FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



新潟、新発田への旅~1
IMG_1896.jpg 
〈今日の絵〉山あいの家々

この絵は家内の実家の近くを描いた絵です。
 








義父の7回忌の法要に、新潟へ行ってきました。
いつも新潟の家内の実家へ行く途中に
一泊旅行します。
今回もお決まりの一泊旅行です^^
新潟の月岡温泉で過ごすことになりました。
 

IMG_8768.jpg 

上越新幹線の新潟駅で乗り換え新発田駅に着きました。
ところでこれ何と読むか分かりますか?
これで「しばた」と読みます。

以前、実家の会話の中で「しばた」と言うので
「しばた」ってどこなのかと地図で探したけど
いっこうに見つからず!
そこで初めて気が付きました。
「新発田」と書いて「しばた」と読むことに^^


これ多分長い年月によって言葉が変化していったのでは?
「しんはった」が「しばた」へと。
なんて勝手な想像してしまいました。


多分あれと同じなのかな?
電話での「もし、もし」と。
最初は「申します、申します」が短縮変化して
「もし、もし」と言ったというヤツと。
でも電話が開通した当時は「おい、おい」と言っていたとか。
それがいつのまにか「もし、もし」となったとも言うし。
よく解からん!


また最近、「早っ」 「旨っ」 とか  「小ちゃ」
などと言葉を短縮して言ってますね。

これが後々、ちゃんとした言葉となっていったりしたら
かなり「ヤバァ」ですね^^ (笑)











IMG_8770.jpg 

まずは腹ごしらえです^^
「腹が減っては戦はできぬ」


駅前の「なかしま」へ直行!
これ来る前に下調べしといたので。
ネットではここ、けっこう美味しいということでした。







花嫁ご膳10 


「花嫁人形ご膳」です^^
 
ここ新発田には、あの有名な花嫁人形の詩を書いた人
がいますので。
それにちなんで、こうした名のメニューがあるんです^^

「うんめぇ~~!」

バッチリ紹介通り! 美味しかったでした^^






IMG_8781.jpg 

そして戦の始まりは新発田城へと行きました。
美味しい昼食も頂いたし、足取り軽やか、気分も上々!


といきたいんですが、実に暑いで~す^^
カンカン照りの中の城見学です。










IMG_8788.jpg 

表門です。この表門と旧二の丸櫓は新潟県内では
唯一、江戸時代から現存する城郭建造物だそうです。 






IMG_8790.jpg   

この銅像は堀部安兵衛像です。
あの高田馬場の敵討ちで有名な。
赤穂義士、堀部安兵衛は
ここ新発田に生まれたそうです。







IMG_8791.jpg 


新発田城を出て、次は蕗谷虹児記念館へと行きました^^
先ほどの昼食にもちょっとでました
あの有名な「知っている人は知っている」
挿絵家、詩を書く蕗谷虹児氏です。
 
彼、けっこう甘いマスクしたイケメンです^^
女性にけっこうモテたのでは^^

いいですね。イケメンちゃんは………

そしてこの私は、一体何をそして誰を恨んだらいいのやら。


この記念館の建物はロシア正教会をモチーフに
建てられたそうです。






蕗谷作品10 

「金らんどんすの 帯しめながら
 花嫁ごりょうは なぜ泣くのだろ………


この有名な詩、「花嫁人形」を書いたのが
蕗谷虹児です。

彼はここ新発田に生まれ、大正から昭和にかけて
沢山の挿絵を描いて活躍した人です。

上の絵は「花嫁」です。
嫁ぐ日の花嫁の気持ちをみごとに表現したいい絵ですね^^
美しく凛とした中にうかがえる悲しみが。







蕗谷作品12 
彼の絵は夢二と共に大正ロマンあふれる
抒情的な絵ですね。






蕗谷作品 







蕗谷作品13 









mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm








IMG_8899.jpg 
今夜のお宿です^^
ロビーにある一角ですが、めっちゃいい感じ!






IMG_8903.jpg 
ロビーから眺めた庭です。






IMG_8893.jpg 
ロビーには池があり、鯉が泳いでいます。















IMG_8801.jpg 
私達の部屋のフロアーのエレベーター横にある休憩所です。
紺地のつい立にクラシックな感じの椅子がとても高級感ある
エキゾチックな雰囲気のステキな空間です。
なもので、ついついパチリ!^^ 


部屋に通されビックリ!


