つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



オテル・ドゥ・ミクニでランチ~~^^

IMG_7602.jpg  
〈今日の絵〉花束










IMG_3435.jpg 

四谷にあるフレンチレストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」でランチです^^
このレストランは1985年にオープン!
住宅街の中にあるレストランです。
ほんと静かな住宅街に、ぽつんとあるんです。




IMG_3436.jpg 






IMG_3444.jpg 

隣には結婚式の披露宴専門のミクニのレストランがあります。
入り口でウエーディングドレスを装った新婚カップルが^^^
記念写真を撮っていました。

う~~ん、私達にもあんな時があったんだなぁ~~^^


ウエーディングドレスには、ちょっくら不快な思い出が・・・・

あれはウン十年も前のこと。
披露宴の時の出きごとです。

キャンドルサービスで各テーブルを歩いて
周る時なんです。

通路が狭いのなんのって!二人並んで歩くのにやっとです。
なもんで、家内のドレスの裾を踏みそうになった時、


家内から文句!


しょうがねぇ~~だろ^^
こっちだって精一杯、裾を踏まないように
と気遣って歩いているのに~~~このぉ~~!


今では懐かしい思い出となっていますが^^





秋野菜カット 




IMG_3358.jpg 

まずはパッションフルーツジュースです。




IMG_3376.jpg 


ワインは白ワインを注文。 
 
そして乾杯~~~♪

う~~ん、喉ごし爽やか^^

やっべぇ~~!こりゃ、ビールのコメントでしたね^^



IMG_3362.jpg 






IMG_3367.jpg 

オニオンとベーコンのキッシュです。
これめっちゃ美味しかったでした。
こんな美味しいキッシュ食べたの初めてです。



IMG_3371.jpg 


東京小平産 滝野川牛蒡のポタージュです。  
その牛蒡の皮のフリットとベビー帆立添え、
ミルクの泡と東京浅草やげん堀の七味辛子和えです。

これまた美味しい!
牛蒡の香りがほのかにして、もう何ともいえねぇ~~~旨さ!
 
でも、牛蒡の嫌いな方にはちょっと~~~



IMG_3368.jpg 





IMG_3381.jpg 

神津島沖メダイと千葉竹岡沖スズキのグリエ
東京東村山産シャドークイーン(紫じゃが芋)のリゾットと
三種パプリカ(赤・オレンジ・黄)添え
紫芋(薩摩芋)風味です。



IMG_3387.jpg 

北海道小樽・乳酸菌たっぷりのフローマージュブラン、
愛知産温州みかん風味です。



IMG_3396.jpg 

デザートは高知産 樹齢100年以上の
枯木柚子のブランマンジェ、紹興酒のアイスクリーム、
フランス産イチジクのタルト盛り合わせです。 


みなそれぞれ美味しかったでしたが
特にイチジクのタルトが、めっちゃ旨かったぁ~~~!
こりゃぁ、私好みですね^^


IMG_3407.jpg 

これは枯木柚子のブランマンジェです。



IMG_3418.jpg  





IMG_3426.jpg 

マンゴーのマカロンです。
ふたを開け、食べるとマンゴーの美味しい味が・・・・

これ、おしゃれ過ぎ~~~
私向きではないですね。
もっと数、欲しかったなぁ^^


いただいたメニューには、ちゃんと産地まで
事細かに記載されていました。
これには感心しました。
さすが「ミクニ」ですね^^


※画像はのっていませんが、美味しい焼き立ての
パンがでました。バターも付いて^^
もちろん、しっかりお替りまでしました。(笑)


腹も満腹!思い残すことナシ!


つーか、あのぉ~~、マンゴーのマカロンが~~~~^^ 



IMGP6200.jpg  

食事が終わり帰り際にこんなお土産を
いただきました。^^
太っ腹~~~!



このあと、新国立美術館へ行きました。
その記事はまた載せますね^^




スポンサーサイト

幸手権現堂の彼岸花
IMG_5954.jpg 
〈今日の絵〉 水面









IMGP609011.jpg 


幸手権現堂へ彼岸花を見に行ってきました。
広い公園の長く延びる土手に咲く彼岸花^^

別名「曼珠沙華」
韓国では「相思華」と呼ばれている。
なんかいい感じですね^^


去年の今頃は日高の巾着田に
この彼岸花を見に行ったっけ~~^^


おぉ~~!やっぱ強烈だ~~~!
この赤!情熱的な赤!
でも何故かこの真っ赤に染めた彼岸花を見ると
寂しさがよぎります^^

こんな感情を抱くようになったのはあの事件以来です。
そう、和歌山市で起きた毒物カレー事件!
 4人の命が奪われ、数十人の人が犠牲となった。
あれからもう、何年経ったんだろう?


