つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アルパコンサート~~♪

バラたて 
〈今日の絵〉五月のバラ





メイン1 

アルパフェスティバルへ行ってきました。
友達からチケットを頂きました。
Aさん、ありがとう~~^^

このアルパの演奏会は2年ほど前に
一度、聴きにいったことありまして、
今回で二度目になります。



ルシア塩満さん(写真上)が率いる
オフィス・アルぺジオ主催のコンサートで
今回で24回目!
毎年開催されているようです。


 

ルシア塩満さん演奏の「バラホテル」です。
とてもいい曲です。
ちょっと聴いてくださいね。
今回のステージでもこの曲を演奏しました。



アルパはクラシックハープと似ていて
ハープより少し小さくて、ペダルがありません。
弦は通常37本!
主に中南米で弾かれる民族楽器です。




アルパは爪ではじくように演奏します。
右手でメロディー、左手で伴奏リズムを刻みます。

そして何と楽譜が無いのです。
楽譜が無いので全て耳で覚えるそうです。


こりゃぁ、大変!


そう、そう、琴も昔は楽譜が無く
やはり、みな耳で聴いて覚えていたそうです。
でも今はちゃんと楽譜がありますが。


アルパは今でも無いそうです^^
何で楽譜を作らないのだろう?





IMG_2560.jpg 






IMG_2558.jpg 

会場入り口です。






IMGP5127.jpg  




IMGP5139.jpg

今回は特別ゲストとして「マルティン・ポルティーリョ」さん
が出演しました。

彼は12歳からアルパを始めたそうです。
そして何と15歳で先生の資格を習得!
パラグアイでは、ちょっくら有名な
アルパ奏者だそうです。

言うまでもなく、その腕前は確かです。
今はアルパのソリストとしてヨーロッパや
日本で数多くのCDを制作。
また若手奏者の育成にと頑張っているようです。


いうまでもなくすごく達者な演奏をする方です。
彼のユーチューブが見当たらなかったので
お聴かせできないのが残念です^^




そしてルシア塩満さんは幼少の頃に
パラグアイで生活し、その時に聴いた
民族楽器アルパの音色に魅せられて
アルパを習い始めたそうです。
1975年にプロ演奏家となり、以後アルパ奏者
として国内外で活躍されています。



このフェスティバル、何と4時間もの
長~~~い、演奏会でした。
最初、ちょっぴり睡魔に襲われ
コックリ! な~~んてありましたが。

いびきの心配無用!
何故かいびきはかかなかったようです。
と、家内が言っていますので。(笑)


何と第3部まであり、初めの1部は
生徒さんたちの演奏であったので
ちょっぴり居眠りしてしまいました。

すんまへ~~ん!^^






IMGP5101.jpg  

アルパを聴く会場の近くの理容室に
こんなお知らせが貼ってありました。

笑ってしまいました^^
ずいぶん詳しくお家事情を知らせるんですね^^

どうやら娘の結婚式に参列するため
休店するらしいです。
ここまで詳しく知らせるのって、初めてみました。

普通なら「都合により休業させていただきます。」
だけなのに、こんなに詳しく。
オヤジさん、よほど嬉しかったのでしょうか?

うちの娘、いい歳にもなってまだ結婚しない^^
そんな思いでず~といた父親が
嬉しさのあまり、このような言葉の休業お知らせ
となったのでしょうか? 






 








スポンサーサイト

新緑信州の旅~~パートⅣ
IMG_0652.jpg 
〈今日の絵〉新緑の見える囲炉裏






最終は新緑の木曽路の旅です。
宿を早朝でて、JR松本駅から中央西線に乗り
奈良井駅まで行きました。
そこからまず奈良井宿を歩きました。

奈良井宿

IMGP4799.jpg 






IMGP4802.jpg 

奈良井宿は中山道木曽路11宿のうち、北から2番目の
宿場町です。
木曽路一番の賑わいをみせた宿場町で
千本格子や出梁造りのなどの民家が約1km
に渡り軒を並べています。


奈良井に着いたのが朝8時半頃。
通りはし~~んと静まり
観光客はほんのわずか!

