FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



新潟 新発田の旅~2
IMG_1247.jpg 
〈今日の絵〉朝顔








IMG_8905.jpg 

今日の散策はまず、歩いて清水園へと向かいます。
 
途中の商店街の魚屋で、清水園まで行く道を
聞きました。

中にいたのはオバちゃんです。
魚をさばいています。

道をたずねると、めっちゃ愛想のない返事が返ってきます!


もう、このクソばばぁ!


でもへたに逆らっては怖いです。
なんたって相手は包丁を持っていますからね。
おとなしくそのクソばばぁの言うことを

ハイ、ハイ。

と素直に聞くしかありません。



寺町通りを歩いた先に清水園はあるとのことです。
この寺町通りには数々のお寺があります。
建物の前の堀には鯉が泳いでいます。
ちょっと津和野の景色を偲ばせる感じのする通りです。








IMG_8909.jpg 

清水園です。新発田藩、藩主溝口家の下屋敷として
造られた庭園です。
建物は平屋建ての数寄屋風の簡素な建物です。






IMG_8917.jpg 







IMG_8915.jpg 

庭が見事です!
池を取り入れた回遊式庭園です。
その池に映る木々が美しくめっちゃいい感じです。






IMG_8919.jpg 







IMG_8930.jpg 







IMG_8933.jpg
 
清水園のある道路を挟み、足軽長屋の建物があります。
武士階級の一番低い身分の足軽たちが
住んでいたという 長屋です。


足軽は家禄というものではなく、給金制度で
大名などに仕える足軽は、安い給料で有事の時に
かりだされ 働いたそうです。

土地を持つことは許されず、こうした長屋に住んでいたそうです。


この長屋は8軒ほどあります。
中に入ってみると、まずものすごく質素なつくりで
というか貧しさを感じます。


その広さは今でいうと1DKといったらいいでしょうか。
6畳くらいの和室に板の間の台所といった具合です。

トイレが見当たらなかったけど
外に共同トイレでもあったのだろうか?

こんな中に一体何人くらいの家族で住んでいたのだろうか?








IMG_8947.jpg 

清水園をでて数分歩いたところに
石泉荘という建物があります。

この建物は元々は石崎家の邸宅だったものです。
それが一時、料亭としても使われていたとのことです。

この門を入ると庭園が広がります。
既に見た清水園の庭園とくらべるとちょっと狭く
見劣りがしますね^^
正直、清水園の庭園のほうが
めっちゃ素晴らしかったですね^^










IMG_8937.jpg 

庭の中には新発田川が流れています。
庭に池ならわかりますが、ここ石泉壮には
な、なんと川が流れているんです。
以前はこの川で筏流しもされていたとか^^



IMG_8939.jpg 







IMG_8942.jpg 

ここではお茶がご馳走になれます。

私達がこの建物の中に入った時は他に訪れている人はいず
貸切り状態です^^


このクソ暑いのに温かいお茶なんて飲めるかよぉ~~!


なんて心では思いながらも出されたものは全て頂きます
の精神にのっとり、お茶をもちろん頂きました。

目の前にはステキな景色。物音一つしない静かな部屋での一服!


う~~ん、こりゃたまらんです!^^


暑さなんてもう、どこかにすっ飛んでしまいました。(笑)










IMG_8952.jpg
 
次に訪れたのが市島酒造です。
銘柄「王紋」で知られる酒造元です。







IMG_8951.jpg 

酒樽です。200年あまりの歴史ある
こうした酒造品の 数々が展示されております。
中では試飲もできます。

もちろんタダです^^
さっそく頂きました。最初に飲んだのは
ちょっと甘口の軽い感じの酒でした。

2杯、3杯、う~ん、なかなか飲みやすい感じの酒です。


つまみが欲しい~~~

誰かつまみをくれないかなぁ~~


くれる訳ないですよね^^(笑)
タダ酒のんで、そのうえつまみだとぉ~~~

このぉ~~っ!







IMG_8953.jpg 





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm 




 
こうして新発田の旅を終え、実家へと着きました。


翌日9時半から家でこられた親戚の方、皆とお経をあげました。
20~30分後に僧侶が現われ、お経の始まりです。

琴の稽古で鍛えられた座禅!
それがどういう訳か途中半ばにして
早くも足しのしびれが………

もうそれからが大変!
必死でその容赦なく襲ってくるしびれとの戦いです。





IMG_8963.jpg 

座を移し、お斉会場へと。
これから行く温泉旅館のマイクロバスにて
一同、向かいました。

この宿に今晩私達と横浜からきた叔父夫婦のために
泊まる部屋をとってあるとのことでした。
 
この宿は実家では、よく利用する温泉宿です。
もちろん私も何回か泊まったことあります^^








法事 

こんな感じでお斉を行いました。

飲んで、食って、飲んで食って………
そしてまた飲んで^^

このあと別の部屋に移り談話です。
義父の兄弟らが麻雀を始めるし。



今夜、宿泊する部屋は叔父夫婦と一緒の部屋だということを聞き
泊まることを止めにすることに。

8畳くらいの部屋に4人も泊まるなんて^^
めっちゃきついです!
実家に泊まったほうが広々してゆっくり眠れるので。



なんかメインの法事の記事がサブになってしまったようで。

お父さんごめんね^^



※パート2まで読んでいただき、ありがとうございました。























スポンサーサイト