つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



坂のある街
IMGP6525.jpg 
〈今日の絵〉夕映えのスカイツリー









シスコの街10 
サンフランシスコの街   (写真はお借りしました)

坂のある街って、なぜか好きですね^^
あの坂から感じる情緒ある風景が。

世界の中でも、この坂のある美しい街が
数々ありますね^^

私的にはまず、アメリカのサンフランシスコ。
ポルトガルのリスボン。
そしてイタリアのナポリ。
更にはメキシコのタスコや、サンミゲル・デ・アジェンデ!
みなそれぞれ趣のある坂の街ですね。



なんで今日はこんな話になったかというと
昨夜見た夢の中に、この美しい坂の街が
でてきたんです。
でも、これは日本の何処かなんです。
その坂の街がどこなのかは、分かりませんでしたが。


この坂のある街の、坂の途中にある家に
私が住んでいるといったストーリーですが。
いや、待てよ!
ストーリーたって、ただこの家に住んで
暮らしているといっただけのことなんですが。

実はこの夢は過去にも、何回となく見た夢なんです。


坂への憧れがあるのだろうか?
確かに坂のある街は大好きだ!
そして住むなら、坂の途中が断然いい!


例外もあるが、極一般的に考えると、
だいたいこのような感じになっていると思う。
坂の下に住む人々は、いわゆる庶民層。
そして眺望の良い坂の上に住む人々は富裕層。
そう、金持ちたちの家である。
これは世界共通のようである。


おいおい、坂の下に住んでるけど
わしは金持ちだぞぉ~~~!

な~~んて方もいますが~~^^



となると、夢からだが、坂の途中に住む私は
中層階級者となるのだろうか(笑)
やけに半端だなぁ~~
どうせなるなら高額所得!
そう、金持ちになりた~~い!


もし、10階建てのマンションに住むとしたら
皆さんはどの階がいいだろうか?

そうですね^^私は6階以上9階未満かなぁ^^

やっぱ1~3階は遠慮したいですね。
これは日照問題や騒音などを考えてですが。
ここでも上の階にいくほど分譲額が
高くなっていきます。
まるっきし、おなじ間取りで同じ内容で。


戸建であろうが、マンションであろうが
やっぱ坂のある街ってのがいいですね^^
誰もが高い所への憧れって、あるのだろうか?



そうだ!忘れていました。
日本にも坂のある情緒ある街がありますね^^

函館、横浜、神戸、長崎・・・・・・
そして東京にも坂のある街がいっぱいありますね。
23区内で文京区では名前のついた坂が126か所。
そして次に港区である。
これが121か所もあるという。


そして都内で一番多い名の坂は
「富士見坂」だそうです。
これは約20以上もあるそうです。
かっては、この坂からは美しい富士山が見えたんでしょうね^^
でも残念なことに、富士山が今でも見れる坂は
ごくわずかとか。




もみじライン




IMGP64752.jpg 

今年も咲いてくれました^^
我が家のデンマークカクタスが。
鉢植えを買ってから7年位経っているだろうか。
毎年、このみごとな咲きっぷりである。



IMGP6464.jpg 

そしてシュクラメン!
これは今年買ったヤツです。
来年も咲いてくれるといいんですが^^


もみじライン 


IMGP6307.jpg 

朝食にピッザトーストを作って食べました。
トマトに玉ねぎ、ピーマン、ハム
そしてチーズを載せて。
簡単、簡単!


で、これを何枚食うのぉ~~~?

もちろん、これ1枚っす!何か~






スポンサーサイト

ホテルニューオータニで、ランチビュッフェ~♪
IMG_07691.jpg 
〈今日の絵〉Jに捧げる赤い花





「赤い花 白い花」


赤い花摘んで  あの人にあげよ♪

あの人の髪に  この花さしてあげよ

赤い花、赤い花  あの人の髪に

咲いて揺れるだろう  お陽さまのように





ホテルオークラよこ 

「男女5人秋物語」の始まりです^^
内訳は男2人、女3人となります。
平均年齢は申せません。
2名ほどグ~~~っと平均年齢を
高くしている人がいますので。(笑)


冗談はともかく、この男女5人で
ホテルニューオータニーのランチビュッフェを
食べに行ってきました。

う~~ん、たしか私の当てにならない記憶によると
今年の6月頃家内と、一度行った記憶が・・・・・・・

今回、私が幹事をやらされ、
このランチビュッフェとなりました。
夜は外出できない??のが2名いるので。


始まる40分前には既にホテルに到着!
つーか、私は20分程前ですが。
年寄りの一日の始まりは早い!


