpg 
〈今日の絵〉さくら、さくら





ホワイトデーです。
毎年、何を贈ったらいいのだろう?
と、私の少ない脳みそが、けっこう悩まされます。

よっしゃ~~!

今年は「GODIVA」 のチョコに決めました。

って気合入れるほどのことではないんですが。

みんなにってわけには、まいりません。
なんたって高級品ですからね。

これは家内用です。 


white day photo  
White  Day




IMG_6079.jpg 


ホワイトデー限定のチョコだそうです。
ハート型のパッケージといい、フタに描かれた絵柄
それになんたってピンク色っていうのがいいですね。

ハーフボトルのフランスの赤ワインを添えて………

我ながら完璧、完璧!

これを機に貸しを作っておこう。
なんて嫌らしい下心なんて、全くないですからね。

おい、おい!

ここで念を押すなんてこと自体があやしいって。




家内に渡したら、めっちゃ喜んでくれました。

よっしゃ~! やったぞ、やったぞ~~。





IMG_6097.jpg 


そしてこれは、いわゆる義理チョコと
姪のかわいいチビッ子たちに贈ります。

例年はこの他にあと5~6個用意するんですが。
琴の教室の仲間の女性たちにです。
って、みなおばちゃんですが(笑)
今年は帯状疱疹のため教室をずーっと
休んでいたので、みなさんからバレンタインチョコを
もらっていないのでホワイトデーのお返しはナシです。

我ながら、すごい割り切りよう!

でも義理チョコってネーミング
ちょっと淋しいものがありますね。
もっと他に言いようがなかったんでしょうか。
たとえば会社の上司や同僚に贈るチョコを
感謝チョコとかなんとか。

なんてことを考えながら家内にあげたチョコを
食べている私です。

やっべぇ~~!

家内のぶんまで食べてしまいそうだ。




mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm





My Shirt

IMG_6102.jpg

 
IMG_6112.jpg 
これが「KALDI」の紙袋です。


お、お、おっ!これは何だろう?
ホワイトデーとは、まったく関係ないです。

これは去年、私が購入したシャツです。
これみてピ~~ンときた方。

先日、記事 をアップした 「KALDI」 思い出しませんか?
このシャツの柄、「KALDI」 のペーパーバッグや
包装紙のデザインとよく似た感じのシャツでしょう。

めっちゃ笑っちゃいました。
店で買う時は気が付かなかったんですが
後でよ~く見ると、なんか似ていますね。
気に入って買ったんですが………。


今度このシャツ着て 「KALDI」 へ行って見よう!
店の人ビックリするかな?(笑)

もちろんサービスのコーヒーは、しっかり頂いてきま~す(笑)

因みに 「KALDI」 のパッケージのイラストは
井上リエさんです。

 




















梅の花を見に……

IMG_6031.jpg 
〈今日の絵〉ピンクのバラの花





この頃暖かな日が続いていますね。
今日も暖かな良い天候です。
と、言うことで、梅を見に行こう!
って、ことになり近くの梅林公園へ行きました。


運動のためにと自転車をえっちら、おっちらこぎながら。
風もなく暖かな春の日差しがとても気持ち良いです。


IMG_6040.jpg 

みごとな、しだれ梅です。めっちゃ、きれいです!

誰かさんの髪にさしてあげたい。

って誰なんだよぉ~。

いえ、いえ、こんな言葉が出てくるくらいきれいだってこと。

やっぱ誰もいないのか。淋しいねぇ~~。

まだ、開花は早いのでは?
と思いながら来ましたが、なんのそのみごとに咲いています。
なかにはまだ枝に蕾をつけたヤツもありましたが。

でも品種が違うのでしょうか、すでに散り始めてる
ヤツもありました。



IMG_6049.jpg 

白梅です。みごとな枝ぶりです。
これで何年たっているんでしょうかね。
傾き加減もいいですね。
ピサの斜塔のように傾いています。




IMG_6036.jpg 

紅梅のアップです。
これまた美しいですね。
ちょうど見ごろなんでしょうか。
めっちゃ、いい感じに咲いています。




IMG_6039.jpg 

これもしだれ梅です。
今日は平日とあり、訪れる人も少なく最高!
梅の咲く木の下で、弁当を広げて食べている姿があちこちに。
この土、日はきっと、大勢の花見客で、賑わうのでしょう。






腹もすいてきたので、家に戻ろうと思いましたが
なにかもったいないような気がして。
この心地よい天気が。

 
今日の昼食は外食にしよう!