こんな通りを歩いていると、江戸時代の人々の
旅する姿が想像されます。


実は今回の旅で一番来たかったのが
この木曽路宿場町散策です。


もう、かなり前からその夢はあったのですが
なかなか実現できず、今日に至ったわけです。


それはある1枚のグラビア写真を見たのが
きっかけでした。
木曽路妻籠宿だったかも^^

自分でも上手く言い表されないんですが
何しろすごく、その風景に魅かれてしまいました。


つーわけで、木曽路歩きはルンルン気分での始まりです^^






IMGP4838.jpg 

こんな通りをブラブラしていると
ようやく玄関先を掃除している住民の姿が
ちらほら見えてきました。


奈良井宿の朝は意外と遅いのに驚き!
だいたい田舎の朝は早いのでは?
新潟の実家に泊まると、めっちゃ目覚めが早く
そのせいか午前中のえらい長いこと。

都会の日常生活では、午前はあっという間に過ぎて
夜が長い!

これって私だけの生活かもしれませんが^^
都会でも早起きの方もいますけどね。





IMGP4813.jpg 






IMG_2343.jpg 

鍵の手というところの角に道祖神がありました。
これは握手像です。
おりしも吹く風に桜吹雪が舞い
日本昔話にでてくるような光景となりました。





IMG_2355.jpg 

奈良井川に架かる”木曽の大橋”です。
橋脚のない橋としては日本有数の大きな橋です。
アーチ型のめっちゃ優雅な橋ですね^^






IMGP4851.jpg 

ちょっと山坂を上っていくと二百地蔵があります。







馬篭宿

IMGP4857.jpg 

木曽路11宿のうち一番南にあるのが
ここ馬篭宿です。
石畳の坂道を上っていくと道の両側に
江戸情緒あふれる建物が並んでいます。





IMGP4894.jpg 






IMGP4867.jpg 






IMGP4889.jpg 

藤村記念館です。
島崎藤村の小説ってほとんど読んでいません。 
多分、”夜明け前”くらいかも^^
しかし内容はほとんど記憶にないんだけど。


あぁ~!でも藤村のこの詩だけが
何故か今でもハッキリ 覚えています。
学校の授業で習いましたね^^


「小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ
緑なすはこべは萌えず 若草もしくによしなし~~~ 」


あとは覚えていないんです。
そして最後だけ、また何故か覚えているんです。


「濁り酒にごれるのみて 草枕しばしなぐさむ 」

この最後の句、今、大人となっては
めっちゃ理解できますね^^

入館無料ではありませんでした。
つーことで、藤村記念館は通り越して
先へと歩き続けました。
 
へんなところでケチるんです^^






大黒屋1 

昼は蕎麦にしました。そして
「大黒屋茶房」は馬篭名物”栗こわめし”が美味しい
と聞いたので入ることに。
 

そしてこれもまた外せません。
蕎麦です^^
信州のなかでも木曽はそば処なんです。
やっぱ、冷涼な気候と美味しい水がありますからね。
 

天ぷらそばと栗こわめしを注文!^^

う~~ん、この栗こわめし
めっちゃ美味しいです!







IMGP4897.jpg






五平餅1     

そして出ました~~~!五平餅!
ご飯をつぶし丸く握り、クルミ、えごま醤油のタレを
塗り、焼きあげたヤツです。
丁度いい甘さと 、何と言っても香ばしさが抜群! 


これも木曽路にきたら、ぜひ食べたい一品ですね^^ 






 

妻籠宿

IMGP4942.jpg 

最後に訪れたのが、中山道69次ぎのうち
江戸から数えて42番目の宿場、妻籠宿です。
ここは今回訪れた3つの宿場町でも
何か一番ひっそりとした感じです。







IMGP4931.jpg 






IMG_2423.jpg 






IMGP4936.jpg 






IMG_2434.jpg 

宿場の外れにある尾又橋です。





IMGP4956.jpg 






IMGP4955.jpg 

木曽路の旅、やっぱよかったでした。
今回は3つの宿場町を散策しましたが
奈良井宿と妻籠宿は似たような感じでしたが

馬篭宿はちょっと趣が違う感じでしたね。
坂が多く、石畳の道が雰囲気を変えているのかも^^



4弾に続く信州の旅を見てくださりありがとうございます。
  これでお・し・ま・い~~です^^

 


新緑信州の旅~~パートⅢ
IMG_8214.jpg 
〈今日の絵〉新緑の遊歩道








松本

IMGP4730.jpg 

松本城です。1594年に石川数正・康長の親子によって
建てられ、天守、乾天守、渡櫓、辰巳附櫓、
月見橋の5棟からなり、国宝に指定されています。











[続きを読む]

新緑信州の旅~~パートⅡ
IMG_0650.jpg 
〈今日の絵〉 新緑山あいの家








上高地

IMG_2185.jpg 

ホテル前に朝8時30分にバスがくるというので
探したが見つからず!