この事件で息子さんを亡くさられた一人の母親がいます。
その母親が息子を亡くした悲しさを
そしてもう一度息子に会いたい!
その思いを綴って一冊の絵本にしました。

この話と絵本をTVで見て、恥ずかしながら涙しました。
もう次から次へと涙がでて止まらない!
こんなことで涙するなんて~~

「鬼の目にも涙」ってこんなことを言うんですね^^


この絵本の言葉を、原文そのままアップしてみたので
ぜひ、読んで欲しいなぁ~~^^
ちょっと長めなので、スルーしてもかまわないですが^^









IMGP60971.jpg 
 


彼岸花                    林 有加作            
 

ある年の七月、10歳の少年の命の灯が消え、
ひとつの魂が生まれました。
短い命から生まれた小さな、小さな魂でした。
その小さな魂は、母が恋しくて、神にもう一度だけ
母に会わせて欲しいと頼みました。


神は、その純心無垢な魂を不憫に思い
願いを聞き入れてくれました。
そして神は、こう言いました。

「一日だけ、おまえを人間界にもどしてあげよう!
ただし、人間の姿ではもどれない。
母がおまえの姿を見つけ、母の声を聞くことが出来たなら
いつか、再び、親子として人間界に生まれかわることを許そう。
しかし、母の声を聞くことが出来なかった時には
魂は消えてなくなってしまうが、それでもよいか?・・・」


小さな魂は九月半ば、母との思い出深い
彼岸花の姿をかりて、母の住む家の近くの土手に、
ひっそりと咲きました。

懐かしい家の窓には、悲しげに外を眺める
母の姿がありました。
精一杯、けなげに咲く一本の赤い彼岸花に
目に止まったのでしょう。
しばらくすると、母は引き寄せられるかのように、
ゆっくりと土手の方に近づいてきました。


そして母は、彼岸花に顏を近づけ、語りかけました。

「もう、彼岸花の季節になったのね・・・・・。
ひろくんは、いつもお母さんのために
このお花を摘んできてくれたよね。ありがとう・・・・」


母の目から涙がこぼれ落ち、声にならない声を
ふりしぼって言いました。

「ひろくん、おかえりなさい^^」

そう言って、花をやさしく手で包み込みました。
懐かしい母の声とぬくもりでした。

その母のやさしい声を聞くことができた瞬間


「お母さん、ただいま~~!
いつかまたきっと、お母さんの子供に生まれてくるからね。
ありがとう^^お母さん!」


彼岸花は、母の言葉と、いく粒もの涙を花びらで受け止め
一筋の光となり、空に昇っていきました。

母は空を見上げ、いつまでも祈りつづけました。

(徳島新聞より)
 











IMGP6159.jpg 
フジバカマ






IMGP6186.jpg 
コスモス







IMGP6151.jpg 







IMG_33066.jpg 
水辺にはホテイアオイが^^






IMGP6154.jpg   IMG_3313.jpg
 
園内にこんな可愛い山羊がいました^^







IMG_3291.jpg 







IMG_3293.jpg     








      









内田正泰のはり絵作品
IMG_5731.jpg 
〈今日の絵〉静寂な時間









IMGP6085.jpg 


内田正泰さんの画集「四季の詩」です。
内田さんの展示会が9月29日~10月7日まで
横浜高島屋5Fで開催されます。

それに先駆けちょっと彼の作品をアップしてみました。
めっちゃ懐かしい田園風景や、
のどかな田舎の風景がいい感じです。
内田氏は92歳になる、はり絵画家です。


彼は実際に見て感動した風景をもとに
頭の中で自分なりに感じたことを
何の下書きもせず、色紙を手で破いていき
パネルに貼って、郷愁のあるはり絵に仕上げていきます。
時々その色紙の上を筆で絵の具を塗り
ぼかしていったりして作ります。
まるっきり紙だけを貼っていくのではないようです。

その紙を破る手さばきは、全く年齢を感じさせない
手つきで、サクサクと器用に破いていきます。
やっぱ長年やって鍛えてきた手慣れた作業なんでしょうね^^
彼は昔、グラフィックデザインをやっていた
ということで、ステキなセンスを持っている人です。




あさげ

これは彼が昔、デザインし作った
1974年に売り出された永谷園の「あさげ」の
パッケージです。
内田正泰さんを知らない人も
この「あさげ」の味噌汁のパッケージは知っているのでは^^




何点か彼の作品を、私の持っている画集から
アップしましたので見てくださいね^^
その前に彼のはり絵をやっている作業が分かる
ユーチューブを見ていただくと
もっと分かりやすいのでは^^