ってことになりました。
普段は一致しない意見も、こういうことに関しては
家内とすぐ同意見です。

あ、そうだ!ホワイトデーのチョコも買わないと。




梅林公園を後にして昼食を食べに行きました。
ハンバーグランチとなりました。
肉は和牛を使用しています。
サラダとライスが食べ放題で1,000円です。
ソースは3種類あり自由に選べます。
私はさっぱりと大根おろしの醤油味にしました。

この時だ! と、いうことで無理しても食べなくては!

さあ、気合入れて食うぞぉ~!

食った、食った!
 
と言っても若い頃とは違い、そう沢山は食べれません。
いつの間にかバイキングには向かない年齢になっているんですね。


しかし、もう腹がパンクしそうです。
1,000円としては上出来!
美味しかったです。 感謝、感謝です。




食事を終え、ちょっと 「KALDI」 に寄りました。

IMG_6057.jpg 


輸入食品を売っている店です。
ここでは入り口でコーヒーのサービスがあります。
コーヒーでも飲みながらゆっくりお買い物を。
というサービスがあります。

このサービスでみかけためっちゃ、おもしろいお話があります。

店員が小さな紙コップにコーヒーをくれます。
飲みたかったら手をだし頂きます。
すでに全て砂糖とミルクの入ったコーヒーが用意されています。


おばちゃんがやって来ました。

店員 「コーヒーをどうぞ」

おばちゃん 「ブラックにしてぇ~」

おばちゃん堂々と言ってのけます。
何を勘違いしているのか。もぉ~~
ここは喫茶店じゃないって。




またある女性が来ました。

店員 「コーヒーをどうぞ」

女性 「甘すぎるので、砂糖は
     半分くらいにしてね」

なんて注文つけています。
この人、完全にサービスでいただいている
ということが頭にないようです。
こまったちゃんです。




来ました。来ました!今度は太ったおばちゃんが
買い物袋をいっぱいさげて。

店員 「コーヒーをどうぞ」

おばちゃん 「アイスコーヒーないの?もう暑くて」

このデブ、勝手なこと言うな!
これサービスなんだぞ。
暑かったらその前に痩せろって。




まだまだいるんです。勝手なわがままを平気で言う人が。
店がだしているサービスが自分には合わないなら
飲まなきゃいいのに。


ワイシャツにネクタイ姿のサラリーマン風の男性。
コーヒーをもらうため、数人が列をつくって並んでいます。
その後ろにサラリーマンの男性が並んでいます。
このサラリーマン、きっと昼食を食べ
コーヒーをわざわざここまで飲みにきたようです。
ここを喫茶店替りにしているんですね。


またこんな若い女性の声も聞こえました。

「ここのコーヒー美味しくって好きよ」

と、店員に一緒にきた女友達と言っています。

このぉ~~!タダだから美味しんだろ?
金払って飲んでないからだろ!

こういう見え透いたうそを言う人に限って
何も買わずに店を出ていきます。


こんな感じの勝手で、色々おもしろい人がいます。
さて、さて、あなたはどんなお客なんでしょうか?
でも、くれぐれもコーヒーはサービスだって
ことをお忘れなく!



「KALDI」 でのお話でした。



















































時代考証家のお話-2
IMG_6027.jpg  
〈今日の絵〉落椿





先日、ブログで話した時代考証家の山田順子さんのお話から
興味深い江戸の暮らしぶりを載せてみます。

現在は基本的には人は右側通行ですが、
な、なんと江戸では左側通行であったとか。

なんで左側通行なんだろう?
と不思議に思いますが、実は武士が刀をさしていたので
右側通行だと混雑した中で、すれ違ったりする時
お互いの刀のさやがぶつかったりすることがあるので
その時「無礼者!」ということになり、斬りあいになったり
することがあるので。

こんなことから庶民も原則、左側通行となったという。

因みに自動車が左側通行の国は
日本の他にイギリス、オーストラリアや
インド、タイそして香港などがそうです。
インドはまだ行ったことないんですが……

電車は基本的に左側通行で
車と違い運転席も左側にありますね。
なんでだかよくわかりませんが。



また歩く時は手を振って歩かなかった。
手を振る歩き方は、明治以降に
軍隊で西洋式に手を振りながら行進する訓練をしたため。
それが普段歩く時に手を振って歩く習慣が定着したという。

そう言われれば、時代劇に出てくる人って
手を振って歩いていないですね。  
 


それからもう一つ、ちょっとしたことですが
江戸の人たちは、なぜご飯を朝炊く習慣があったのか?