見つからないはずです。来たのはバスではなく
タクシーでした。

河童橋から大正池まで歩くために予約した会社に
今朝、行く客が私達2名だけらしく
バスではなく急きょ、このタクシーとなったそうです。


おぉ~~!ラッキー!♪


タクシーに1時間30分ほど乗り、目的地そして
出発地の河童橋に到着!
ここからは梓川に沿って歩きます^^
目的地の大正池までは約3時間のハイキングです。






IMGP4649.jpg 






IMGP4657.jpg 

桜が今頃、咲き初めています。
やっぱだいぶ寒いんでしょうね。






IMGP4659.jpg 






IMGP4661.jpg  

梓川に架かる二つの橋、穂高橋と田代橋を
渡りさらに歩きます。
この橋からは北に穂高連峰、南には焼岳が眺められ
めっちゃいい感じです。  






  
IMG_2210.jpg 

上高地帝国ホテルの近くに
こんなヤツと遭遇!


何だ、何だ!?


何回も見ても分からず^^

後にこの動物の正体が明らかになりました。

狸でした。あれれぇ~~!これ狸だったのか。
動物園で見た狸のイメージとちょっと違っていた感じ^^

上高地には色々な動物がいるようです。
カモシカ、ツキノワ熊、キツネ、猿、オコジョ、リス~~~

熊に出会わなくて良かったでした。






IMGP4667.jpg 

帝国ホテルです。
この赤い屋根が遠くに見えてきた時は
なんかホットしましたね。





IMG_2211.jpg






IMGP4681.jpg 

ホテルのロビーラウンジ「グリンデルワルト」
でお茶しました。
ウッディーな感じの落ち着ける空間です。


実はちょうど昼時ですが、ここのホテルでの
食事はめっちゃ高いんです。
カレーライスが何と約2,600円!

ちょっと私達には無理!
外でのカレーは「COCO壱」ですからね(笑)

宿泊するのはもちろん、食事も無理!
しかし上高地帝国ホテルでの食事は
以前からの夢だったので、絶対やりたい!

というわけで、安いお茶となりました。
でもお茶とケーキで1,600円です。
これまた高いですね。





IMGP4678.jpg  

これが噂のホテル特製のケーキです。
う~~ん、なかなかイケますね^^

ケーキと紅茶で一休みしました。





IMG_2232.jpg 

帝国ホテルを後にし、自然研究路を歩き
目的地へとさらに足を進めます。





IMGP4696.jpg 

田代池です。
めっちゃ美しい池の景色に歓声があがります。
水がすごく澄んできれいです。 

浅い小さな池です。
周囲は湿原となっています。

昭和50年夏に大雨で土砂が流れ込み
池の半分が埋まってしまったそうです。 
 







IMG_2240.jpg
こんな道をひたすら歩きます。



IMGP4704.jpg  

さらに山道を進むと、大正池が見えてきました。 
ちらほら雨が降ってきました。 





 
IMGP4710.jpg 

目的地、大正池です。
溜息をつくような美しいこの景色に、しばしうっとり^^

この大正池は大正4年に焼岳の大噴火で
梓川がせき止められて、できた池です。

なので”大正池”という名になったんですね。


そしてここでやっと昼食となりました。
だいぶ遅い昼食になりました。

では、近くの大正池ホテルで食事でも~~


な~~んてことはないです。
朝、コンビニで買ったおむすび2つが昼食です。

生憎、小雨も降ってきたので、傘をさしながら
立っておむすびをパクリ!


う~~ん、うっめぇ~~!


コンビニのおむすびがこんなに美味しいとは^^


何とベンチに座り、カップラーメンをすすっている
カップルもいました。





IMGP4718.jpg  

大正池で待っていてくれた先ほどの
タクシーに乗り今度は松本行きです^^
 
運転手さんけっこうおしゃべり好き!
こちらも一緒に相手してると、益々エスカレート!