IMGP6079.jpg 
途中下車の町




IMGP6077.jpg 
古都の初夏




IMGP6072.jpg 
霞の中のいかるが




IMGP6069.jpg 
秋雨の翌朝




IMGP6071.jpg 
山腹の春




IMGP6070.jpg 
ひよどりの里(Ⅱ)



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm




IMG_3252.jpg


今日のランチは茄子とベーコンのトマトソースパスタです。
オリーブオイルでニンニクのみじん切りを炒め香りをだし
さらに茄子とベーコンを炒め、トマトソースを混ぜ合わせ
白ワインとパスタの茹で汁を入れます。
これで出来上がり~~~♪
乾燥バジルとパルメザンチーズを振りかけ
美味しくいただきました。




津山治香さんのピアノ・リサイタルへ~♪
IMG_0743.jpg
〈今日の絵〉思い出の大正池









IMG_3250.jpg


ブロともPさんの知人のピアニスト「津山 治香さん」の
ピアノリサイタルへ行ってきました。

今回はベートーベンの曲を2曲ほど演奏されました。。
とても良かったでした。
ということで、今回は演奏しませんでしたが
独断と偏見で私が選んだこの曲「月光」を
まず聴いて下さいね^^
演奏は「フジコ・ヘミング」です。




治香さんが何と私と同じ市に住んでいる方とは
知りませんでした。
Pさんに聞いて初めて知りました。

悪いことはできませんなぁ^^

って、何も悪いことなんてしていませんが^^
しいて言えというならば・・・・・・・・・

自転車に乗りながら町中、屁をプー、プー
やるくらいですが。
これくらいじゃ、何の環境汚染にもならないし^^

でも、その時の格好はお見せできません。
あれって、不思議!
やるときは何故かお尻をちょっと上げちゃうんですよね(笑)

これ通りに人がいない時にしかやりませんよ~~


すんまへ~~ん^^

話しが変な方にいってしまって。



治香さんのピアノコンサートですよね^^
会場は東京オペラシティリサイタルホールです。
初めていく会場です。

会場に着くと既にPさんは、娘さんと来られていて、
まずは1年近くぶりの再会でして、ご挨拶を^^
そう、昨年の私の個展以来です。

開口一番。Pさん曰く。

ごくちゃん、痩せたねぇ~~
すごくスマートになっちゃって。

うん、うん、納得!

そうなんです。実は苦しい、悲しい恋をしちゃって。
早い話が失恋なんです。
もっと率直にいうと振られちゃったんです。(涙)
と、言いたかったけど、もうバレ、バレ!

ウソ、ウソ!大ウソです。


あれですよ~~^^
減量とあの「植森 美緒さんの腹だけ痩せる」
ドローインってのをやった効果が表れたみたいなんです^^


う~~ん、めっちゃうれしい~~!



さて、今日のプログラムはまずシューベルトの
ピアノ・ソナタ第13番、イ長調。
続いてショパンのスケルツォ第3番嬰ハ短調。
この曲はアシュケナージ演奏のCDを持っているので
何回も聴いている曲です。

ショパンは大好きなピアニストです。
好きな曲もたくさんあります。

まだ若き頃は、最後の晩餐には大好きなピッザを食べ
告別式にはショパンの「別れの曲」を流して~~
何てこと言っていた時期もありましたが
ピッザは今でも変わりませんが、告別式に
流す曲はコロ、コロ変わっています(笑)

今日の演奏で良かったのはベートーベンの曲でした。
これはPさんも同じ意見でした。

そして思うことは同じ!
もっと、みなさんの知っている曲を演奏すれば良いのにね^^
とのことでした。

私の友だちの娘さんにもピアニストがいますが
この娘さんのリサイタルなどに数回行きましたが
思うことは同じ!

もっと、みんなの知っている曲を演奏すればいいのに^^
と、行くく度にそう思い帰ってきます。

それはそれとして、治香さんの演奏素晴らしかったでした。
ベートーベンのピアノ・ソナタ第21番!
これは彼女、燃えていましたね^^
これぞベートーベンといった感じがしましたね。

久しぶりにお会いしたので、一緒にお茶でも
と思いましたが、Pさんこのあと楽屋でやらねばならぬ
ことがあるというので、残念ながら挨拶をしてお別れしました。



JRに乗り換えるため、新宿まででたので
久しぶりに新宿をぶらり^^

世界堂をちょっと寄り、ぼっちコーヒーを飲み
帰りに高野フルーツパーラでケーキをゲット!




