つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



・・・・・・・・・・・・・・
IMGP1017.jpg 
〈今日の絵〉Tホテルからレインボーブリッジを望む風景
 









JaJa  ”I  miss  you” 






mmmmmmmmmm お知らせ mmmmmmmmmm



都合により(娘の結婚式のため)ブログ暫く

休まさせていただきます。

復帰した際には、またどうぞよろしく

お願いいたします。

ごくしげ






スポンサーサイト

ブラボー~~!の一声~~♪
IMG_0683.jpg

〈今日の絵〉上高地/大正池









イメージ

フジコ・ヘミングのピアのコンサートへ行ってきました。
動物愛護チャリティーコンサートです。
何年ぶりになるのだろうか?
もう10年ぶりかも~~^^めっちゃ楽しみ!
 
チャリティーコンサートということで
チケットはS席8,000円とA席5,000円のみです。
もちろんS席です(ルン、ルン~~♪)


ってのは夢であって、バッチリ目を覚ました現実は厳しい~~!

いいんだ、いいんだ。

その代り今日のランチはホテルニューオオタニで食らうぞ~~!
ってこれも現実は厳しいのだ。
大食い人間にはピッタシ!ビュッフェでござる。

いいんだ、いいんだ。

価格さえ安ければ。

いや、間違えました。味さえよければ!でした。



フジコと言えば「ラ・カンパネッラ」ですね。
この「ラ・カンパネッラ」を辻井伸行さんと
ユンディ・リーの演奏のヤツもアップしましたので
聴いてみてください。
それぞれの味があり、おもしろいと思います。

ユンディ・リーは2000年ショパン国際ピアノコンクールで
優勝!第1位を獲得の実力派です。
このコンクールでは1985年にブーニンが第1位を獲得。
5年ごとに開催されるようですが、ブーニン以来
第1位の該当者がなく、やっと2000年に
ユンディ・リーさんが第1位となりました。
なんと15年間も優勝者がでていなかったんですね^^

辻井さんは相変わらず音がきれい!

そしてフジコさんはめっちゃ味のある演奏!
彼女曰く「ちょっとくらい間違っちゃってもいいのよ。
壊れたカンパネラがあったっていいじゃないの」
ですからね^^




フジコさんの演奏「ラ・カンパネッラ」です。




ユンディ・リーさん演奏の「ラ・カンパネッラ」です。




辻井さん演奏の「ラ・カンパネッラ」です。





IMGP5275.jpg 

会場は満席!
平日の昼間だというのに。この暇人どもが~~^^
って、考えたら自分もその一人でした(笑)


本日のプログラムです。
まず第1部1曲目は
1、スカルラッティのソナタ ホ短調&ハ短調

2、ショパンの12の練習曲から
  第1番「エオリアン・ハープ」、第3番「別れの曲」、
  第5番「黒鍵」、第12番「革命」

  3つの新練習曲から第1番、
  バラード第1番



そして第2部の1曲目は
1、ドビッシーの「月の光」、「喜びの島」

2、助川敏弥のラクリモーサ「ちいさきいのちのために」
これは動物愛護のための曲です。

3、リストです。

  パガニーニによる大練習曲第6番

 
  シューベルトのリスト編曲によるピアノ5重奏「鱒」

  最後はやっぱこれです。「ラ・カンパネッラ」



フジコさんが最後の曲を弾き終わると
会場は割れるような大拍手!
スタンディングオベーションとともに

「ブラボー!」の声が。

そしてアンコール曲はフジコさん自身が発表!

ショパンの夜想曲第19番と
J.Sバッハの「主よ人の望みと喜びを」
の2曲でした。


今日の演奏で私的に良かったなぁ^^
と思った曲は、リストのパガニーニによる大練習曲6番!
それにやっぱ外せないのは、フジコさんの代名詞
とでもいう「ラ・カンパネッラ」でした^^


いやぁ~~、クラシックってめっちゃいいですね^^
でも、ロックもポピュラー曲もそして演歌も好きですが。


何でもえぇ~~ってことかぁ~~


となるとちょっとまた違うんですが
ようするにジャンル問わず、いい曲はいい!
ってことですね^^






ブログにアップする順序が逆になってしまいましたが、
まずランチを取り、その後コンサートへと向かいました。



ホテルたて 

会場前にあるこの高いビル!
ホテルニューオオタニです。

今日はこのビルの6階でランチです。







IMGP5157.jpg

午前11時から始まります。
30分前にレストランに到着!一番乗りでしたぁ~~^^
そして11時半にホイッスルが!