疲れて眠いのを我慢していたが、もう限界!
家内と眠ってしまいました。
その後は知りません^^

いびきが気になる眠りだったような^^(笑)




※次は松本城や、街中をアップします。パートⅢもよろしくね^^ 












 

















新緑信州の旅~~パ~トⅠ
IMG_2592.jpg 
〈今日の絵〉折り鶴ラン








安曇野

IMGP4474.jpg 

あずさ3号にて穂高駅に着いたのがAM10:44分。
これから信州の旅の始まりです^^

駅前のレンタルサイクルで自転車を借り
安曇野散策はまず大王わさび農場へと向かいました。
天気は晴れてバッチリ!
やっぱ品行方正なだけあって~~!アハハハハァ







IMGP4534.jpg

すごいです!一面わさび田です。
って、わさびがな~~んも見えないんだけど^^

只今、黒いシートを張っているので、ちょっと見えませんが^^ 





IMG_2077.jpg 

黒いシートの下には、こんなに青々とした
わさびの葉が育っています。






IMGP4493.jpg 

安曇野の美しい自然が体験できる
クリアーボートに乗って、わさび田湧水群の
蓼川を水上散策します。

クリアーボートに乗って、新緑の中を
のんびり、あぁ~~、いい気持ち^^


な~~んて、てっきり思っていたのが
えらいこっちゃぁ~~!


ボートを乗るなり、ガイドの方より
途中まで皆さんも一緒に、艪を持ってこいでください^^

のんびりどころではなく、
おいっち、に~~、 おいっち、に~~!
の掛け声とともに漕がされました。

しかしユータンして帰路はのんびりできました。
すがすがしい新緑、澄んだ水の中に揺れる水草。
もう最高!






IMGP4524.jpg

途中には黒沢明監督映画「夢」の舞台になった
3つの水車小屋 があります。
 
めっちゃステキないい風景です^^





IMGP4521.jpg 






IMGP4544.jpg

清流で育ったわさびを使ったソフトクリーム!
食べたみたが、ほとんどわさびの味はナシ!
 


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm



Lunch

IMGP4572.jpg 

さぁ、昼食です。
駅前のレンタルサイクルで情報を頂いたお店
「そば処、上条」へ行きました。
なかなか店見つからず!


上の写真がお店でした。
こりゃぁ~~、ちょっと分かりませんね。
蕎麦屋というから、てっきり和のイメージを想像していました。


こりゃぁ、やられました~~!





IMGP4559.jpg 

天恵そばを注文!
この蕎麦は冷そばの上に10種類の具がのった
彩り鮮やか、そして栄養バランスのとれた蕎麦です。

蕎麦は細目、しっこりしてまた、汁がめっちゃ旨い!
自転車をえっちら、えっちらこいできたからなのか
美味しさも格別でした。







IMGP4563.jpg 

このメインの蕎麦を食べる前に
脇にある小さな器に入った蕎麦を食べます。

この蕎麦は安曇野の美味しい水に入った
水蕎麦です。汁も具も何もありません。
ひんやりした美味しい水で食べるこの蕎麦も美味しいです。
本来の蕎麦の味を堪能できます。



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm




IMGP4585.jpg 

昼食をした後は、ちょっくら知性と教養を
身に付けねば~~
ということで私たちも文化人となって
碌山美術館へと向かいました。


日本近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)
の作品、資料を集め展示した美術館です。
碌山と関係の深い芸術家の作品も
同時に展示されています。


上の写真の彫刻は碌山作の”労働者”です。
1909年に作られ、展覧会発表後に
手足を取り除いたそうです。

碌山は1901年に洗礼を受け渡米。
ニューヨークで働きながら美術学校で学びます。
後にパリへと渡り、美術学校で絵画を学びます。

が、ロダンの”考える人”にめっちゃ衝撃を受け
彫刻の道へと進むことに^^

彫刻のため人体解剖学を徹底的に研究。
そう言えば上の彫刻”労働者” って
ロダンの”考える人”にどことなく似た雰囲気が。
ここにも深い感銘をうけたロダンへの彫刻の
思いが感じられますね。





IMGP4575.jpg 

荻原碌山氏が亡くなったのは31歳!
そして、 芸術観を同じくした友人たちも
皆けっこう 短命なんです。
戸張孤雁氏が45歳で他界!
そして柳敬助氏が42歳!


