つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



長唄の会へ~~♪
IMG_2849.jpg  
〈今日の絵〉雨の日の午後







IMG_0599.jpg 




IMG_0603.jpg 

国立劇場で行われる長唄の会があり行ってきました。
三世今藤長十郎 生誕百年を記念して行われる
”今藤会”による演奏会です。

ブロ友のタカ子さんが出演します。
チケットを2枚頂いたので、家内と共に。 
タカ子さん、ご配慮ありがとう^^


 

すっげぇ~~!生誕100年かぁ~~~^





ところで私のこのブログ今日で
生誕2周年となります^^

時の経つのは早いです!
たくさんの方のご訪問!
そしてコメント!いつもありがとうございます^^
これからもよろしくね~~~^^





IMGP4338.jpg  






IMGP4340.jpg 

タカ子さんの出番はプログラムの初めの頃です。
お題目は「外記猿」と「梅の栄」です。
 

「外記猿」は三味線で。そして「梅の栄」はお唄での出演です。
「外記猿」の演奏は総勢80名くらいの人数なので
タカ子さん自体の演奏は聞くこと出来ませんでしたが
「梅の栄」はタカ子さんが一人で唄うパートが
いっぱいあったので、バッチリ聴くことできました^^
声のよく通ったいい声、上手でした。


顏からは想像できない唄声ですよ~~^^(笑)
つーか、長唄ですからね。
やっぱあのような声でないとね^^ 





長唄って言葉はよく聞くけど
一体どんなものなのか?ってよく知らない人が
多いのでは?


長唄は江戸時代に生まれた歌舞伎の演奏音楽です。
浄瑠璃ってありますが、これは物語を語るもので
長唄は物語ではなく唄です。

浄瑠璃の中に各派があり、義太夫とか清元、
常磐津、新内などがあります。


それでも分かんねぇ~~なぁ~~~^^
という方のためにこれアップしたので聴いてみてください^^





長唄 「舌出し三番叟」です。



 
IMG_1848.jpg 
 
国立劇場のキャラクター人形
”くろごちゃん”です^^
こんなゆるキャラがあったなんて、初めて知りました^^




 
IMG_1842.jpg 


タカ子さんの演奏が終わってすぐ
楽屋へいき挨拶を!
と思い、急いで楽屋へいったが、いませんでした。
楽屋の廊下には芸奴さんが、話す京都弁が。
今日出演する芸奴さんたちでしょうか。


探した結果、ロビーの方にいるとのことで、ロビーに直行! 

 
いました!いました!
 

タカ子さんと会うのは2度目です。
昨秋、私の個展を観に来てくれたので。


そしてその後、ランチをとることにし
会場をでて外にあるレストランへと^^



IMG_0627.jpg 

会場を出て、地下鉄半蔵門駅に向かう途中にある
”麹町カフェ”と言う店でランチしました。
外階段を上がっていきます。

カフェといってもランチやディナーもやっています。
この店は化学調味料を使わない
オーガニックにこだわった料理なんです。




IMG_0610.jpg 

ランチメニューからパスタランチを注文!
まずでてきたのが、グレープフルーツなどが
入ったスムージー。
爽やかで美味しい~~!




IMG_1814.jpg 

サラダはいたってシンプル!
つーか、みじめ~~!
まぁ、仕方ないか^^ 1500円のランチセットだもんな!

サニーレタスとにんじんのサラダです。



IMG_1816.jpg 

パンにペースト。
このペーストがまた美味しい~~!



IMG_1821.jpg 
 
そしてメインのパスタ!
牛挽き肉のトマト煮込みボロネーゼタリアテッレ。
ちょっと太目でモチモチした食感がめっちゃグー!
パスタはタリアテッレやフェトチーネとか
ちょっと太目もいいですね^^



IMG_1801.jpg 
 
満腹!満腹!
腹もいっぱいになったし、ちょっとあたりを散歩しました。
閑静な住宅街で人影も少ない、
絶好の散歩道でした。


今日は一日中、国立劇場で長唄を聴きます。
って、ずーっと会場で聴いているわけではありません^^
こうして、外をぶらぶら散歩したり
会場内にある喫茶店でお茶したりです。

って、もしかして長唄聴いている時間より、
お茶したり散歩したりのほうが多いかも^^あはははぁ~

最後の特別出演での松本幸四郎、
それに坂東三津五郎、市川染五郎。
これを絶対観なくては帰れねぇ~~!



