FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



山陰、山陽の旅~3
〈今日の絵〉昇仙峡~2


6月に行った山梨の昇仙峡からの渓谷の
滝の景色を描いてみました。
この滝の絵は今回で2度目となります。
涼しさを感じるかなぁ?
すこしは爽やかな気分になれるのでは。








今日は秋吉台の鍾乳洞、城下町の萩、そして尾道の
旅をアップしました。山陰、山陽の旅も最後です^^

秋吉台
 
IMG_8632.jpg 

秋吉台です。これから鍾乳洞へと入ります。






鍾乳洞百枚皿  

鍾乳洞の中はひんやり!
外がめっちゃ暑かったので、気持ちいいです^^

秋吉台の地中には大小450を超える数の
鍾乳洞があるそうです。日本最大の規模です。

これは百枚皿です。こうしたさまざまな鍾乳石が
永い年月の果てにこのように自然によって造りあげられた
光景をみると、自然の力ってすごいんだなぁ~と思いますね^^






IMG_8660.jpg  

暗い鍾乳洞出てパチリ!^^ 
  











 
萩の城下町

IMG_8672.jpg 

江戸時代に毛利氏が萩城を築いてから260年に渡り
栄えた城下町、萩です。

萩はこうした白壁となまこ壁の建物の
めっちゃ 静かな武家屋敷が並ぶたたずまいです。







IMG_8674.jpg  









IMG_8683.jpg


IMG_8681.jpg 

松下塾です。幕末に吉田松陰が講義した私塾です。
当時ここで多くの人が 学問を学んだそうです。 

「いつやるか?今でしょう!」  
 




 


IMG_8677.jpg 

高杉晋作の旧宅です。
吉田松陰の志を受け継ぎ、明治維新の原動力となった
萩が生んだ幕末の英雄です。






IMG_8680.jpg 

高杉晋作の銅像です。 







 







IMG_8696.jpg 

これ地サイダー!
夏みかんのサイダーです^^
めっちゃ暑いんで途中買っちゃいました!

もう一挙にラッパ飲みです。

夏みかん頭の長州侍のイラストがめっちゃ
インパクトありますね^^



ここでクエッション!

山口の県道のガードレールは何色でしょうか?

正解の答えは最後にあります^^






IMG_8753.jpg 

土産に萩焼のコーヒーカップ&ソーサーを購入!
これちょっと萩焼っぽくないですね^^
萩焼といってもこうして様々な感じのものがあります。

我々がいつも目にしたり、使っている
あの肌色したヤツとはだいぶ違いますね^^





尾道

IMG_8725.jpg 

いよい旅の最終地 、尾道です。
坂の町、尾道。細い入り組んだ坂道が郷愁をさそう
めっちゃ魅力的な町ですね^^


尾道駅にある観光案内所に入り
ラーメンの美味しい店を聞いたら
「朱華園」という美味しいラーメン店を教えてもらいました。
この店はいつも行列ができる店だということです。

おぉ~~! 久しぶりに美味しいラーメンが食えるぞぉ~^^

場所を聞いたら、これまたラッキー!

これから行こうと思っていたロープウエイの近くだと言う。

もらったマップを頼りに歩いていくと
先方になにか人の長い行列が見えてきました。

ギョギョ、ギョッ!

探していたラーメン店でした。ビックリ、ガッカリ!
30人くらい並んでいます。即あきらめです!


先にロープウエイに乗ることに。




まずロープウエイで千光寺公園展望台へ!
その展望台から眺めた尾道の町です。
眼下には尾道の街並みや瀬戸内海に浮かぶ
島々が見えます。

う~~ん、やっぱ高いところはいいですね^^
気分ルン、ルンで~~す^^




IMG_8702.jpg 

展望台から坂道を降りていくと、途中に千光寺があります。
朱塗りの本堂と鐘楼が建っています。






IMG_8728.jpg 

これは天寧寺海雲塔にある三重塔です。
足利義詮が建てた寺です。





IMG_8709.jpg 

千光寺からちょっと入ると遊歩道があります。
これが”文学のこみち”といって
林芙美子や志賀直哉らの作品の一節を刻んだ
文学碑がたっています。
25の文学碑がたっているそうです。




IMG_8710.jpg 







IMG_8716.jpg 

これは林芙美子の作品の一節がきざまれた石碑です。










IMG_8733.jpg 
 
文学のこみちを通り抜け次は猫の細道へと歩いていきます。
急な坂道の階段。
小雨が降ったりやんだりの天気です。
この階段めっちゃ危険だなぁ~
と思っていたら背後から


ド・ド・ド・ドッ~ ズッテ~~ン!


女性の悲鳴と共に、ものすごい音が。

はっと振り向くと、そこには見てはいけない光景が!


そうです。階段から滑って転んだんです。
見るとヒールの高い靴履いています。
デブいや、体格もいい方のようなので、転んだ音も半端じゃないです。




IMG_8735.jpg 

これは福石猫です^^
この猫の細道にはこういった福石猫が
狭い路地に沢山かくれているとのことです。
私が見かけたのは3つくらいだったかなぁ?  








  
IMG_8731.jpg 
 

坂道の途中にあったカフェです。 店の名はのれんにものっているこの絵
そうです「ふくろうの館」です。
時々、こんなカフェがあらわれます。 






  






IMG_8738.jpg 

猫の細道というのに猫にはまったく出会えませんでした。残念!
小雨模様のこんな天気だからかな?
 
猫はあらわれません。
私もけっこう臭いだしてるんだけど~~
加齢臭は嫌いなのだろうか?
やっぱ魚の臭いなのかなぁ~~^^




IMG_8739.jpg 








 



IMG_8750.jpg 

猫の細道を下り、ふもとまで降りました。
そして、また例の「行列のできるラーメン店”朱華園」に行くことに。

おぉ~~っ! やったぁ~~! 


今度は数人しか並んでいませんでした。

これでやっと昼飯にありつけそう!







朱華園10  

「朱華園」です。中華そばを注文。
でてきたのは、自家製の平麺にとんこつを隠し味に使った
鶏ガラベースのしょう油スープ。
豚の背脂を使ったスープです。
これが味の決め手のようです。
見た目はギラギラしていますが、
食べてみると、見た感じと違い
しつこくなく、ほどよくあっさりした味でした。

さすが行列のできる店ですね^^





※正解は……オレンジ色で~~す^^

 
  山口県の特産品は夏みかんなんで。それからの色ですね^^




※最後まで山陰、山陽の旅を読んでいただきありがとうございました^^
  これでこの旅のお話は終わります。 














     








     








     





















































        








        


























 









スポンサーサイト