ってなことはないです。ボーイさんから
「準備が出来ましたのでどうぞ」
との声がかかり、鼻息も荒く、各馬いっせいに
飛び出しました。




IMG_2671.jpg 

このランチは「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」。
な~~んと40種類のバラエティーに富んだ
ビュッフェメニューが満載です!





IMGP5191.jpg 


白ワインを注文して、まず乾杯です。
上の写真は白ワインではございません。
水!水!水~~!只の水です。

つーか、白ワインはちゃんと飲みましたよ^^








IMG_2640.jpg 

さぁ~~!食い始めです^^
いろいろな種類のサンドウィッチです。
ローストビーフサンド、ポークカツサンド
そしてエッグベネディクト。
それぞれ、美味しいです^^







IMG_2655.jpg 






IMG_2651.jpg  IMG_2663.jpg  

かぼちゃの冷製クリームスープにフルーツのヨーグルト和えです。






IMGP5167.jpg 

ついつい地がでます。てんこ盛りやっっちゃいました!
パスタに塩焼きそばにチャーハン、そしてポテトフライです。
何種も盛り放題!これこそビュッフェの醍醐味ですね^^







IMGP5174.jpg

塩麹チキンと夏野菜のココナッツカレーです。
これめっちゃ美味しかったでした。







IMGP5161.jpg 

一番乗りでしたので窓側の席をゲット!
窓から眺める日本庭園です。
この庭園6階にあります。
みごと~~!滝も流れています。







IMGP5179.jpg 

終盤のデザートとなりました。







IMGP5181.jpg

デザートも、てんこ盛りやっちゃいました(笑)







IMGP5208.jpg 

食後、日本庭園を散歩しました。
普段の行いがよろしいのか?、今まで降っていた雨も止み
傘をささずに散歩ができました。

園内にある鉄板焼きレストラン「石心亭」です。







IMGP5202.jpg







IMGP5258.jpg

コンサートが終わり、地下鉄の駅まで歩きました。
途中の坂道にあるレストランです。
なんか外国の通りを感じさせる雰囲気の景色ですね^^














































ヴァイオリンコンサートへ~~♪
IMG_7530.jpg  
〈今日の絵〉ツィゴイネルワイゼン








前橋汀子さんのヴァイオリンコンサートへ行ってきました。
確か去年だったかなぁ~~
彼女のコンサートへ行ったのは。
 
その時の様子をブログに載せましたが
彼女についての詳細は載せなかったような^^


まずはこの曲を聴いて下さいね^^
バッハの無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番
「シャコンヌ」です。
ちょっと長くなるけどめっちゃいい曲!
めっちゃ大好きな曲です。






IMGP5146.jpg 

この日のプログラム第一部は
1、モーツァルトのヴァイオリンソナタト長調
2、ベートーベンのヴァイオリンソナタ第9番イ長調

そして休憩をはさみ第2部です。
小品の数々です。
3、ドビッシーの亜麻色の乙女、ヴァイオリンソナタ
4、ラヴェルのハバネラ形式による小品
その他ドヴォルザークやクライスラーやフォーレ
そしてショパンのノクターンやブラームスの
ハンガリー舞曲第1番と5番です。




まず彼女のプロフィールを載せよう!
と思いましたが、 詳しいこととなると
まだ知らないことがいっぱい!

つーことで、早速 ”前橋汀子” で検索開始!
う~~むぅ^^なるほど、なるほど。

彼女は1943年生まれ。
17歳、ヴァイオリンの勉強のためロシアの
レニーグラード音楽院に留学。
そこで3年間勉強したそうです。
彼女がロシアへ行きたい!
と思ったきっかけは日本で行われた
「オイストラフ」のコンサートを聴いたのが
きっかけだったようです。
横浜港から船に乗り3日間!
シベリア鉄道にゆられ1週間!