一日中客席にいたらもう大変!
腰が痛くなり身体おかしくなっちゃうかも~~^^

また長時間、会場で演奏を聴いていると
何故か普段はでない咳がでたくなったり。
めっちゃ、焦ってしまいます。
でないように抑えよう!抑えよう!
とすればするほど咳がでてしまうもんです。

案の定、今日も何処かで咳き込んでいる人がいます。

「ゴッホン!ゴッホン!ゴッホン!」

静かな会場内に響く音。

ヤバいです^^




オナラがでたくなったらばぁ~~~?

これは大丈夫^^音が小さいので。
たまにいますね^^
くっせぇ~のが近くから臭ってくるのが。
音がしないからおそらく「スカシッペ」やってんでしょうね^^
アハハハァ~~困りますね^^


って、私も経験あり~~!^^



あぁ、そうそう。
宇宙でオナラをすると、めっちゃ臭いんだとか。
地上だと空気に混ざって、臭いも拡散されるが
宇宙空間では空気と混ざらないので 。
無重力なので、やったオナラはその場にとどまっていて
漂うのでいつまでも臭いんだとか。

 
それに水素やメタンガスが含まれているので
船内にある電気関連のものに接触し
ガス爆発する恐れもあるようなので。
宇宙船内ではオナラは厳禁とか。
ちゃんとトイレとかでするそうです。


なんか長唄とは関係ない話に
なってしまいました。~~失礼!






IMG_1838.jpg 


       




 IMGP4344.jpg 

 
いよいよ松本幸四郎さんたちの出番です^^

まずは市川染五郎さんが「藤船頌」で
小鼓を打ちます。


次ぎに坂東三津五郎さんが”角兵衛獅子”
を踊ります。


そして最後が三世今藤長十郎さん作曲の
”月”を松本幸四郎さんが踊りました。
静かなめっちゃいい曲に合わせ、しっとり舞う
幸四郎さんの姿がステキでした。


今度、歌舞伎観に行こう~~~!



幸四郎 
松本幸四郎さんです。

※ッ写真はお借りしました



IMGP4335.jpg

これ、タカ子さんから頂いちゃいました。
虎屋の羊羹でした。
虎屋の羊羹は高いので、なかなか自腹では買えません^^
食すのは、いつも頂きものですね。

タカ子さん、ありがとう^^
 

スポンサーサイト

にんげんだもの~~
IMG_1716.jpg 
〈今日の絵〉ハナミズキの咲く頃








IMGP4203.jpg 

銀座に用事があり出かけました。
そのついでに東京国際フォーラムの地下にある
相田みつを美術館へ寄ってきました。








相田100

ちょうど、昼時!
近くのオフィスのサラリーマンやOLが移動車で
弁当を買う姿が あちこちに見えます。

美味しそうな弁当!
腹がちょっと減ってきたが、グーっと我慢して
横目で見ながら、まず相田みつを美術館へと直行! 





相田200 

ここ相田みつを美術館は以前から
行こう!行こう!と思いながら来れなかったところです。





人間だもの 

相田みつを氏の書と詩は何故か心にグーっとくるものがありますね。
何故なんだろう?
きっと人間だれもが抱いている思い、
そう、人間の本質をついているからなんでしょうね。


彼は若い頃には書のコンクールで優勝し
凄い腕をもっていたとか。
それが従来の書に納得いかず、一からやり直し
自分の書きたい独自の書を追求したそうです。

しかしその書は、書壇からそして世間から受け入れられず
苦難の長い時期を過ごしましす。
その期間も彼は書と詩に没頭し、他に仕事はせず
時々、個展を開き、その売上げとか、ろうけつ染を学び
のれんなどを作り売っていて生計を立てていたそうです。
当然家庭は貧乏!
家族は8畳一間での生活!
しかし書をするためには、30畳のアトリエという!

な、なんじゃぁ~~!これはぁ~~!
せめて6畳っていうのが妥当では~~?
一体家族はどうなっちゃうの?