IMG_3165.jpg


ランチに食べたコロッケ炒飯です。
昨日の残りの市販のコロッケを入れた炒飯です。
味付けは、ウスターソースと醤油と顆粒中華だしです。

これめっちゃ旨いです!
お奨めです^





IMG_3249.jpg


夕食のあと、このケーキをいただきました。
ビールを飲んだ後のケーキ^^
ちょっと決まりませんねぇ~~~

でも、美味しかったでした。
高野ですから、やはりフルーツケーキですね^^
しつこい甘さはなく、フルーツのお味が良く生きた
美味しいケーキでした^^

思うこと・・・・・・・やっぱり食欲の秋が、私にはピッタシ~~^^





薪能を観に~~^^
IMG_1460.jpg 
〈今日の絵〉真紅の薔薇








IMGP6051.jpg 

友だちからチケットを頂き、薪能を観に行ってきました。
能舞台の周りに、かがり火をたいて演じる能楽です。
午後6時から始まりです。

屋内で観る席もありましたが
あえて外の席をとり、観ることに^^

それが大失敗!
途中からめっちゃ寒くて寒くて~~~
9月とはいえ、夜の野外は冷え込みます。

腹が冷えるので、持っていたバッグを
腹にグ~ッとだきしめての観劇です。(笑) 




 


IMG_3236.jpg 






IMG_3235.jpg

 
まず火入れの儀です。
3つある松明に火を入れ
こんな感じにかがり火をたきます。
そして演目がはじまります。





IMGP6060.jpg 

今日の演目です。
まず、仕舞 は●高砂 ●経正 ●野宮 ●歌占

そして狂言です。狂言は「樋の酒」

次に舞囃子は「葛城」

最後に能は「安達原」です。 

関根祥六さんが出演できず代役に
武田尚弘さんとなりました。


簡単に今日演じたヤツのあらすじを記しましたので
読むなりスルーするなりしてください。

仕舞の野宮は源氏物語ある六条御息所と
源氏のお話です。
この物語は知っていたので、気楽にそして
特別な思いを寄せて観ることができ
楽しめたかなぁ~~

能楽初めての私でも何も下勉強なしで
仕舞を観ることができました。

そう、そう余裕のよっちゃんです^^アハハハァ~~~


正直、他の仕舞は何だかわからん!

なにしろ言葉が分かりません。
何を言っているのか聞き取れず!
 

「樋の酒」は笑えました。
主人が出かけるので、太郎冠者と次郎冠者に
酒蔵と米蔵の留守番を頼みます。
いつも不都合をしでかすからであろうか
下戸の次郎冠者は酒蔵に、そして太郎冠者は米蔵に。
それぞれ閉じ込めて留守番をたのみます。
ところが次郎冠者は留守中、酒が飲みたくなり
とうとう我慢できず、飲みだしてしまいます。

下戸と思っていた次郎冠者が
実は大酒飲みだったからたまりません。
その次郎冠者の姿を米蔵からのぞき見
した太郎冠者が、おれにも飲ませろ
となり、次郎冠者は長い樋を使い
太郎冠者にも飲ませます。


酒を飲み、いい気分になった太郎冠者は
とうとう米倉を抜け出し次郎冠者のいる
酒蔵へといき、二人でドンチャン騒ぎ!
そこへ主人が帰宅!・・・・・・・・・・・

こんなあらすじです^^

考えてみればたいした内容ではないんですがね^^
でもあらすじが知っているのと知らないのでは
また面白さも違ってくるのでは。





「安達原」はめっちゃいいですね^^
あらすじは四国修行の旅にでた紀伊の国の山伏の
山伏とその一行は、陸奥の国の安達原を訪れます。
日も暮れてきたので、どこかで一泊、泊めてもらおうと
あたりを探しても人の住む気配さえない。

諦めかけていたところ、一件だけ粗末な小屋がある。
その小屋には年老いた女がおり、
一行はその女に一晩泊めて欲しい。
と頼みます。
女は引き受けてくれ、泊まることになります。
女は糸車を操り自分の嘆かわしい身の上を話しだします。


やがて夜が更け寒さがますと、女は薪を取ってくると言う。
「私が出かけている間、寝床の部屋を絶対のぞかないで
欲しい」そういってでかけます。

 
あれれ!何かこんなのありましたよねぇ~~
そう、そう、鶴の恩返しでしたね。(笑)


そう言われると、覗きたくなるのが人間の性!
同行していた能力がそっとのぞいてビックリ仰天!


な、なんと、そこにはおびただしい数の死体が!