あの頃、明治時代なんていうのは
今と違い50歳で老人ですからね^^
ほんと寿命も短かったんですね^^

今じゃ、70歳~80歳なんて、現役バリバリですからね^^





IMGP4576.jpg 






IMGP4589.jpg 

つーわけで、ご立派な文化人??となって
美術館を後にしました。





IMGP4595.jpg 

次ぎに向かったのが穂高神社です。
文化人となった身で、今度は汚れ多きこの身を
取り払ってもらいに神社で祈願です。


冗談!冗談!


私に限って、そんな汚れ多いことなんて
決してございまへ~~ん!





IMGP4598.jpg 

これで今日の散策は終わりです。
穂高駅にくるホテルの送迎車に乗ってホテルへと。

午前11時頃から夕方5時頃までの
サイクリング!
約6時間かかりました。
レンタル料金1時間400円なので
お一人2,400円!
合計4,800円ナリ~~~~! 
 




mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm



Dinner

IMGP4619.jpg 

ホテルでの夕食です。
テラスから眺める新緑、そして北アルプスの山々。
めっちゃロマンティックな雰囲気です^^






IMGP4611.jpg 

まずは信州産の赤ワインで乾杯!
私は軽め。家内はちょっと重めのワインを注文。

次々と出てきた安曇野旬彩フレンチ料理です。
説明省略ですのでよろしくね。





IMGP4613.jpg 






IMGP4616.jpg 

IMGP4617.jpg 






IMGP4620.jpg 

新牛蒡のクリームスープです。
牛蒡の香りのする美味しいスープです。




IMGP4623.jpg 






IMGP4630.jpg 






デザート10 


〆にデザートとコーヒー!


うっひゃひゃぁ~~~!
腹いっぱい!
あぁ~~~満足、満足^^


明日は上高地へと向かう予定です^^





※新緑信州の旅、パ~トⅡもありますので、よろしく^^











コンサート続きだぁ~~~!♪
IMG_0647.jpg 
〈今日の絵〉桜と紫ハナナ の春








昨日はコンサートチケットを友達から頂いちゃいました~♪
それが何と2枚も!
めっちゃ、嬉しい~~~!


順序がちょっと違いますが、まずはこれ聴いてくださいね^^
フジコ・ヘミング演奏の「ラ・カンパネラ」です。










IMGP4458.jpg 

その1枚が”亀山香能さんの筝曲リサイタル”です。
亀山香能さんは山田流筝曲では、けっこう知れた人です。
私の先生と同じ、以前芸大で筝曲の講師もされていました。
亀山さんは唄より琴の演奏の方が好きですね^^
とても技量のある上手な人です。

今回の演目は1、小督曲 2、熊野 3、長恨歌
4、葵の上の4曲です。

この4曲の作曲は山田検校です。
彼は山田流の創始者です。
江戸時代の中期から後期に江戸の地で活躍した
盲人の音楽家です。
モーツアルトと、ほぼ同じ時代に活躍していたんですね。
それにしても同じ音楽とはいえ、ずいぶん異なった
音楽を互いに作曲していたんですね。

今は世界は一つ。どんな国の音楽を聴こうとも
驚きもせず、ごく自然に聴いているが
当時の人たちが互いの国の音楽を聴いたら
もうぶったまげて、ビックリ!でしょうね^^ 

我々、チン トン シャン~~♪  の世界ですからね^^

「お~~い!酒じゃ、酒じゃ、酒もって来い~~!」
ですからね^^

すんまへ~~ん^^勢いでついつい調子にのちゃって。
これは全く関係ありませんので^^



 
平家物語から「小督曲」や「熊野」源氏物語から「葵の上」
そして漢詩の楊貴妃と玄宗皇帝との悲恋を唄った
「長恨歌」です。
この4曲は山田流筝曲の奥歌曲とされています。
検校が作曲した歌曲の中では、最も曲位の重い4曲です。

今、稽古しているのが「長恨歌」です。
「熊野」と「葵の上」は既に稽古済みなので
残るは「小督曲」のみ!


こうなると楽勝!楽勝!

な~~んちゃってね^^

最後の1曲が命取りに~~~~

やっべぇ~!やっべぇ~~!