彼は書に関しては妥協を許さず、道具も
良いモノにこだわっていたそうです。


そんな長い貧困生活が続くなか、1974年に
紀野一義氏のベストセラー「生きるのが下手な人」
に紹介されたのをきっかけに、彼の名が世間に
知られるようになり、さらに1984年、
彼が60歳の時に出版した 詩集「にんげんだもの」
が売れだし ベストセラーとなりました。
 
67歳で亡くなったので、ずいぶん遅くに
彼の作品は世に認められ、受け入れられたんですね。







IMGP4258.jpg 

彼の詩が書かれたポストカードを買ってきました。
たくさんあった中で、この3点の詩がお気に入り!

「一生感動  一生青春」

いいですね^^こうありたいですね。


「しあわせは  いつもじぶんのこころがきめる」

これまためっちゃグーッときますね^^

そうですよね。他人がきめることではないですから。
本人が幸せと感じるなら
それが本当の幸せだと思いますね。



こんな短い言葉で、心にグーッと響かせる
彼の詩に触れ、あらためて彼の詩に感動されました。 







 
mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm







IMGP4255.jpg 

ランチは国際フォーラム内にあるフレンチレストラン
”ラ・メール・プラール"に行きました。
赤でまとめられた、粋でめっちゃおしゃれな造りです。

このレストランはあのフランス、サンマロ湾に浮かぶ
小島にある城。世界遺産の「モンサンミシェル」!
日本の観光ではめっちゃ人気スポットですね。
私がフランスを旅行していた頃は
日本でこんなに騒がれてなかったんですがね。


その地で1000年の歴史と伝統を受け継いだ
レストランがここ銀座に2年位前にオープンしたんです^^

よっしゃ~~!行かねば~~!そして食わねば~~!
あの話題のオムレツを^^






IMGP4257.jpg 

店の看板は創業者のプラールおばさんです。 






IMGP4227.jpg 

店内はオシャレで落ち着いた感じのステキな雰囲気です。




IMG_1735.jpg  

ランチコースメニューを注文!
2パターンあり、その一つです。
オムレツコースです^^

最初はサラダ。野菜だけの「ベジタリアンサラダ」です。
極シンプルにオリーブオイルのかかったサラダです。 
    
  





IMG_1740.jpg 

出ましたぁ~~~~!
あの有名な「ふわふわオムレツ」  

で、でっかい~~!

まず驚くのがすごい大きいサイズ。
画像ではちょっと分かりませんが、
半端ない!めっちゃ大きいです。

中身はなにも無し!
卵だけを泡立て器で泡立たせて焼いた
シンプルなオムレツです。


そして一口!

う~~ん、柔らかい。ふわふわです^^


あ、味ですか?

聞かないでください^^ 
     
    





 
IMGP4252.jpg

 
そしてココットは!
ほうれん草とベーコンのクリーム煮です。





IMGP4238.jpg  


ポテトとパンのどちらか選べます。
家内と別々に注文。
両方が食べられるので^^





IMG_1732.jpg  

そしてもう一つは「マルミット」コース。

マルミットとはフランス語で鍋というそうです。
それに付いてくるサラダです。
サーモンと野菜のサラダです。
このサラダもドレッシングはオリーブオイルです。 
すごくシンプルな味付けです。 

 






IMGP4240.jpg 

そして「マルミット」
これは仔羊のカレー風味です。

う~~む~~、ちょっとラムの匂いが強くないかなぁ~~
オッサンの加齢臭もこれには負けそう!



で、味は?

人それぞれ、人生いろいろ!って感じ^^





IMGP4242.jpg 

そしてココットは温野菜。
何もドレッシングありません。
これって只の温野菜!

そうなると野菜が勝負。決めてとなります。



味は?

極、普通の温野菜。





で、総評は?☆いくつ~~~?