山伏たちはここが鬼の住む有名な黒塚だと
気づき、大急ぎで逃げ出します。

それに気づいた女は鬼女とと変身し
一行を追いかけます。

その姿は凄いです。
般若の面を被り、背負った薪に火を放ち。・・・・・・

般若は女の嫉妬や恨み、悲しみを表現する時に使用!
般若は白、赤、黒とあります。
この「安達原」では赤般若です。


そして演目「葵上」には白般若!
白般若は壮絶な中にも気品を感じさせる、
高貴な女性六条御息所に使用。


高貴な女性たちよ、よろしかったらこの面
貸しますぜ~~~
一回1000円でどうかなぁ~~^^



そんなに嫉妬深くないってかぁ~~~(笑)



能を実際に観たのは今回が初めてです。
TVで、ちょっと見たことありますが^^
観るまではそれほど興味がなかったのですが
一度は能舞台を見たいなぁ~~
といった思いはありました。
今回、友だちがチケットがあるので
行かないかと誘われ行ってきました。


歌舞伎などと同じ。古典ものってある程度
あらすじが分からないと、なかなか親しめません。
なので行く前にちょっくら勉強!


勉強嫌いの私ですが、この時とばかりは
がり勉くんとなりました。(笑)


ホントかよ~~~?信じられん。


って、本人も信じられないんです。


そのおかげで、能の良さ、魅力がちい~~っとばかり
分かった感じです。


また、観に行こう~~~~^^

ホントかなぁ~~~(笑)



演目のあらすじをダラダラ書きましたが
許してくださいね^^






mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm




スイートポテトを作ってみました。
家内と一緒に^^
と言いたいところが、けっきょく大半は家内が作ることに。


今日作ると言っていたので、一緒に作ろう!となり

私がちょっとランチを食べた後、ソファに腰掛けたのが最後!

言わずと知れた居眠りが始まってしまったのです。
目を覚ました時には、すでに遅く!

始まっていたのです。スイートポテト作りが。

つーことで、途中から参加です。
まあ、途中からでも参加することに意義ありですからね^^






IMG_3195.jpg 

作ったスイートポテトをオーブンで焼きます。
これは私がやりましたよ~~^^
って、オーブンがやってくれました(笑)

230度で15分ほど焼きます。





IMG_3203.jpg 


そして焼きあがったヤツがこれです^^

う~~ん、われながらアッパレじゃぁ~~~アハハハァ~

めっちゃ美味しそうな焼き色がつきました^^





IMG_3213.jpg 

出来上がったヤツを早速、食べることに。
赤絵の皿にのせ、大好きな古伊万里のコーヒーカップでコヒーを。


パクリ~~~♪

おぁ~~~、うんっめぇ~~~!

程よい甘さがいいですね~~^^
二つじゃ足んねぇ~~^^かも・・・・・・








おもしろいプロジェクションマッピング!
IMG_07399.jpg
〈今日の絵〉薔薇の花









IMGP5971.jpg


この植物は「プリンセチア(使用後?)」です^^
ポインセチアのピンクバージョンってとこかも。
この鉢植えは去年の個展で、いただいたヤツです。


すっげぇ~~!すっげぇ~~!


緑の葉がこんもりいっぱい。
元気ハツラツです^^こんなの初めてです。
いつも一冬で枯らしてしまいます。


人呼んで 「枯らしのごくしげ」 と言います^^


なのにどうして、こんなに葉がいっぱい!
下の絵見てください^^
これ去年いただいたプリンセチア(使用前?)を描いたヤツです。
こんな感じに葉がついていました。
ずいぶん少ないでしょう^^

なのにどうしたことやら?
何もしていません。
いったい何を使用したのか、葉がフサ、フサ!

薬局で聞いてみようかなあぁ~~~(笑)




IMGP1246.jpg





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm







浅井宣通氏によるプロジェクションマッピングです。
「OMOTE」という作品で、素顔の女性の顔にプロジェクション
マッピングの技術で、メイクをするといったヤツです。
めっちゃおもしろい3Dアートです^^

建物や空間などには、プロジェクションマッピングをした
ものがありますが、人間の顏面にやってみる
というスタイルは珍しく、めっちゃ興味ひかれますね^^

浅井氏は先月、新宿のすばるビルを
プロジェクションマッピングされたのですが
生憎、私は見ることが出来ず!





新宿すばるビルのプロジェクションマッピングです。





mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm






IMG_3135.jpg


今日のランチは冷やしうどん。
茹でたうどんを冷やし、皿に盛り
その上にトマト、きゅうり、貝割れ、ちくわ、
それに半熟たまごをのせ、お手製のつゆをかけ
マヨネーズに生姜のすりおろしをのせ
は~い!出来上がり~~♪


う~~ん、旨い!さっぱりしてたまんねぇ~~^^


冷やしうどんも今年はこれが最後かも~~^^









ウエストを細く!
桔梗10 
〈今日の絵〉桔梗








IMGP6041.jpg 

ちょっとBOOK OFFへ寄ってみました。
入り口前の横にある100円均一コーナーを見ると


「腹だけで痩せる技術」 植森美緒著


おぉ~~~!こりゃぁ~~偶然!