あぁ~~っ!ヤバい!まぁいっかぁ~~~


そう、2名がおりますので。早いのです^^
そのうち1名は脚を悪くしまして、歩行困難状態!
なので、何事も余裕をもって早めにね^^







IMG_3814.jpg 

ホテルの中にある日本庭園です。
庭園にはこうした滝も見られます。
一万坪もある広大な日本庭園を眼下に
眺めながらのランチです。

眺め抜群!
めっちゃ気持ちいいです^^





IMG_3790.jpg 

私は赤ワインをオーダー!
って、グラスには、もう残り少なくなってますが。
さんざ飲んで。

「あぁ~~っ!カメラ」


既に遅し!
食べるのと話しに夢中で、気が付いた時には
この状態でした。





IMG_3787.jpg 

ランチは”サンドウィッチとスイーツビュッフェ”です。
色々な種類のサンドウィッチがいっぱい!

ローストビーフサンドに、クラシックポークカツサンドetc
それにハワイの朝食の定番、エッグベネディクト。


って、ローストビーフサンドも、ポークサンドもねぇ~~じゃん^^



そう、これ2皿目の写真なんです^^
アハハハァ~~^^1皿目を撮るの忘れちゃいました!





IMG_3795.jpg 

そして楽しみにしていたカレーです。
前回来た時に、気に入ったこちらのカレーが
塩麹チキンと茸のイエローカレー!


ご飯は盛らず、クロワッサンにしました。
そう、そう^^ダイエットのためです^^


口に入れると最初は甘く、後にピッリとした辛味が^^



う~~~ん、やっぱうめぇ~~!

お代わり~~~!


っと、いきたいんですが・・・・・・・・・





IMG_3794.jpg 

スイーツです^^
これをペロリ~~~!


そうはいかないんです。
これは女性のヤツを借りて写真とりました。
そう、そう、ダイエットのためです。
食いたいのをグッと、我慢、我慢!





IMG_3798.jpg 

ぶどうシャーベットにバニラアイスクリームです。






IMG_3801.jpg

食後は日本庭園を散策。
天気も良く、めっちゃ気持ちいい! 





IMG_3809.jpg 






IMG_3805.jpg 






IMG_3806.jpg 

赤い橋を渡ると、そこには石心亭(鉄板焼き)があります。
今度来よう~~!
って、前回も思ったのですが、まだ実現せず!


今度、来よう~~~~^^






IMG_3811.jpg 

久しぶりにあった「男女5人秋物語」の会話ときたら
あそこが痛い。ここが悪い。
そんなお話がけっこうありました。

平均年齢を高くしている、お2人がいるもので^^
どうしても、こういったお話が多くなりますね。


食事して散策して^^
3時前には解散!

年寄りの夜は早い。


どっこいっしょ!(笑)


今度はディナーに、きたいですね^^





後藤 泉のランチタイムコンサート~♪

IMG_0766.jpg  
〈今日の絵〉秋彩







IMG_3720.jpg 

仕事の合間、昼休みを利用してランチタイムコンサートを
聴きに行ってきました^^
会場は我が家の近くです。


45分ほどの短い軽いコンサートです。

入場無料!

となると、やっぱ観客はすごい!
人、ひと、ヒト~~~!
350名ほど収容できるこの劇場は満席。
立ち見の人も、いるほどです。


こりゃぁ、想定外!
よくもまぁ、平日だというのにこの観客の多さ!
ビックリ!暇人はいるんですね^^
って、私もその一人なんですが。何か~~


でも、こんなにクラシック音楽好きな人って
いたかなぁ~~~
な~~んて、いくらか疑問に思ってしまいますが^^


入場無料!


なるほど、なるほど^^



IMGP6405.jpg 

今日のコンサートはピアニストの
「後藤 泉さん」です。

プログラムはグリークのペールギュント第一組曲
そしてソルヴェーグの歌。
それにシサスクのカシオペア座に
最後はショパンの英雄のポロネーズです。

英雄のポロネーズはいつ聴いても心地よいですね^^
私的にはブーニンの演奏が好きなんですが。
あとポロネーズで好きなのは、
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
もいいですね。これはめっちゃ好きです。
今日、この曲は演奏に入っていないです。


残念!