この航路は私にとっても、めっちゃ懐かしい
そして思い出深い旅路です。
ハバロフスクを出発し、シベリア鉄道を
モスクワ目指し、ひたすら走ります。
そこはゆけども、ゆけども何も無く
平原が続いています。
あぁ~~、これがめっちゃいい^^
おぉ~~っ!いけねぇ!


私の話ではなかったですね。
前橋汀子さんでしたね。

ロシア留学で優秀な先生たちからの
指導、教育をうけられ、みっちり腕も上がったよう!
しかし病気にかかられ、3年間でやむなく帰国。
その後ニューヨークのジュリアード音楽院への
留学が決まりアメリカへ。
その時期、既に引退されスイスに住んでいた
シゲティ氏の下でレッスンをうけているうちに
自分もスイスに移り住み、そこを拠点に
ヨーロッパでのコンサート活動が始まり
1980年代に帰国!そして現在に至ります。

ヨゼフ・シゲティにレッスンを受けていたとは
知りませんでした。
たしか佐藤陽子さんも彼のレッスンを
受けていたような^^

私的にはあまり好きなヴァイオリニスト
ではないですね^^
技巧的にすごいテクニックのある
ハイフェッツのような演奏が良い!
とは言いませんが・・・・・

シゲティの演奏は精神的な芸術性において良いのだ!
な~~んて言う人がいますが、私には響いてこない。
まだ、まだその良さを理解できる自分ではないのかも^^



最後の曲が終りアンコールです。
鳴り止まない拍手の中、まず1曲目は
ドヴォルザークの「ユーモレスク」
続いて2曲目!
パガニーニ/クライスラーの「ラ・カンパネラ」
これで終わりかと思ったら
またまたアンコールに答えてくれました。
 


すっげぇ~~! サービス!

エルガーの「愛のあいさつ」
そしてもう1曲!
クライスラーの「美しきロスマリン」

なんと4曲演奏してくれました。

まさか4曲も~~~^^ 感謝、感激~~!




前橋汀子さんは70歳なんですね。
「結婚はしているのかな?。」

ネットで検索して探しても見当たらない!


ん~~ん、無いなぁ~~^^



「前橋で結婚式場探すならコチラ」


こんなのが出てました
な、なんじゃぁ~~~!アハハハァ


結局、はっきりとしたことは分からなかったが
結婚はしたことあるらしいです。



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm





IMG_2597.jpg 

コンサートが終わったのが夜の9時!
早く夕飯を食べに行かないと店が閉まってしまうので
あわてて例のレストランへ!

10時までやっていて、ラストオーダーが9時半。
セーフでした^^


IMG_2580.jpg 

まず3種前菜盛り合わせです。
味付けがめっちゃ美味しいです。



IMG_2582.jpg 

自家製のパンです。美味しいです^^
パンは食べ放題!
でも時間がなく、ゆっくりできなかったのが残念!
結局、焼きたてのパンを2個ほど食べました。



IMG_2584.jpg 

IMG_2586.jpg 

冷製ハーブスパゲティです。

う~~ん、めっちゃ旨い!
こりゃぁ、おすすめですね^^
これからの季節には最高ですね^^




IMG_2590.jpg 

そして最後!
デザートです。3種のデザート盛り合わせ。
そしてコーヒー!

みんな、めっちゃ旨い!

この店はこのホールに来るときは
よく行くレストランです。
お値段もリーズナブルで我々、庶民向き^^


そう、そう、来月もこのホールでの
ヴァイオリンコンサートがあるので
またこの旨さを堪能できそう!



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm




我が家の「Pepperくん」です。(笑)

先日、友達数人と商店街を歩いていたら
前の店から声が!