江戸では昼食にお弁当を食べる人が多かったという。
これは人口の半数を占める武士のうち
江戸城や各役所に勤める幕臣の多くが、
弁当を持参したためらしい。
また、江戸では火事が頻繁に起きたので
いつもどこかに建築現場があり、その結果
大工などの職人も多く、その多くが
弁当持参で働いたためだという。
そんなわけで江戸では弁当のため
朝、炊く家が多く、それが習慣となった。

その点、京、大阪では朝炊く習慣はなかったという。
昼食を屋敷で食べる公家や、お店で食べる
商人が多かったため、忙しい朝時には
ご飯を炊くことがあまりなかったのだ。

ちょっとしたことですが、こんなことがあったんだぁ~。
なんて知るとめっちゃ、おもしろいですね。
今回は皆さんの興味ある?ノーパンのお話はないですが。

別に興味なんてねぇ~よ!

なんていうお方には失礼でした。





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm




私の趣味のコーヒーカップ収集から


 IMG_2906.jpg
イギリス製 MINTONSHALIMAR コヒーカップ&ソーサーです。
白地にブルーの清楚で可愛い草花模様がステキな
コヒーカップ&ソーサーです。

 








 







やっと見つけた市松人形
IMG_5954.jpg 
〈今日の絵〉碧韻






我が家には雛人形はありません。
端午の節句には姉から頂いた兜がありますが。
その兜は何と5円玉で作ったヤツです。
全部で2万円ほどになるそうです。

日本人形といえばひとつ市松人形があります。
兜と一緒に和室に飾ってあります。


IMG_5975.jpg 

もうかなり前になりますが、家内が市松人形が欲しい。
と言うことで人形の町「岩槻」へ行きました。
その時手に入れたのが、この人形です。

私はどうせ人形買うなら雛人形にしたら。
との言葉も即却下!






IMG_5992.jpg 


人形店がひしめく通りを何店か見て歩きました。
なかなか欲しいなという人形がありません。
最初はのる気がなく、お付き合いで来た私が
人形を見ているうちに、いつしかその魅力に取りつかれてしまいました。

こりゃ、すっげぇ~!

着物はよくわからないけど、あの顔の表情が
実にいいですね。心奪われてしまいました。
店に並んでいると、みな同じ顔のように見えますが
よ~く見ると、ひとつ、ひとつ皆、異なった顔をしてます。

何店か歩き回り、家内の納得のいく人形に巡り合えません。
そしてあと一店だけ見てなかったら
あきらめようと思いながら、店の中に入りました。


その中に2体ほど、こりゃ、いいなぁ~!
と思うヤツに出会いました。

どっちにするか迷いました。

二人で穴があくほどその人形を見て
決めたのが、この人形でした。

まず、着物がステキです。
生地は正絹ちりめん地にしぼりを施した友禅染めです。
全体的に落ち着いたいい色彩です。

また、他の人形と異なっているのが髪の色です。
かすかに栗色がかった髪です。
他の人形はみな黒髪でした。

そのせいか柔らかで優しい感じがします。
そして、そして決定的なのは顔です。
めっちゃ穏やかで上品でおとなしそうな雰囲気!
そしてちょっとモダンな感じがします。

やったぜぇ~~!

これだよ!これ。

こんな人形を探していたんだよ。

家内も私も同意見!





IMG_5997.jpg






20090924174917[1] 


この市松人形を作られた人形作家の「斉藤公司」氏です。
埼玉岩槻に生まれ、人形作りをず~っとしています。

彼の人形作りの思いは
「人形の世界は古い伝統を受け継ぐのが常識ですが、
新しい感覚にも目を向け、その時の人々に愛される人形を
作ろうと、独自の人形作りに日々精進しています。」
と言っております。

納得、納得!

だから髪の色もこんななのだなぁ~。
そしてどこか新しい風を感じる訳を。
その時、知りました。人形ってめっちゃ奥深いんだなぁ~と。