何を我がまま言ってんだよぉ~~~オッサン!


そうですね^^タダなんですからね^^



後藤 泉さん、これまたかなりの美人さんです。
ピアノに美人!
これって昔からのお決まりですよね^^
まぁ、お決まりでないような方も時々見かけますが。(失礼)


私が子供の頃は、ピアノを習っている女の子って
クラスでも少なかったでした。
そうそう、たった一人ヴァイオリンをやっている
女の子もいましたね。


今は女の子が生まれたなら”ピアノ”を
と、誰もが習っていますが。

そして昔は、ピアノを習って弾くような女の子は
金持ちの子でしたね。
また、なぜか可愛い子ばかり~~~!


今は、ピアノも普通の家庭で、普通の顏して、普通の女の子!
なんて時代になっていますが。



プログラムが終わり、会場は盛大な拍手!
そして短い時間の中でも、アンコール曲を弾いてくれました。
「アベ・マリア」でした。

彼女、CDもリリースしているとのことです。
これからの活躍が楽しみの若手ですね。 





 
IMG_3722.jpg 

ホールの後ろに流れている川に白鷺がいました。
いったいどこの田舎なんだろう?
白鷺が見れるなんてぇ~~~^^(笑)

写真には写っていませんが、もう2羽いました。
可愛い小さい子供でした。





IMGP6394.jpg 

我が家のベランダに、赤いシュクラメンの花が咲きました。
このシュクラメンは去年友達から頂いたヤツです。
春、夏を越し、こうして見事な可愛い花を咲かせてくれました。
めっちゃ感激です!





IMGP6449.jpg 

黄色いミニ薔薇です。
これも我が家のベランダの仲間です。




もみじライン 





IMGP6343.jpg  

そしてまたまた、作っちゃいました。
パンケーキです。
今度は我が家にあった、フルーツをのせてみました。
メイプルシロップをかけて食べました。


これまた、うめぇ~~~~!


ごっつあんでした~~~! 


 


ドビュッシー/月の光によせて
IMGP6312.jpg 
〈今日の絵〉ドビュッシー/月の光によせて











いきなりこれですが、まず聴いてくださいね^^
フジコ・ヘミング演奏のドビュッシー「月の光」です。



今日の絵のタイトルの経緯をちょっと、
ばらしちゃいますね^^

なんじゃいなぁ~~?このタイトル!
実はこのタイトルは偶然と言うか、ひらめきと言うのか
必然というのか・・・・・・
この絵を描く段階ではタイトルはまだ
決まっていなかったんです。

そう、タイトルって描く前に既に決めていたり
また、描き終わってから、何にするかなぁ~~
なんて、決めます。

しかし、これはシコシコ描いてる最中に決まったんです^^
私は絵を描く時は、だいたい音楽を聴きながらです。


そう、この日描いていた時に聴いた音楽が
このドビュッシーの「月の光」だったんです。

描きながら、聴きながら気分はノリ、ノリ!


暮れゆく街の光景。
ワイセンベルクの奏でるピアノの優しく甘い旋律~♪



う~~ん、もう、これっきゃねぇ~~じゃん!


そう! ドビュッシーの「月の光」



かなり前からこの黄昏時の街の風景と
薔薇の花を融合させて一発、描きたいなぁ~~
という構想、願望があったんです。


窓辺に咲くバラの花。
窓の外は静かな、静かな黄昏時^^
一日の中で、最も心落ち着き穏やかな気分になる時なんです。

しかし、描きながらタイトルが決まった~~!
なんてのは、初めてですね^^



絵のタイトルのことなんですが、ある人が
こんなことを言っていたのを耳にしました。


「ねぇ、薔薇の花を描いた絵に
”薔薇の花”っていうタイトルはねぇ~~よなぁ^^」


その人曰く、誰が見たってこりゃ、薔薇だって分かるもの!
もっと一工夫して欲しいよ。
ってことなんですが・・・・・・


オヨヨッ~~! 私のことだ~~~!


そう、そうなんです^^
私は、ほとんどがそんな感じのタイトルなんです。


たしかに彼の言うことにも一理あり~~!