それは聞かないでください^^








ハナミズキが咲いた^^
IMG_0593.jpg  
〈今日の絵〉ハナミズキ








IMGP4058.jpg 

今年もハナミズキの花が咲く時季となりましたね。
家の近くの街路樹はこのハナミズキの花が真っ盛り!
そこでカメラを提げ、撮影に行ってきました。

この花、名前が気に入っています。
って、名前だけではないですよ^^
もちろん花自体も好きです。





IMGP4102.jpg 






IMGP4123.jpg






IMGP4143.jpg 




mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm




IMGP4186.jpg 

これはイラストレーター”吉田カツ”氏の作品です。
大胆な生き生きとした線がすごいエネルギーを
感じます^^

吉田カツ氏はデザイナー、アートディレクターを経て
1970年代後半ころよりイラストレーターとして活躍!
1980年代の映画雑誌「シティー・ロード」の
表紙イラストを一時描いていました。






IMGP4188.jpg 

 
これもまたまた、すごい生命力あふれる
エネルギッシュなイラストですね。

「吉田カツ」氏を知らない人もこれ↓は
目にして知っている人は多いのでは^^





マーク200 

そうです!これです。
左はフジサンケイグループのシンボルマーク
フジテレビの目玉マークです。
そして右がキリン一番搾りのCMにでてくる
喜ぶ顏のマークです。


な~~んだ!これかぁ~~!
と思われた方も多いのでは。
そうなんです。これなんです。
 

このマークは彼が作ったものです。
デザインは絵の具のチューブから
直接描かれたものです。
こんなマークにも彼らしいタッチが見られます。


これで吉田カツを知らなかった人も
ちょっと親近感が持てるようになったのでは?

ではもう何点か、彼の作品をアップしたので
見てくださいね^^





IMGP4193.jpg 






吉田カツのサクセス 

これは彼のイラスト集「セクサス」のイラストです。





吉田カツのサクセツ 






吉田カルのぬいぐるみ2008年 

これはちょっと今までの作品とは変わっていますね。
彼の2009年の個展に出品した絵画です。

「ぬいぐるみ」 2008年の作品です。






吉田カツのマイアミの、2006年 

「マイアミの」 2006年の作品 
 







吉田カツ菜の花  


「菜の花」 2008年の作品です。







吉田カツの色、彩り2008年 

「色・彩り」2008年の作品


後記になってしまいましたが彼は2011年12月に
肺気腫により亡くなられています。
享年72歳でした。
とても残念でなりません。

数多くいるイラストレーターの中でも
とりわけ私の好きな人でした。
 








   







   







   















苺飴から話しが飛んで、へクションー^^
IMG_1119.jpg 
〈今日の絵〉午後のティータイム








IMGP4054.jpg 

yoyoさんのレシピから甘~~くて美味しい
苺飴を作ってみました。

これまた簡単!そして美味しい!
いちごをこんな風にすると、レストランにでてくる
〆のデザートのようにお洒落な感じになりますね。 





IMGP3997.jpg 


これはクルミです。
まずグラニュー糖に水を加え中火で煮詰めます。
琥珀色の水飴状態になったら火を止め、
苺を水飴にからめ、細かく砕いたクルミを
振り掛けてみました。
クルミがちょうどあったので^^

は~~い!これで出来上がり~~♪

クルミを振り掛けるには、手早くやらない
と直ぐに水飴が固まってしまうので、
クルミが苺に引っ付かなくなってしまいます。
そこのところが決めてかも^^







IMGP4010.jpg 

簡単でめっちゃ美味しい苺飴の出来上がりです。
詳しくはyooyさんのブログみてくださいね。

yoyoさん、美味しいレシピありがとうございます^^




mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm





琴イメージ 






琴爪山田流 

前回は琴の楽譜について勉強しましたね^^
つーか、勝手にお話しただけですが。(笑)

今回は琴を演奏する時、指にはめる爪についてです。
右手の親指、ひとさし指、中指の3本に
上にある琴爪をはめます^^

因みに、これも山田流と生田流では形が違います。
上の写真は山田流の爪です。


写真はお借りしました。



琴爪生田流 

そしてこの琴爪が生田流です。
山田流の丸爪とは違い角爪です。
爪の形が違うことにより、弾き方も違ってきます。

写真はお借りしました。



IMGP3994.jpg 

指に爪をはめ演奏しますが、そのうち緩んで
爪が外れそうになり、演奏しにくくなるので
爪の輪に卵白を塗ります。
この方法は琴を習い始めた時
先輩から聞いたやりかたです。
ほとんどの人が卵白を塗っていました。

私もず~~っと、卵白を塗っていたんですが
最近上の写真のヤツを使っています。

「つめ美人」といってこれを卵白かわりに塗っています。

これを塗り、いざ演奏する前に指を「ペロリ」となめ
爪をはめます。

この行為、最初は驚きました。
老若男女みな演奏する時、指を「ペロリ」
となめるんです。
美人が指を口にくわえ「ペロリ」する姿は、
ちょっとガッカリしますね。
非衛生的で下品なこんなことするなんて!