いや、必然的なのかも^^


実は以前から腹の贅肉を落として
もっとウエストを締まらせなければぁ~~

と思いこの植森さんが薦める「植森式ドローイン」
ってヤツを1週間ほど前から始めたんです。


780円が何と108円になっていました。
つーことで、この本ゲット~~!♪


TVでちょっと見て、このドローインの仕方は
知っていたのですが、詳しいことは全く知らず!

1日どのくらいの時間やればいいのかぁ?
息はどうすれば良いかぁ?等々。


この痩せ方は、腹筋を凹ます運動を繰り返す
ことにより、筋肉は形状記憶するという。
こうして凹んだ時の形をしっかり覚えさせ ると
次第にそのような形になっていくという方法だ。


めっちゃ簡単な運動です^^

①背筋を伸ばす

②肩を後ろに引く

③お腹を凹ませる
 その時、息を止めてはダメ!息は自然にする。

この運動を繰り返せば良いのだ。


めっちゃ簡単でしょ^^ 


メタボ腹から今、女性に人気の細マッチョへとなれたらいいですね。



猫20 

おい!メタボだってぇ~~~!失礼な^^
おいらだってガンバルぞぉ~~~!



あ、そうそう、時間はいつでも良いらしい。
座ってパソコンを打っている時でも
家でTVを見ている時でも。
交差点での信号待ちでも。

器具など一切いりません。
やってみてはいかがですか?


おい、おい、自分がやれってぇ~~!


最後にここだけの話!

1週間といっても、 1日5~6回、
1回につき5回ずつくらい続けたんですが


猫10 

おイッチ、ニイ、サン! イチ、ニイ、サン~~♪



ちょっと効果がでてきたんです!
なので、これからみっちりやっていくつもりです。


うっぷぷ~~^^1か月後はメタボ腹ともお別れ!

ウッシシシ~~^^スマートな私が鏡に映っていることよぉ~~^^



あっそう!忘れていました。
この著者の植森さん、何と20年間ウエストを58cmを
維持している女性です。現在49歳だそうです。




mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm






IMG_3128.jpg 


IMG_3121.jpg 

今日のランチは、ちりめんじゃこに梅肉入り炒飯です。
大葉を散らし、さっぱりと美味しくいただきました。


因みに湯飲み茶わん!
これ友達の陶芸家I氏が造ったヤツです。
彼の作品、何点か持っていますが、
とても使い安く、また素朴な感じの中にも
センスある作品が多いです。




IMG_3114.jpg 

そしておやつは・・・・・・・
って、実はこの和菓子、おやつではなく
炒飯と一緒に食べちゃいました。



う~~ん、甘くてうっめぇ~~!



おい、おい、大丈夫かなぁ~~~
こんなに食べて。
メタボちゃん、さようなら~~!
じゃなかったんだっけ~~?


因みに、和菓子は栗羊羹と青梅です。
青梅の中には梅が丸ごと1個入っています。
自分で作ったものではありません。
コーヒーカップ&ソーサーは手書きによる
美濃焼です。
色彩もデザインも大好きなカップです^^






男のヘアーカット
IMG_0737.jpg 
〈今日の絵〉モーニング



朝日のあたる朝、朝食に食べたデザートを描きました。
外の木の影が織りなすシルエットがおもしろかったので
描いてみました。
これはA4くらいの大きさです。
それが短時間でスイスイと進み、仕上がりました。
時々こんなことってあるんです。








これからカットしに、行ってきます。
2週間に1度くらいの感じで、ヘアーカットをします。



じゃ、いってきま~~す^^



こんばんは~~^^ごくしげで~~す^^





今日はヘアーカットのお話です^^ 
 
私、「ごくしげ美容室」に通っています。
零細企業で従業員は雇えず
たった一人の美容室です。


あははははぁ~~^^


ごくしげ美容室とは実は自分で自分の髪を
カットしているんです。

この、ごくしげ美容室とはもう長いお付き合いです。
もう20年くらいになるかも^^
その前は暫く他の美容室へ通っていました。
そしてその前もごくしげ美容室でした。


最初に自分でカットしだしたきっかけは
まだ若い潔白な頃のこと
その頃は理容室、そう床屋へ行ってました。
だが、カットしてもらっても、納得いかないカットばかり!


まず、おいら床屋に行ってきました~~。
な~~んて誰もが、直ぐ分かるような仕上がりです。


それが嫌で嫌で~~

もっとナチュラルにならんかなぁ~~~


何て、いつも思っていました。
それで自分でカットしよう!

と、思いレザーカッターやハサミを買い込み
鏡の前で、悪戦苦闘!