気を締めて真面目に取り込まなくては~~






IMGP4464.jpg

そして頂いたチケットのもう1枚は
「アルパフェスティバル」です。
中南米の楽器アルパの演奏会です。

アルパという楽器って、あまり知られていないかも~~^^
ハープのことをスペイン語で読むとアルパとなります。
中南米の民族楽器で、ハープよりちょっと小さめです!

その楽器のコンサートです。




そしてめっちゃ楽しみなのが
「フジコ・ヘミングピアノコンサート」が来月です。

彼女のコンサートは十数年前に行ったきり!
今度が2度目となります。

もちろんあれは弾くでしょうね。
そう、彼女の18番!リストの「ラ・カンパネラ」です。

この曲大好きです^^
とくに彼女の弾く「ラ・カンパネラ」は最高!


名ヴァイオリニストのパガニーニの「ヴァイオリン協奏曲第2番」
の第3楽章を元にリストがピアノ曲に編曲したものですね^^

それにショパンの曲も演奏されるようです。


あぁ~~、これから夏にかけて、しばらくクラシック鑑賞が
目白押しのようです。
他にもいくつかコンサートあるんですが
それはまたの機会にブログアップしますので^^








Nさんの書道展へ~~
IMG_0646.jpg 
〈今日の絵〉風薫る五月








IMGP4388.jpg 

街路地に咲くつつじ。めっちゃ気持ち良い気候ですね^^
風薫る五月とでもいうのでしょうか
そんな言葉がぴったりの連休です。

ここ都心でも五月の匂いがあちこちに。

天気も良いということもあり、予定していた日より
一日早く、4日に友達の書道展へ行きました。





IMGP4395.jpg 

地下鉄の駅に直結した会場なので、めっちゃコンビニエンス!
年一度開催されるこの書道展には、もう何回も観に来ています。
しかし残念ながら去年は帯状疱疹のため
行くこと出来ませんでしたが・・・・・

会場内もすっかり五月!
菖蒲や兜のかざりやらで、端午の節句モードです。


いる、いる、いる! Nさんが。


会場の入り口近くで数人の方と話し中でした。


私の姿に気が付いたらしく飛んできました。


えぇ~~っ!


飛んできましたって、ずいぶん元気なぁ!

そう、Nさんにはこの言葉がぴったし!







IMGP4397.jpg 






書10 


これが今回出展されたNさんの作品です。
隷書体のようですね。
この詩の内容説明してくれたが、ちんぷんかんぷん!


Nさんはめっちゃ明るく、いつも前向き!
その生活意欲ときたら半端じゃないです^^
こういう方と一緒にいたら人生めっちゃ楽しいのでは?
 
実を言うと今日も、書よりNさんに
会いにきたようなものです。


Nさんとの出会いは筝曲の教室でした。
もう20年以上も前になります。
今は互いに違う先生の下で稽古していますが。


そう、そう、会場を入るとどこからか琴の音が。
書と琴の音!めっちゃ合いますね~~

Nさんがこの書展にと琴を演奏し
録音し会場で流していたんです。

「乱れ」と「都の春」の曲でした。


すっげぇ~~!上手になっちゃってぇ~~。


Nさん曰く、このために必死こいて猛練習したそうです。
書の何十倍もこの琴のほうに力入れたようです。
 

書はチャチャチャ~~~ね!


えぇ~~っ! これって書道展でしょう~~~!
 


いや、いや、一体どうなっちゃってるんですかね~~
時間かけ、でもしっかり3食にプラスα食べて~~!
書ではなく琴の練習、頑張ったんでしょうね^^



しかし考えてみればNさんの琴演奏を
もう7年くらい聴いていないなぁ~~~。

7年間の期間にはそれは上達するでしょうね^^
まして猛烈まっしぐら!
熱血型のNさんのことだから^^


会うたびに思うのですが、Nさんが元、数学の教師だった
ってことがまったく結びつかないんです。

国文学を教えていたという方が
まだ、どことなく納得いくんですがね。

理数学系人間だというのは、唯一、息子さんが医師だ
ということくらいかなぁ。


でもほんとはしっかり数字女子?(おばさん)だったりして。 (笑)






IMGP4391.jpg 





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm





書道展の会場を後にして、M駅で家内と合流!
買い物をしに行きました。
旅行に使うリュックを買いに^^

ちょと大き目のサイズがいいということで
同じデザインで色違いのヤツを二人で買いました。

よっしゃ~~~! これしょって信州じゃぁ~~~!