ペロリ」でちょっと話は広がってしまいますが
この擬音語、擬声語っておもしろいですよね^^
そして擬態語も。




おもしろいので、ちょっとこれらを使って
文を書きますので。 


 
昨日は生憎の雨。
 
しとしと降る雨の中を、いそいそと出かけました。

琴の合わせ稽古があるんです。

このところのんべんだらりと稽古やっていたので

皆と合奏するとなるとドキドキハラハラひやひやでした。

自信なくおどおど演奏していたら

なかなか合わず、皆、てんでんばらばらの音を出し

終いには先生もムカムカしてきたのか

ぼやぼやするんじゃねぇ~~!
 
とは言わないけど、カンカンになり怒り出し

こっぴどく叱られました。

もうプライドもズタズタにされてしまいました。

そんなこんなで稽古はえんえん8時間もかかり

もう腹はペコペコ

家に帰っても飯はなく、仕方なくお茶漬けをサクサク^^

あぁ~~めっちゃ疲れたぁ~~~ ^^

もうへとへと!身体ボロボロ

ベットに入ったらバタンキュー


な~~んて感じになります。
擬音語や擬態語を使って書くと、もろリアルな感じになりますね^^


動物の鳴き声などを言葉にすると
各国それぞれ違いますね。

日本では犬の鳴く声は「ワン、ワン」
それがアメリカだと「バウ ワウ」
ロシアでは「ガフ、ガフ」だそうです。

にわとりは「コケコッコ―」ではなく
アメリカでは「コッカドゥルドゥー」
イタリアではなんと「キッキリキー」です。



またクシャミする音も各国それぞれめっちゃ面白いです!

我々は「ハクション」とか「へクション」ですが
アメリカでは「アチュー」。イタリアでは「エーッチッ」
「エッチ」ではないですよ~~(笑)
ロシアでは「アプチキ」ですからね。

国によってそれぞれ聞く耳が、こうも違うのかと思うと
なんか不思議なようにも思えますね^^



「ヘックション!」

これ今、加藤茶さん真似でやってみました^^

では、またねぇ~~^^
 





えぇっ~~!マジかよぉ~~!
  IMGP3924.jpg
〈今日の絵〉さくら・さくら








IMGP3895.jpg 


レモン風味のココナッツのお菓子”Rochers de coco au citron"を
作ってみました。これはブロ友のyoyoさんのレシピからです。
yoyoさん曰く、「ココナッツの好きな方、絶対美味しいですから
騙されたと思って、作ってみてください」とあったので
こりゃぁ、美味しいに決まってる!
と思い早速 ココナッツパウダーを買いにいきました。


作り方も簡単です!と言っていました。
ほんと、ほんと混ぜて焼くだけ^^

ココナッツパウダー、グラニュー糖、粉糖、卵白、
レモンの皮の卸しをボールに入れよく混ぜます。
それを適当の大きさに丸め、オーブンで焼くだけです。


 


IMGP3844.jpg 

混ぜ合わせたものを丸めて形を整え、
これからオーブンで焼きます。
175℃のオーブンで17分位焼きました。





IMGP3914.jpg 

焼きあがったものです。
レモンとココナッツの香りがプ~ンとして、
めっちゃ旨かった~~!
yoyoさんがぜひ、とお奨めするのが納得です^^


yoyoさん、美味しいレシピありがとうございます^^
詳しいことはyoyoさんのブログを見てくださいね^^





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm






琴イメージ 

先週の土曜日から琴の稽古は新しい曲になりました。
”長恨歌”と言う曲です。
これまた、めっちゃ難しい曲です。
”熊野” ”葵の上” と続き難しい曲続きです。
 





IMGP3825.jpg 

先生が昔使われた楽譜をコピーさせて頂きました。
28ページありました。
前回の曲 ”葵の上” は確か42ページあったから
それに比べればまだ少ないですが~~

”葵の上” が、これ凄すぎ~~!でしたね^^
比較にならない圧倒的なページ数!