「な、なんだよぉ~~!この広さ。」

部屋の広さはもちろんのこと
トイレが2畳くらいあります。
ここに布団敷いて寝てもいいくらい!(笑)

洗面所もバスルームも広く、そしていっちょまえに
シャワールームもあります。


「やっべぇ~~」


これ予約の段階で何か手違いでもあったのでは?
いくらなんでもこの広さと豪華さはねぇ~~だろう。


まぁ、とにかくこちらはちゃんと予約したので
もし間違ったのなら、こちらには一切関係ございませんので。

なんて思いながら宿泊しました。



翌朝、チェックアウトの時に予約した時との
金額でよかったので、聞いてみました。
そしてこの広々、豪華デラックスルームの訳が判明!

洋室がこの部屋しか空いていなかったので
特別にこの特別室を提供してくれたとのことでした。

もう、めっちゃもうけものです^^

こんなこともあるんですね^^ 








 

IMG_8883.jpg 
日本各地の酒を集め、ズラリと展示してあります。
日本酒好きにはたまらんでしょうね^^






IMG_8873.jpg 
めっちゃ広い大きなホテルです。
迷子になってしまいそうです。
 
こうなったら派出所も作ったらぁ~~

なんて冗談ですが。


廊下を利用してこうした美術品が展示されています。
またその作品もめっちゃ有名画家の絵や掛け軸が
ズラリ並んでいます。

上の絵は日本画家の上村松園さんの絵です。







IMG_8874.jpg 
この絵は小倉遊亀さんの作品です。
たしか100歳を超えても描いていた日本画家です。
このおばあちゃん(失礼)
なかなかステキな絵を描きます。
 
椿や梅などこうした花の絵もいいいです!
また人物画もいいです!

歌手の越路吹雪さんをモデルにした
「越ちゃんの休日」といった絵が大胆でモダンで
色彩もめっちゃ素晴らしい絵です。

この絵、実物をみましたが惚れこんでしまいましたね。







IMG_8869.jpg 
これまた私の大好きな日本画家「加山又造」さんの作品です。
彼は元々はグラフィックデザインの仕事をしていたそうです。
ですから斬新でデザイン意識の感じるセンスある絵ですね^^

「さすがぁ~~!」

彼は京都、天龍寺の天井画も描かれています^^






mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm






献立10 
夕食です^^

今日の戦はもうないですが、やはり腹が減っては何事も
始まりませんからね^^

もう決意しました。今夜は飲んで、食うぞぉ~~!と。

減量なんてこの旅にはもう、関係ねぇ~~!

会席料理の始まり~~!始まり~~!^^

まずは冷えた生ビールで乾杯!

以下いろいろ出てきましたが、すべて

「めっちゃ、うんめぇ~~!」


料理の詳細はナシのもあります、失礼してよろしくです^^
呑兵衛にはもう無理です。(笑)

これ出てきた順序通りのアップではありませんので。








IMG_8802.jpg 

まずは食前酒。
ノンアルコール梅酒と紅茶のカクテルです。

そして先附は無花果と椎茸などのレモン蒸し利久餡 です。
この味噌餡が美味しいです^^




IMG_8810.jpg 







IMG_8823.jpg 







IMG_8821.jpg 
雪下にんじんの焼きスープです。
チーズの香りと味がきいて抜群!^^




IMG_8837.jpg 
さざえとのどくろ焼きです。
IMG_8841.jpg 







IMG_8842.jpg 
特選越乃新潟牛フィレ肉石焼ステーキです。




IMG_8833.jpg 
このナスとキュウリの朝漬。ただものではないです。
単なる漬物がこんなに美味しいとは!
最高です!
枝豆は黒崎朝摘み枝豆です^^
この枝豆、甘味があってとってもグーです^^




IMG_8835.jpg 
まるごとアワビの絹蒸しです。





IMG_8845.jpg 







IMG_8854.jpg 

コシヒカリお米麺香味つゆです。

この麺を盛った皿。いいですね^^
気に入ってしまい、給仕する女性にこの皿が欲しいので
どこで買ったのか。そして何焼きなのかと。
とたずねたら、只今、聞いてきます。とのことで。


この皿は有田焼とのことでした。
またこの皿はこの旅館を開くにあたって
特別に作ってもらったとのことでした。


残念でした!ガックシ!^^

念のため。これ画像より実物の方が
もっと、もっと素晴らしいです^^



新潟こしひかり米のご飯に味噌汁
そしてお新香が出ましたが省略です。
それにデザートのヤスダヨーグルトのプチカフェ
ブラッドオレンジとあずきわらび餅も。
写真撮り忘れです^^


気が付いた時はすでに遅し!
この腹の中でした(笑)
すべて酒が悪いのでございます。あしからず^^



そして一言

「う~~ん、めっちゃうんめぇ~~!」





※またまた一回では掲載できず!

   パート2へと続きますので、次回もよろしくお願いしますね^^

   暑いので熱中症にはどうぞ気を付けてくださいね^^














スポンサーサイト