FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



イタリアの旅~パート2

IMG_14301.jpg 

〈今日の絵〉バラ















 

image002.jpg 

イタリア





 

ピサ 

IMG_0028.jpg  


フィレンツェからバスで約1時間半。
ピサの斜塔を見にいきました。

高さ約55m、円筒形の8階建てで、中には螺旋階段があり
その段数は297段。南に約70cmほど傾斜しているそうです。

一時、塔に登ることはできませんでしたが
今は人数制限をしながら、頂上まで登ることができます。

登りました!登りました!
297段を駆け足で一挙に^^


な~~んて訳ねぇ~~だろ!

息をハア、ハアさせながら。(笑) やっとこさっとこ^^


何でこんなに傾斜してしまったのだろう?
と漠然と思ったりしていました。
今回来てみて、その原因を知ることができました。


さて、そこでクエッションです^^

Q ピサの斜塔はなぜ傾斜して
      しまったのだろうか?


A  ①建築設計ミスによって

   ②初めから傾斜している塔を建てた

   ③地盤沈下によって

   ④傾斜した理由が判明しない



答えは最後にあります^^

なお、正解者の中から私の独断と偏見により
な、なんと1名様に10日間のイタリア旅行をプレゼント!!

な~~んて企画だったらいいけどなぁ~~~^^(笑)




  



IMGP0533.jpg 
 

さ~~て気を立て直し、お話の続きです。
登り切った頂上にはこんな大きな釣鐘が。 
   
 




 

mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm







 

IMG_0055.jpg 

この日のランチはこのレストランです。





 

IMGP0555.jpg 
 

店の入り口にあった、きのこです。
すっげぇ~大きいです。
肉厚でめっちゃ美味しそう!





 

IMGP0551.jpg 


これはボルチーニ茸のパスタです。

えぇ~~っ! きのこがないじゃん。

そうなんです。私のテーブルには何故かこんなみじめな
姿のパスタがぁ~~

他のテーブルにはちゃんと、ボルチー二茸がありましたが^^

う~~ん、旨い!






IMGP0554.jpg 
 

そしてこれはチキンのトマト煮です。
柔らかくて、めっちゃいい味してました。
トマト味の大好きな私には、もうたまらんです^^








 

image002.png 





 

フィレンツェ

 

IMGP0500.jpg 

フィレンツエ市街の丘にあるミケランジェロ広場から
眺めた風景です。
陽も落ち、そろそろ黄昏になる時刻です。
右側にはドゥオモが見えます。









 

IMGP0558.jpg 
 

どうも。どうも~~^^・・・・・  ドゥオモです。
実に百十数年もかけて造ったゴシック建築の大聖堂はみごと~!
 ただ、ただ見とれるばかりです^^

白やピンクや緑の大理石を、幾何学的にあしらった
外壁がめっちゃ美しい大聖堂です^^






 

IMGP0547.jpg







 

IMGP0586.jpg 
 

アルノ川に架かるフィレンツェで最古の橋、「ヴェッキオ橋」です^^
橋の両側には彫金細工の宝飾店がびっしりと並んでいます。






 

IMGP0504.jpg


黄昏時のヴェッキオ橋を望む風景です。
一日の中で、一番心おちつける時刻ですね。
時間が止まってしまったような静寂なひと時。







IMGP0510.jpg 


ミケランジェロ広場では絵描き屋が似顔絵を描いたり、
絵を売っています。






IMGP0582.jpg







IMGP0605.jpg 


フィレンツェの街の様子です。
すっかり暗くなり、みな夕食や酒を飲みに集まってきます。
外国人はなぜかオープンテラスが大好きのようです。
ちょっとくらい寒くても、へいっちゃらぁ~です^^


外国人ってほんとワイルドだなぁ~~~!


少しくらいの雨なんて、傘もささず歩いていますからね^^
また信号なんてあってないようなもの!
赤信号でも車が通っていなかったら
平気で渡っていきますからね^^





IMGP0592.jpg







IMGP0602.jpg 


フィレンツェでの夕食は、まずはこんなパスタからです。






IMGP0603.jpg 


そしてこれは「ビステッカ」です。
骨付きの牛肉を網に挟み、炭火で焼いたものです。
塩味だけで仕上げた肉が旨いの、旨いの~~^^

☆ ☆ ☆~~~^^






IMGP0604.jpg 
 

デザートです。








image002.png 







オルビエート

IMGP0613.jpg 


オルビエート国鉄駅からケーブルカーに乗り
ほんの2分程度で中世の面影が残っている街「オルビエート」に到着!
オルビエートの街は全体が丘の上にあり
自然の城壁に囲まれた街です。

この街は人数も少なく、ゆったりとして心落ち着きます^^
こんな街でしばらく暮らしてみたいなぁ~~^^
という気分になります。





IMGP0635.jpg 
 

小道が入り組んだ街並みです^^
横道に入ると、思いがけないステキな空間が・・・・・・
買い物帰りの途中なのか、乳母車を止め
子供をあやす女性が。
実に穏やかな、静かな時間が流れていますね^^






IMGP0625.jpg







IMGP0616.jpg 


土産物店です。
大、小と鮮やかな色の皿が並んでいます。





IMGP0623.jpg







IMGP0630.jpg 






 

image002.jpg 




 

問題の正解は

③地盤沈下によってです。


粘土と砂の地盤が不均質であったのが原因のようです。
塔の南側の土質が特にやわらかいため
南側に沈下してしまったようです。


修復工事を何回か重ね、こうして塔の中に入れ
登れるようになったようです。
でもこの塔は傾斜しているからこそ興味を抱き
人気あるスポットとなっているんですね^^

立て直して真っ直ぐしたら「ピサの斜塔」
ではなくなってしまうので・・・・・・微妙です^^(笑)





※長くなってすみません^^
これで終わるかと思っていたのですが
まだ終わりませんでした。
パート3がありますので、よろしかったらどうぞ見てください^^


























スポンサーサイト