それにしても先生が昔、勉強された形跡が
はっきりと残っている箇所がいっぱいです。
いやぁ~~、感激しますね^^



最後のページに〈S.55.5月〉と書かれてありました。
う~~ん、ずいぶん前に教わったんですね。


う~~~ん、それにしても見ずらい楽譜だなぁ~~!
そこいらじゅう、訂正だらけ^^







IMGP3830.jpg 

楽譜拡大してみましたので、ちょっと見てくださいね^^
見ろっていわれてもなんだかさっぱり分かりませんよね。


まず一番上の段に書かれているのが琴のパートです。
次の段は唄のパート、そして3段目、一番下は
三弦のパートです。


琴を弾きながら唄を唄います。
ということは1段と2段の楽譜を同時に見なければなりません。
って、詳しくは3つ同時に見て演奏します。
琴と唄符と歌詞との3つです。
琴の旋律と唄は違う旋律です。
これを同時にやるってことは、
これまたけっこう難しいです。


琴は13弦あります。向かって遠くの弦が一、
そして二、三、四~~~~~~斗、為、
一番手元は巾となります。
譜面に載っている数字はこの弦を指しています。
 
因みにこの楽譜は山田流です。
生田流はまた違っていて
縦書きの楽譜となります。


あぁ~~!説明するだけでもう、疲れちゃいますね~~^^

って、初めて見ている方はもっと疲れちゃうかぁ~~(笑)




IMGP3834.jpg  

これなんじゃぁ~~い!
もう一曲同時進行で教わる曲です。


マジかよ~~~~!
先生~~~!勘弁してよ~~! 








  









春爛漫~~♪
IMG_0585.jpg 
〈今日の絵〉桜路








IMG_1522.jpg 

青梅線西立川駅を下車し、歩いてすぐ。
昭和記念公園は今、桜が満開でした。
都心ではほとんど散ってしまった桜も
ここでは今、散りかけています。

これで今年は2度の花見です。
こんなこともあるんですね^^ 


しかし一度も花見に行けない年もあるというのに。
つーか、桜が何時咲いて、何時散っていったのかも
気が付かない。
な~~んてこともあったからなぁ~~^^





IMG_1572.jpg 






IMGP3768.jpg 






IMG_1555.jpg 






IMGP3760.jpg 

園内にはチューリップも満開です。
赤、白、黄色プラス紫と、色とりどり!





IMGP3793.jpg 

桜の樹の下は紫色のジュータンです。
ムラサキハナナです。花大根ともいいますね。
花の形が大根の花に似ていることからだそうです。





IMGP3787.jpg 






IMG_1533.jpg 






IMGP3800.jpg 

桜と菜の花!今や春爛漫~~♪

な~~んて聞くと、パッと頭に浮かぶのが日本酒!
一杯やりたくなっちゃうのがこの私。
今は「千寿か万寿」が飲みたいですね^^
ちょっと値段は高いけど、飲み心地、酔い心地最高!
またこれをかなり飲んでも、なぜか2日酔いしない!
ってのがまたいいですねえ~~^^



「まっちゃん、まっちゃん。」


桜の花の下で飲み会をやっている人たち。
その中から大きな声で「まっちゃん、まっちゃん」
と連呼する声が。



「まっちゃん、よう、まっちゃん!」


大笑い!
ブロ友の名前でした。
でもこのオジサンが呼ぶ「まっちゃん」は
どうやら男の人のよう。
ブログの「まっちゃん」は女性!多分?(笑)
まだ、会ったことないので^^
いつもガハガハ~~ン!と笑っている人です。