プロの人が見たら、揃ってなく下手だなぁ~~
と思われますが、私は満足!
そう、念願の床屋でカットしてから1週間くらい
たった感じになっていたのです。


今じゃベテラン!
なんなら刈ってやってもいいですよ^^(笑)



IMGP6036.jpg 

これは今、私が使用している散髪の道具です。
洗面室にある大きな三面鏡の前に仁王立ちで
ジョキ、ジョキやっています^^
因みにこの手鏡100均でゲット!~~♪
裏には何とキティ―ちゃんのイラストが^^あははははぁ~~




その後、芸能人やカッコいい男は
床屋ではなく美容室に通っている。
ということを知り、美容室へ通うことになりました。


美容室も今では男も通っていますが
当時は特定の人を除き、ごく少数!


美容室へ入るのもちょっと、勇気がいります。


ある日、意を決し美容室の扉をあけました。
そこには釜を被った女性やカットをしている女性が。
やっぱ当然、みな女性です。
男の美容師なんてのも、まだほとんどいませんでした。


なんか何とも言えねぇ~~やな空気!





仕上った頭を鏡でみると、私の願っていた通りの仕上がりだ。!
ソフトでナチュラルで・・・・・・
もう最高~~~~!


てな、わけで私は美容室に通うことになりました。


当時、私のヘアースタイルはマッチ(近藤真彦)や
トシちゃん(田原俊彦)みたいな感じの髪型でした。 

    田原   マッチ

私もこんな感じかなぁ~~^^顏は別として^^



ヘアースタイルの流行もおもしろいですね^^
1950年代に流行ったGIカット。
これはアメリカ兵に多い短髪で
ちょっと角刈りに似たヤツだ。

そのころ慎太郎刈りというのもすっげぇ~~
流行ったようだ。
これは芥川賞を受賞して文壇にデビューした頃
石原慎太郎氏がやっていたヘアースタイルだそう。

image005.png    image001.jpg




この頃、女性の間ではヘップパーンカットが大流行!
女優オードリー・ヘップパーンがやっていた
ショートカットである。

ヘップパーン 





そして1960年代はあのビートルズがやっていた
マッシュルームカットが流行った。
額を被る前髪にマッシュルームのように
ふっわと膨らんだヘアースタイルです。

マッシュ    日村  

ありゃりゃ~~^^ こりゃダメだぁ! 
 




そして1960年代後半にはアイビーカットだ。
アメリカのアイビーリーグの大学生の間から生まれた
七三に分けた短い髪型です。 

    
1970年代には、あのジュリー(沢田研二)がやっていた
ウルフカットだ。
襟足も長くし、その毛先にレイヤーを入れて、毛を削いだヤツである。

1970年代後半には、パンチパーマなんてのも流行った。
ちょっと怖そうな、あちらの方もやていまいたね^^

image0033333.jpg   





そして1980年代となると、あのリーゼントだ!
街のヤンキーが盛んにやっていたあの髪型は
どんどんエスカレートして、ボリュームが大きい高い
方がめっちゃカッコいい!
な~~んていって、当時のロックンロールやっていた
嶋 大輔?とかいったのが、めっちゃ頭を膨らませ
日常生活に支障ないのかなぁ~~?
何て思わせる笑っちゃうヘアースタイルだ。

嶋    image006.jpg

オヨヨッ~~~!
カツラじゃ、ねぇ~~よなぁ~~^^
毎日ご苦労さんでっす!





やがて1990年代になると、ロン毛というのが流行った。
キムタクがやっているスタイルだ。
今でも彼は相変わらず、ロン毛スタイルだ。
正直私は好きでない!


2000年代になると、ソフトモヒカンだ!
2002年に日韓共催で開催された
ワールドカップでイギリス代表選手の
ベッカムがやっていたあのヘアースタイルです。

あの時の彼はプレーもさることながら
このソフトモヒカンがめっちゃかっこ良かったでしたね^^

image002345.jpg 





私もソフトモヒカンとまではいきませんが短めにし
毛を強力なジェルで固め前髪などを
しきりに立てましたね。

これは今でもやったりしますが、年齢とともに
毛髪も軟弱になり、ピッシっと立ちません。


この軟弱者~~~~!


でも、こればかりは仕方ないかぁ~~~
 


ごくしげ美容室は今日も客がひとりだけ!
いつまで営業、続くことやら^^










院展を観に上野へ^^

IMG_07331.jpg
 
〈今日の絵〉芙蓉の咲く田舎道








IMGP5983.jpg 

院展を観にいきました。
院展は春の院展も含め、もう数えきれないくらい
観にきてるなぁ~~。

9月2日~15日まで上野公園にある
東京都美術館で開催されています。

もう前から行こうと思ってたのに、前売り券買わずに
あわてて開催前日にセブンイレブンへと!
一般900円が700円になるので
これは絶対見逃せませんよね^^

って、分かっているのにいつものパターン!
後へ後へと延ばし、締切間際にあせってやる。
こんなこと、子供のころからやっています^^
楽しい、楽しい夏休み!
宿題なければ最高の夏休み^^

1カ月以上もあるのに、最後の数日で仕上げるんです。
コツコツ派ではないんですね^^
これ、直らんでしょうね^^永遠に!