IMGP4432.jpg 

買い物を終え、そして今夜の夕食は ?
これで筍づくしとはお別れ!
今宵はカニづくしとなりました^^

オープンキッチンで作る和・洋・中華のカニ料理店です。
カウンターの中では数人のコックが
中華鍋を片手に作る鍋さばきは見事です^^





IMGP4405.jpg 

まず、揃いの3品!
鶏の西京焼き、カニと野菜の天ぷらそして、カニグラタンです。
ここにも野菜天ぷらには筍もありました。
もう筍はいらんていうのに~~~!(笑)

この揃い組トリオを肴に
キンキンに冷えたビールをゴックン!
今宵は私ひとりの乾杯です。





セット10 









IMGP4415.jpg 

このたらば蟹のガーリック、マヨネーズ焼き、
めっちゃ美味しかった~~!
このロブスターバージョンもいいですね^^





IMGP4409.jpg 

カニ炒飯です。
これまたパラパラご飯で、美味しい~~~!





IMGP4416.jpg 

そしてこのカニパスタ。
トマト・クリームがこってり濃厚!
味もちょと濃いめでしっかりした味付けです。


カニの香り、甘さがめっちゃ、うんめぇ~~!




IMGP4425.jpg

デザートは杏仁豆腐。
といってもちょっと違います。
ライチに杏仁豆腐がかかったヤツです。

これも、またまたうっめぇ~~~!
 

これで〆て2人前で3,500円!
生ビール一杯も含めてです。
安くて旨い!







旬の筍づくし料理~~^^
IMG_0645.jpg 
〈今日の絵〉椿








IMG_1772.jpg 


今年も、またまた筍が我が家に届きました^^
 横浜の叔父からの頂き物です。
叔父の家の裏庭で採れた筍です^^

うれしいのやら、悲しい?のやら~~?
筍欲しいのですが、茹でるのがめっちゃ大変だ~^!
毎年、家内がせっせと茹でているのですが
これあまりにも大きいので、そして6本もあるんです。

これ茹でるでっかい鍋、我が家にはナシ~~!
ってことで、何回かに分けて茹でることになります。
つーう、ことで毎年めっちゃ大変なんです。


今日の我がブログはお料理特集となりました^^
ではヨダレたらして見てくださいね。






茹でた筍を使って早速料理しました。
まず私が作ったのは、定番中の定番!

そう、あの筍ご飯です^^


筍ご飯

IMG_1780.jpg 






IMG_1777.jpg 

炊き上がり器に盛り、木の芽を散らして
ハ~イ! できあがり~~♪

まず、一口!

う~~ん、めっちゃうんめぇ~~!

筍ご飯、大好き。
まして今の時期にしか食べられませんからね^^
こりゃ、めっちゃ贅沢!

叔父さん、来年もよろしく~~~^^へへへぇ^^




筍入りサラダ

IMG_1879.jpg 

ゆで筍、大根、 とまと、 水菜のサラダを作ってみました。
 ドレッシングはいり白ごまを擂りおろし
しょうゆポン酢にごま油を加えドレッシングの
出来上がりです~~♪
さっぱりして胡麻の香りがめっちゃグー~~!
 
IMGP4371.jpg 

以上、2品作りました^^

あと魚料理を^^と思っていましたが
時間がなく出来ず~~~!
チクショ~~~!


メインがねぇ~~~!


ちょっと横を見たら、コロッケがあるではないかぁ~~
よっしゃ~~!いただき~~!


明日の朝食にこれ、コロッケサンドして食べるんだけど。


家内からそう言われたが、多めに買ってあったので
無事その市販のコロッケで急きょメインとあいなりました。





mmmmmmmmmmmmm たけのこ料理いろいろ mmmmmmmmmmmmm

これから紹介する料理は家内が作ったものです。
大きなたけのこ6本も頂いたので
毎日、たけのこ料理食べさせられました。(ヤバいこと言っちゃたかな)
いや、いや食べました^^
めっちゃ美味しゅうございました^^
よっしゃ~~~!ではたけのこずくしの料理の
ラインナップですぞ~~!