そのオヤジさん、かなり酔っているようでした。
今回飲み会はやらなかったけど、
飲み会もいいですね~~^^





IMGP3795.jpg 

園内にある日本庭園です。





IMG_1612.jpg 

池には小さな島が^^
これ見てパッと気が付いた人!
なかなか鋭い感覚の持ち主ですね^^

ひらめきがなかった人に、ちょっくらヒントを~~
①電話 ②いにしえのキッチンにあった物。
これくらいで分かると思いますが。

答えは下の豚に聞いて下さい^^





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm 
 






IMGP3704.jpg 

新玉ねぎを使って料理してみました。^^
まず、新玉ねぎのフライです。

これはブロ友のpaganiniさんが作ってアップされたのが
めっちゃ美味しそうだったので、作ってみました。
この新玉ねぎの揚げ焼きにアボカドの
タルタルソースも作って見ました。
タルタルソースとオーロラソースのマカロニサラダにも
新玉ねぎを使ってみました。

う~~ん、新玉ねぎ、甘みがあって、柔らかく
めっちゃ美味しいです。




豚 
答えは「」で~~す^^






桜とあんみつ
IMG_0581.jpg 
〈今日の絵〉春の香り








桜イメージ 

2~3日前はほとんど蕾だった桜も
この暖かい陽気で、あっという間に満開です!

早いですね~~^^

この早さには驚きましたね^^


ネットでこの情報を知り、早速近くの桜の名所へ
その満開に咲く桜を見にいきました。




宮城道雄作曲”桜変奏曲”
13弦筝と17弦筝の合奏曲です。





 
IMGP3511.jpg 

ほんと、みごとに咲いていました。
ほぼ満開ですね^^
桜の花^^やっぱ良いですね。大好きです^^

この桜の花ってめっちゃ絵にしたいなぁ~~^^
なんていつも見るたび、そう思うのですが
いざ、描いてみるとなかなか思うように描けません。

でも、描きたい花なんですよね^^



桜とは関係ないんですが、やっと筝曲の稽古曲
”葵の上”が先週で終わりました。
確か去年の10月に初めてから6ヶ月経ちましたね。


すっげぇ~~スピード! 


1年位かけて稽古するような曲です。
それを半年で!

超スピード!

なんか先生も途中で飽きてしまった感じ^^あはははぁ~


 
この曲、山田流の奥歌曲「四つ物」のひとつで
とても難しい歌ものの曲です。
そして長い曲ときて、なかなかのくせ者です。


最後の2~3ページは、ありゃりゃ~~!
てな調子で終わってしまいました。
もちろん私は不完全で終わりとなってしまいました。

またいつかこの曲を稽古する時がくる時
頑張るぞぉ~~!
今度はガチで稽古だぁ!



次の練習曲はどんな曲なのだろう?
なんか”夕顔”なんて曲どうでしょうか
という声があがっていますが・・・・・


先日、源氏物語の”夕顔”を再読したので
少しは自分なりの感情移入もできるのでは^^



IMGP3468.jpg  





IMGP3479.jpg 






IMG_1382.jpg 

川沿いに菜の花も咲いていました。
桜に菜の花・・・・・これってほんと春の代名詞のような光景ですね。
菜の花も素朴で、これまた大好きな花ですね^^




IMG_1390.jpg





IMGP3530.jpg 





IMGP3509.jpg 







IMG_1409.jpg 

川に架かる橋です。
この橋の鉄柵にも桜の花がありました。






IMGP3554.jpg   





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm





笹団子のあんみつ

IMGP3637.jpg 

沖縄旅行で買った八重島の黒糖と新潟の叔母から頂いた
笹団子を使って、笹団子のあんみつを作ってみました^^


IMGP3660.jpg 

八重山の黒糖です。
甘くてそれでちょっぴり塩味もきいていい感じの黒糖です。
この黒糖を鍋に入れ、水を少量入れ煮たて
蜜をつくります。



IMGP3644.jpg 





IMGP3632.jpg 

寒天を作り、固まったら冷蔵庫で冷やします。
冷えた寒天をサイコロ形にカットし
バナナ、オレンジ、いちご、キウイフルーツを加え、
更に笹団子を加えハ~~イ!出来上がり~♪
甘~~いみつをかけて食べました。


「よ、よよよぉ、 んむむむ、 う~~ん^^」


笹団子と甘~い蜜でめっちゃ美味しいです^^