誰かと思いその声のするところにいくと
な~~~んだこのワンコがしゃべていました。
このワンコ、話し声や音をキャッチし
オウムのように真似するのです。

歩きながら話していた友達の声をキャッチしたんです。


おもしろいので、早速ゲット^^
1,980円でした。
 


IMGP5148.jpg   IMGP5150.jpg

ソフトバンクがロボット「Pepperくん」を
売り出すことに^^来年の2月頃とか。
ソフトバンクもロボット事業に参入!ですね。

このロボットは感情を認識する機能を
持っているそうです。
お値段は198,000円!
もっとするかと思っていましたが^^
 
                   































バラ、ばら、薔薇・・・・♪

IMG_7303.jpg 
〈今日の絵〉つつじの花 

 













旧古河庭園

IMG_2562.jpg 

旧古河庭園へ行ってきました。
春のバラフェスティバルが開催されて
園内にはたくさんのバラの花が。






IMGP5054.jpg 

ここ古河庭園には洋風庭園と日本庭園があります。
洋風庭園には色とりどり、可憐なバラが
咲き誇っています。

この土地は明治の元勲・陸奥宗光の邸宅を
宗光の次男が古河財閥の養子となり
古河家のものとなったそうです。
しかし、当時の建物は残っていません。


この洋館と洋風庭園は英国人建築家のなんとかさん
の設計によって建てられたそうです。
あの鹿鳴館や御茶ノ水駿河台にある
ニコライ堂などを手掛けた人です。



そして日本庭園は京都の庭師小川治兵衛が
造り上げた とのことです。

旧古河庭園は大正期の庭園の形を留める
貴重な存在を、今も見ることができるのです。





IMGP4987.jpg 

洋風庭園にはカラフルな多種のバラが咲いています。






IMGP5062.jpg 






IMG_2453.jpg 

日本庭園の中心には心字池。
大きな雪見灯篭があり、新緑に映え
めっちゃ美しいです。





IMGP4986.jpg






IMGP5033.jpg 

白いバラ!なかなか清らかでいいですね^^

私もいつも清らかな気持ちでいなくては~~~

って、もう無理かぁ~~。 くっそー!
手遅れ、手遅れ!汚れに汚れきっちゃっているからね。
あとは、これ以上汚れないようにしなくては~~。
 


バラといえば、やっぱ香りの良さですね^^
優しい甘~~い香り!


でもこうして園内を歩いていても
その甘い香りがしてこない。


私の鼻が年齢とともに退化しちゃったのかなぁ~~(おい、おい)
いや、そんなことねぇ~~だろう。
鼻が人より敏感である!
つーことが、頭の方は自信ない私の唯一の誇りなのに^^

それとも芳香剤のせいだろうか?
最近やけに匂いの強いバラの香りなんてのに
慣らされ、鈍感になってしまったのだろうか?



ご立派な鼻の持ち主の私。
匂いにはこと敏感!
人が匂わない匂いまで、嗅ぐことができます。


でも、良い匂いはいいのですが
他人が匂わない微かに臭うくっせぇ~~
いやな臭いまで嗅いでしまうので。
嗅覚が良いなんて、喜んでられないですね^^







IMGP5040.jpg 

バラの花の名前。おもしろいです^^
”クレオパトラ”やら”プリンセス・ミチコ”やら。

おい、いいかげんにせぇ~~~!




バラは品種改良され、今では何と数万種あるそうだ。
確かな数字は知りませんが。
しかしその親となる原種は10種類ほどらしい。

従いカラーも定番の赤・白・黄色~~♪

ではないのだ。青まで、でてくるのだから。
やっちゃ、まずいですよ^^この青っていうのは。

と、私的には思うのですが。


黒いはなびら~~ 静かに散ったぁ~~あの人は~~♪

やっべぇ~~!かなり古いですね。

この黒も許せませんね^^

この黒バラ。
トルコの一部地域しか咲かないらしい。


カルメンに赤い一輪のバラ!

こりゃぁ、まことに情熱的でよろしいが
その辺の男が口に加えた一輪の赤いバラ。


………………


でも黒いバラなら許せるかなぁ~~?
イケメン限定ならばね。?





IMGP5043.jpg 






IMGP5096.jpg 






IMGP5057.jpg 






IMGP5051.jpg