家内が書いてくれたレシピを簡単に
書き添えましたので。


海老の若竹炒め

IMG_1868.jpg 

〈材料〉
ゆでたけのこ、 海老、 わかめ、 長ネギ、 木の芽、
小麦粉、 サラダ油、 酒、 塩、 醤油、 みりん、 粉さんしょう

〈作り方〉

海老を酒と醤油をもみこんでさっと洗い、水気を切って
小麦粉をまぶす。
フライパンにサラダ油を熱し、海老、たけのこ
ワカメ、ネギを入れ炒めます。
酒、醤油、みりんを加えて炒め合わせます。
器に盛り、木の芽を散らして
ハ~~イ!出来上がり~~♪



筍のチャプチェ

IMG_1865.jpg 

〈材料〉
茹で筍、 パプリカ(赤、黄)  ピーマン、 玉ねぎ、 エノキダケ、 
はるさめ、 牛肉切り落とし、 いり白ごま

〈合わせ調味料〉
醤油、 砂糖、 にんにくみじん切り、 ネギのみじん切り
ごま油、 酒、 こしょう

〈作り方〉
フライパンにごま油をしき、塩をふり玉ねぎを炒め
取り出しておきます。
次に人参、エノキダケ、牛肉、パプリカ、ピーマン
の順に炒め取り出しておきます。

フライパンに茹でた春雨を水を切り炒め、
合わせ調味料を半分ほど入れます。
そして、炒めて取り出しておいたヤツを加え
残りの合わせ調味料を入れ強火で
水分がなくなるまで炒めます。

器に盛り、白ごまをかけてハ~イ!出来上がり~♪
 


筍とちりめんじゃこの炒飯

IMG_1890.jpg 

〈材料〉
ゆでたけのこ、 ちりめんじゃこ、 練り梅肉、 大葉
しょうゆ麹、 サラダ油、 塩、 こしょう

〈作り方〉
筍を適当の大きさに切り
しょうゆ麹に5分ほど漬けておく。

フライパンにサラダ油をしき、筍、ちりめんじゃこを
炒める。ご飯を加え塩、こしょうをしさらに炒めます。
練り梅を加え混ぜ、大葉を散らし
ハ~~イ!出来上がり~~♪ 

 



筍の土佐煮

IMG_180.jpg 
 
これは筍料理の定番ですね^^
みなさんご存知!
私は筍料理では、やっぱこれが一番好きかも



筍の生春巻き

IMG_1894.jpg 

〈材料〉
茹で筍、 きゅうり、 カイワレ、 サニーレタス、
大葉、 海老、 カニかまぼこ、 ライスペーパー

〈作り方〉

茹でた海老と 上記の材料を切り、ライスペーパーで
クルクルっと巻いて、ハ~イ!出来上がり~~♫
下の写真のタレを作って食べます。

シャキッとした食感がめっちゃグーです。


こりゃ、うんめぇ~~~!


酒のつまみに最高~~!
 
IMG_1903.jpg 

バルサミコソースとスイートチリソース
この2つのソースで食べました^^

〈バルサミコソース〉

バルサミコ酢、 薄口しょうゆ、 オリーブオイル
これを混ぜ合わせて出来上がり~~!

〈スイートチリソース〉

本みりん、 酢、 蜂蜜、 豆板醤、 塩
これを混ぜ合わせて出来上がり~~! 




筍の豚肉巻き

IMG_1904.jpg 

〈材料〉
茹で筍、 豚もも肉、 しょうゆ麹、酒、 片栗粉
粉山椒

〈作り方〉

筍にしょうゆ麹をまぶし、豚肉は広げて
しょうゆ麹を全体に塗ります。
肉に切った筍を入れて巻き、片栗粉をまぶし
サラダ油で炒め、焼き色がついたら
酒と水を加えふたをし、さらに焼きます。
照りがでたら粉山椒をふり
ハ~~イ!出来上がり~~♪

 




こうして我が家は一週間、毎日たけのこ料理が
食卓にあがりました^^


もう、見たくも、食いたくもねぇ~~~!


な~~んて、なるのですが、この筍に関しては
まったくそんな気はしません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


はい、はい、分かりました^^


そうですよね~~
全て貴方様のお蔭です!


こうしていろいろなメニュー考えて
料理してくれたお蔭でございます^^
美味しゅうございました~~^^
美味しい料理ありがとうございます^^
つーか、ブログネタ提供ありがとうございます。(笑)