でも、私が思うには作家の感じた個人的な感情で
タイトルをつけられると、そのことが邪魔して
自分なりに広がるイメージが自由に湧いてこなくなるのでは^^
展示して見てもらうなら、もっと見る人のことも考慮しろよ!

な~~んて、思いますが^^

なので、私は絵を見る方、それぞれの思い、感じ方を
邪魔しないで見て頂いた方が、よろしいのでは^^
と思っています。


これだと、私もかなり楽ですしね^^
タイトルにあれこれ考えなくて済むので^^


いや、いや!楽だからだけで、付けているのでは
決してないけどね^^



もみじライン 



IMGP6365.jpg


IMGP6380.jpg 

休日の朝食はかなり遅く、ブランチってことで^^
パンケーキを焼いてレタスにきゅうり、
それにベーコンを焼き、目玉焼きをトッピング!
ほんとは、トマトも欲しかったんだけど
我が家の冷蔵庫は、この何日か買い出しに
行っていないそうで只今、空っぽ状態!
とりあえず、あるものだけで作りました。


う~~ん、 うめぇ~~!


パンにのせて食べるのもいいけど、
パンケーキにのせるのも、
また、美味しですね^^~♪







皆既月食&ウォーキング~~
IMG_0754.jpg 
〈今日の絵〉尾道 、猫の細道







今夜は皆既月食です。
満月がそっくり、すべて地球の影に隠れ、赤銅色になるのだ!
今回はその現象が約1時間ほど見ることができる。
というので、ウォーキングをしながら見ることにしました。



IMG_3613.jpg

↑これは午後5時半頃の月です。

午後6時ちょっと過ぎに家を出て
ウォーキング開始だ! 
1週間ほどウォーキングさぼり、昨日からまた開始です^^ 

 



IMG_3638.jpg 

月がどんどん欠けてきました。
1/3くらい欠けたかなぁ~~
私が歩くコースには食べもの店が何軒かあります。
いずれもチェーン店で大きな店ばかり。

腹が空いている時は、めっちゃヤバい!
今夜は夕食前のウォーキング。
こりゃぁ、ヤバいかも^^


しばらく行くとまず、回転寿司店だ。
今日は、あまり客が入っていなそうだ。
平日はいつもこんな感じの客数のようだ^^


大丈夫、大丈夫!
腹は余裕のよっちゃんである。


そして釜揚げうどん店が見えてきた。
ここは休日以外、余り込んでいない。
というか、ほとんど客がいない!
これで店やっていけるのかなぁ~~
なんて、くだらない余計なこと思ったり^^





IMG_3647.jpg 

だいぶ月が見えなくなってきた。
そして赤銅色となってきた。
この皆既月食の月が赤銅色になるのは
太陽光が地球の大気で屈折し、
波長の長い光だけが、かすかに
月の面を照らすため、このような赤銅色になるそうだ。


釜揚げうどん店を過ぎると、次はステーキ店だ!
ここのハンバーグは何回か食べたが安くて、けっこう美味しい!


この店で、空腹は頂点に達します!


意地悪なことに歩道にまで、あのハンバーグを焼く
美味しい肉の匂いがただよい
ただでさえ鼻のきく私にはもう、最悪~~~!

少し足早に通り去り、この誘惑から逃れます。




IMG_1798.jpg 


↑これがピッザ店。
以前、描いた絵をアップしました。
こうすると私がどんな思いをして
食べたいのを我慢して歩いているのが
よりリアルに伝わるのでは^^(笑)


国道に突き当たる手前でUターンして
反対側の道を今度は歩きます。

そのUターン点にピッザ店があります。
これまたヤバいです。
なんたってピッザは私の大好物!
毎日食べてもいいくらい、好きなんです。

美味しそうな看板を横目に
これまた急いで通過!

まだまだあるんです^^誘惑の店が^^
石釜焼きパン店。それにファミレス!



