FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



遊馬 正卒寿記念絵画展へ
IMG_7303.jpg 
〈今日の絵〉つつじの花





昨日、私の大好きな画家。遊馬 正氏の「卒寿記念絵画展」を
観に行きました。 今年90歳になる彼の絵画展です。
彼の作品は欧米で千数百点も所蔵されています。

1957年にフランスに留学し、その後1959年にアメリカ、ニューヨークへ
渡り創作活動を続けます。
ニューヨークで初の個展を開き、その後サンフランシスコ、ロスアンゼルス
ロンドン、パリ、スイスのロザンヌ、カナダのトロントそして日本
と個展を開いています。


73歳の時、日本に帰国して以来、埼玉の岩槻市に住んでいます。
彼は埼玉岩槻市に生まれ育っています。
 
今回の展示は彼がこの数年間の間に描かれた絵です。
ほとんどが油絵です。








IMG_7398.jpg 





IMG_7362.jpg 

この作品のタイトルは「秋酣」です。
「あきたけなわ」と読みます。
たけなわってこう書くんですね。知らんかったです。
お馬鹿キャラ全開の私も、ここでひとつ、りこうになりました。
ありがとうござんす!^^




彼の作品は印象的な構図と色彩感覚あふれる
めっちゃ明るく美しい表現です。
そんなところに魅力を感じ、大好きな作家の一人となりました。

と、偉そうなこと言っていますが、実は私が彼を知ったきっかけは
家内の一言によってです。

家内がショッピングに行ったとき、某デパートで
たまたま彼の個展が開かれていて
家内がそれを観て

ねえ、ねえ! すごく明るい色彩のステキな睡蓮の絵を
描いている画家の作品を見たよ。
絶対、貴方の好きな絵だと思う!

その言葉を聞いて、翌日私も観に行ってみました。
ちょうど私も睡蓮の絵を何点か描いていた時期でした。


会場に入ってビックリ! な、なんだ!この明るさは。
鮮やかな色彩に包まれ異次元の空間のよう!
いっぺんに彼の絵のとりこになってしまいました。

これは私が水彩画を始めて間もない頃のことでした。






IMG_7365.jpg 

睡蓮の絵です。彼は水辺の絵が好きだそうで、
こうした睡蓮の絵をよく描いています。 
 






IMG_7363.jpg


 





IMG_7377.jpg


 







IMG_7364.jpg


 





IMG_7371.jpg 

「曼珠沙華の咲く岡」です。
この赤が強烈に目に焼き付き、めっちゃ衝撃的です。

赤。 勝負色です。
これぞっ! という時に赤色の服を身に付けたり、
赤色のパンツを穿いたり………
そんな経験ないですか?(笑)


赤色といえば、女流画家の三岸節子さんが頭に浮かびます。
赤色を得意とする彼女の描くあの赤はもう、な~んも言えねぇ~くらい
強烈で衝撃的で、胸の奥までグーンときてしまう赤です。

初めて彼女の絵を観た時の衝撃は
今でも蘇ってきます。

その赤色より遊馬氏のこの曼珠沙華の赤は
少し穏やかな感じがします。








IMG_7376.jpg 









IMG_7392.jpg


 





IMG_7383.jpg


 





IMG_7397.jpg


 





IMG_7393.jpg


 






IMG_7374.jpg 

これはまた変わった作風ですね。
若い頃、フランス滞在時期に描いた作品のようです。
今の絵とはだいぶ違いますね。
絵って長い間には、こうしてどんどん変化していくんですね。


まだ画歴の浅い私でさえ、初期の絵と今のでは
だいぶ画風が変わっていますね。

頭脳の方はいつまで経っても、幼稚で間抜けな馬鹿やっています(笑) 
 





IMG_7391.jpg


 





IMG_7386.jpg 

これは1967年作です。彼が40歳代半ばころの作品です。
タイトルは 「ビーチ アンブレラ」です。



上の2点は初めて見ました。
こんなデザイン的な絵も描くんですね。
色彩センスも実にいいですね^^

でもそれで納得しました。彼の絵の中には
デザイン的なステキなセンスがうかがえたもので。




IMG_7389.jpg 

彼の自画像です。
係りの人にいつ頃描いたのかと聞きますと
その答えにびっくり!今年描いたのだということです。

私が17~18年くらい前に見た姿と変わっていないからです。
と、いうよりむしろあの頃より、若くさえ思えます。
あの頃より太られたようで。

てっきりこの自画像は彼の若い頃ではないかと思いました。
それが今年描いたとは。
もう、驚きです!90歳にはどう見てもみえません。
 

その若さが後ほど証明されました。






IMG_7399.jpg 

作品を観たあと、彼の講演があり、ちらっと途中でしたが聞きました。
とにかく若くて元気です。
90歳とはとうてい思えません。
現役バリバリ! はつらつとしたお話。
またトークがめっちゃ、面白いです。


このおじさん、イヤ、イヤごめんなさい!遊馬画伯さん。
何でこんなに元気なんだろう?
どんな生活をしているんだろう?
なにを食べてこんなに元気なのだろう?

といった疑問と好奇心が湧いてきます。
90歳にしてこの若さ!

な、なんと1時間半も立ちっぱなしのお話です。


予定の時間が過ぎても、いっこうに終わる気配もなく
話し続けるので、もう時間なので止めるように。
と、男の人が壇上にきて告げる始末です。
息子さんのようです。


その人曰く健康ではありますが、もう年も年なので
あまり長時間やっていると身体にいけないので。
 
ほんと、ほんと! 若く見えてもなんたって90歳ですからね。
こんなとこで、ぶっ倒れては困りますからね。~^^

ということで、最後の挨拶をして終わりとなりました。



いや、いや、参りました。 

これからもステキな絵を描き続けて欲しいですね。 












 















スポンサーサイト