IMGP6025.jpg

今回の院展は出品総点数が300点!
日本画って大好きなんです^^
以前から描いてみたいなぁ~~
と思いつつ、やっていません。
透明水彩画に走っちゃったんです。


日本画を描くモチーフや描き方、色使いなど
少しずつ変わっていったりしていますね。
日本画の基本そのものは変わらないのですが
やはりブームというものがあるんでしょうね。


5~6年前頃までは、ひまわりを描く作家に
枯れたひまわりを描く絵がけっこう見られました。
その前までは、枯れた花なんてモチーフとして
扱われなかったような。
ひまわりはゴッホが描くように燦々と射す太陽の下で
情熱的に咲くあのひまわりでしたからね。


今回はそのブームも去ったのか、ひまわり自体
描いてる作品はたった1点のみ。
やはり流行の力ってすごいですね^^


数ある作品の中に、こりゃぁ~~いいなぁ!
といったのが何点かありました。
承知の通り館内は撮影禁止のため
その作品を載せることできないんですが
買ったハガキから撮って載せました。 

 






蛍 

「ほたる」 松村公嗣氏の作品です。
この作品が今回の院展のポスターに使われました。
めっちゃステキな絵です^^


蛍と言えば、私がこの蛍を見たのが
たった数年前が初めてでした。
以前から見たい、見たい!
と思いながら、なかなか実現できず!

実に感動的でしたね^^
あの暗闇に光る輝き!
幻想的でめっちゃ興奮したのを覚えています。 


 



月明り

「月明り」 田淵俊夫氏です。
大好きな画家です。
今回は月明かりに浮かび出る桃?それとも桜の
花でしょうか? ちょっとわからん!


実際にその場で写生して対象に忠実に描く場合と
それらを基に浮かび上がってくるイメージで
描く場合があると彼が言っていましたが
たぶん、この絵は後者のような感じがしますね。


それはあまりにもナイス過ぎる。
そして装飾性を感じるので^^





田淵 






IMGP6031.jpg 

これは田淵氏の描いた智積院襖絵の一部です。
この作品は今回展示されたものではありません。

春夏秋冬とある襖絵から金剛の間の夏です。
めだけが墨一色で描かれています。
墨の濃淡そして生き生きと伸びる線のタッチ!
線一つにも、ものすごい生命力を感じますね^^


う~~ん、たまらねぇ~~!^^


彼のこうした墨一色で描かれた絵っていいですね^^



あと毎回気になる絵があります。伊藤髟耳氏の絵です。
かなりデザイン的な絵です。
ちょっとお見せできないのが残念なんですが。
あの淡い色彩とからまってとても清々しい、いい感じです。






IMGP6001.jpg 

美術館を出て園内をぶらぶら。
上野東照宮の門前です。
徳川家康を祀る神社です。
ここ、初めて入ります。
こんなところにあるなんて知りませんでした。
何回と上野公園に来ているのに。


そうだぁ! この前まではきているぞぉ~~!
たしかこの神社では、牡丹祭りをやっていたな^^

牡丹祭りを観るには見物料金が取られるので
あきらめて入らなかっただけのことだったんだ。


この、ドケチ~~~!アハハハハァ^^






IMGP6008.jpg 






IMGP6011.jpg 

よよぉ~~っ!

絵馬に書かれた祈願。


なぬ~~~~!


外国語ばかり!


This is a pen.
I love you.


アハハハハァ~~~~^^



そう言えば、今日拝観に来ている客のほとんどが外国人!
めっちゃ不思議^^
この神社、日本人には人気ないのかなぁ~~?






IMGP6016.jpg 

石畳に映る木の枝の影。
いい感じの模様となっていますね。
これもアートだ! 
ひょっとしたら、今日一番のアートかも~~^^






IMGP5991.jpg 

公園内では様々な大道芸人が。
中南米からのミュージシャンです。
ケーナやフォルクローレを奏でています。
めっちゃ軽快で陽気な旋律のなかに
ちょっぴり哀愁があり心に響きますね^^




mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm





IMG_3080.jpg 



IMG_3077.jpg 

先日のランチのオムライス!
これがめっちゃ美味しかったぁ!

今まで作ったオムライスの中で一番かも~~^^

それにコーヒー。
因みにこのカップ&ソーサーは鎌倉で入手したもの。
紺地の円の中に描かれた、日本的で抽象的な絵が
めっちゃいい感じ!

ブルーでテーブルコーディネートしてみました。