IMG_1787.jpg 

↑これが石釜焼きパン店です。
これも実際の店を描いたものです。


すごいでしょう^^誘惑の店がこんなにあるんです。


やっぱ夕食前のウォーキングはやめよう~~^^
夕食後がいいですね^^





IMG_3656.jpg 

7時15分頃家に着いて、ベランダからの撮影です。

もうほとんど月は隠れて、ほんのわずか
頭を出し残っています。


次ぎ日本で見られる皆既月食は2015年4月4日です。




IMG_3576.jpg 

2日前、台風一過の空に映えるスカイツリー!
我が家のベランダから撮影しました。
空はピンク色にそまり、めっちゃきれい!
こんな情景はあまり見られないですね^^





スカイツリーたて 

どうっじゃぁ!きれいでしょう~~~^^


読書の秋 VS 食欲の秋^^
IMG_1453.jpg  
〈今日の絵〉My living room 









 
IMGP6276.jpg 

本棚の板が本の重みで歪んできた。
危ないので補強をするハメとなりました。

おぉ~~、面倒!

誰かやってくんねぇ~~かなぁ~~^^

な~~んて言っても誰もいない。
仕方なく、まず沢山並んだ本の取り出しから始めです。


「読書の秋」でもあるし、今日は本の話でも^^

「食欲の秋」の話しの方が、えぇ~~なぁ~~
何ていう方もいると思いますが、ちょっと付き合って下さいね^^



IMGP6187.jpg 

昔、若い頃。こんな女性がいた。

いわゆる「文学おんな」である。
いつも本を読んでいます。
ちょっとした時間も読書です。
それが分からん小難しい文学ばかり!


そして恋愛話しになると、決まって
「結婚はしたくないわぁ^^サルトルとボーヴォワールの
ような関係がいいわぁ~~」って。
そう、今でいう事実婚ってヤツですね^^
あの頃は「同棲」って言葉がこの関係を占めていましたが。


あの頃、その女性が読んでいた本は
たしかボーヴォワールの「第二の性」!

「第二の性」???

何じゃろう~~^^
ちょっとこのエッチそうなタイトルに魅かれて
私もこっそり読んでみた。


>☆×;@@×;☆<~~~^^


ボーヴォワール曰く

「人は女に生まれない。女になるのだ」


これは、この本の冒頭にある有名な言葉だ!

幼い頃から女は男の付属品のようなもの。
いつも受動的で。
男尊女卑の精神を植え付けられ成長するのだ。
男が中心の社会で、女は不当な差別を受けてきた。
性の違いに関する差別は撤廃すべきだ!云々。

そんなことが書いてあったと思う。



でも、今はずいぶん変わりつつあります。
男女雇用機会均等法などができたり、
女性の社会への進出、活躍も多くなった。

男女逆転し、女性が働きにでて
夫が家事、育児をやる育メン主夫なんてのが^^

男女同権どころか、女の付属品となってしまった
夫もでてきている。



サルトルとボーヴォワールは生涯、事実婚を
貫いたが。

友だちから「文学おんな」が結婚したぞぉ~~~!
とは聞いたけど、事実婚なのか何なのか
分からなかったが。


あの「文学おんな」は今、どんな結婚生活を
しているのだろうか。
彼女にとって、この日本は生活しやすい
環境になったのだろうか?

あの頃で、男女同権を主張していた女って
あまりいなかったけど・・・・・・
でも心底では皆、男女同権を抱いていたのでしょうね。


「第二の性」5巻あったけど、
下心ありで読んだ私は、結局1巻で挫折!
2巻目は何度か開いたが、居眠りの毎日で
ページは前へ進まず!(笑)

私の下心は大きく外れてしまったのだ!


う~~ん、やっぱ「食欲の秋」が一番ですね^^




もみじライン 




IMG_3535.jpg 


IMG_3546.jpg 

友だちKさんから、かぼちゃを頂きました^^
北海道産の栗味かぼちゃです。






IMG_3557.jpg 

この栗味かぼちゃを、コロッケにして
家内が料理してくれました。

鶏挽き肉とたまねぎが入って、ちょっと和風味の
美味しいコロッケとなりました。
ソースはケチャップと醤油とわさびの混ぜ合わせです。



栗味かぼちゃ、初めて食べたが

う~~ん、柔らかく甘い!
旨いコロッケでした。





チューリヒ美術館展へ~~♪
 
IMG_07442.jpg   
〈今日の絵〉秋韻








IMG_3460.jpg 

国立新美術館で開催されている「チューリヒ美術館展」へ行きました。
印象派からシュルレアリスムまで
巨匠たちの絵画、彫刻が展示されています。
チューリヒ美術館のコレクションから選ばれた
フランス印象派に始まり、クラシック・モダンンと言われる
時代の名品70点あまりを展示しています。





IMG_3475.jpg 






IMG_3466.jpg 

この美術館は建築家、黒川紀章氏設計による
素晴らしい建物です。
好奇心旺盛!めっちゃユニークな人のよう。
亡くなって、もう何年になるのだろうか?
都知事選や参議院議員選挙に出たり、
積極的に人生を楽しむ人のようでしたね^^





看板たて  

印象派のモネからフォーヴィズム、キューヴィズムの
ピカソらの絵画を何点かアップしました。



モネ 
モネ「睡蓮の池、夕暮れ」 1916/22年


なんてたって、今回の目玉はこれ!
そう、モネのこの睡蓮です。衝撃的な夕陽の色彩!


展示室に入って横の部屋壁一面に
この「睡蓮」の絵が目に飛び込んできます。

思わずハッとさせられます。
なんと横幅6メートルもある大作です。
日本で展示されるのは初めてです。





IMGP6226.jpg 
セガンティー二「虚栄(ヴァ二タス) 1897年





IMGP6241.jpg 
モネ「国会議事堂、日没」 1904年




IMGP6206.jpg 
ドガ「競馬」 1885/87年頃




IMGP6204.jpg  
ゴッホ「サント・マリーの白い小屋」 1888年 
 
う~~ん、やっぱゴッホはいいですね^^
この強烈に飛び込んでくる色彩!
そしてゴッホならではの筆のタッチ!
これが今から120年位前に描かれたとは
思えない、新鮮さを感じる斬新な絵ですね^^

いつも思うのは、こんな偉大な凄い画家が
生きている間に売れた絵がたった一点とは・・・・

そして更に思うことは、弟テオのこと。
兄、ゴッホのために金を援助し、一生を
兄の支えとなって亡くなっていったテオ。

ゴッホが亡くなってから、わずか半年後
テオも後を追うように亡くなっていく。

そして二人の墓は、フランスの片田舎オーヴェルに
寄り添うように墓石が並んであるという。

いつかいってみよう!
宝くじ当たったら~~~^^ 




 
IMGP6222.jpg 
ヴァロットン「訪問」 1899年




IMGP6239.jpg 
ムンク「ヴィルヘルム・ヴァルトマン博士の肖像」 1923年




IMGP6219.jpg     IMGP6211.jpg 

IMGP6238.jpg     IMGP6217.jpg 
左上 キルヒナー「小川の流れる森の風景」 1925/26年
右上 マティス「マルゴ」 1906年
左下 ベックマン「マッマクス・レーガーの肖像」 1917年
右下 マグリット「9月16日」 1956年
 

左下の肖像画、友達のs氏に似てる~~!(笑)
ちょっと強面のところが^^
そして体型も似てますね。
つーことで、載せてしまいましたぁ~~!




IMGP6212.jpg 
ピカソ「ギター、グラス、果物鉢」 1924年





IMGP6231.jpg
アウグスト・ジャコメッティ「色彩のファンタジー」 1914年




IMGP6215.jpg
ダリ「バラの頭の女」 1935年
何も言うことナシ!




IMGP6235.jpg  
ジャコメッティ「矢内原伊作の肖像」 1957年 

彼の彫刻は良く見ますが、
絵となるとあまり見たことがないですね。
めっちゃ興味ありです^^ 



もみじライン 



IMGP6248.jpg 

新潟の叔母から今年もこの舞茸が届きました。
叔母の家では舞茸を栽培しています。




IMG_3527.jpg






IMG_3510.jpg 

昨夜は友達と呑んだくれ~~~!
帰宅したら、舞茸炊き込みご飯が
作ってあるではないですか^^。
今朝、届いたこの舞茸と、先日新潟から
送ってきた、こしひかりの新米で。

さんざ飲んで、帰ってきたのが夜の11時過ぎ。

このご飯みたら、もうめっちゃ食いたくなり
やっちゃいました!大食い。
この茶碗に2杯食べちゃいました。


やっべぇ~~!どうしよう^^


食べた後に後悔です。
またメタボ腹に逆戻りか。 

でも、めっちゃ旨かったし・・・・・・^^

まぁ、いっか!^^ 



つーことで「芸術の秋」と「食欲の秋」と「呑んべーの秋」
3つの秋を堪能しました^^