つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



紅葉の袋田の滝^^
IMG_0773.jpg 
〈今日の絵〉シュクラメン







連休に茨城県にある袋田の滝を見にいってきました。
そして竜神峡と花貫渓谷へも。
袋田の滝は何年来、見たいと思っていた滝です。

ここ袋田の滝は日本の3大名瀑のひとつです。
日光の華厳の滝、熊野の那智の滝、
そしてこの袋田の滝となります^^


出発の朝はめっちゃ早起きだ!
午前4時半起床。
いつもなら、こんな時間には絶対、起きられない。
しかし遊びとなると、目覚まし時計で合わせた
時刻より先に目が覚めちゃいました^^


花貫渓谷

IMGP6749.jpg 

まずは花貫渓谷を散策!
花貫渓谷は花貫ダムから名馬里ケ淵、小滝沢
キャンプ場までの美しい渓谷が続きます。
その紅葉した渓谷沿いの道をテクテク歩いていくと
吊り橋があります。

^^名馬里ケ淵^^
因みにこれ「なめりがふち」と読むそうです。





IMGP6770.jpg 

汐見滝吊り橋です^^
花貫川の清流に架かる
長さ60mほどの吊り橋です。

残念!

もうちょっと早く来れば紅葉真っ只中だったそうです^^
ちょっと遅かったぁ~~~!


でもまだ橋の両側に、きれいに紅葉した
木々が見られました。




 
IMGP6782.jpg 






IMGP6777.jpg 






袋田の滝

IMGP6809.jpg 

入り口にあるエレベーターに乗り一番上にある
観瀑台へ上がります。
このエレベーターに乗る人の長蛇の列が。
なんと30分くらい待ち!
ということでしたが、頑張って待ち並びました。


エレベーターを降りると、思わず


「おぉ~~っ」 という声がでちゃいました。


「すっげぇ~~!。」


目の前に突然、表れたのは見事な滝!
そして耳元には紅葉がおりなす風景に響く水音が。


高さ120m、幅73m。そして4段に落下します。
こうしたことから別名「4段の滝」とも
呼ばれているそうです。


もう感動しまくりで、眺めていました^^





IMGP6814.jpg 






IMGP6818.jpg 

最上段にある観瀑台を下り、少し下の観瀑台から
見ると、また違った滝の表情が見られます。
ここからは、より近くに感じられ、
流れ落ちる水の音もより大きく、迫力のあること、あること!

いやぁ~~、すっげぇ~~スケールの大きいこと。
このスケールの大きさは華厳の滝を超えてますね^^




IMGP6847.jpg 

さらに下ると吊り橋がありました。
この橋から見る滝も絶景のようですが
混雑していたので渡りませんでしたが。


帰り道、前を歩いていたアベックが

これで日本3大名瀑を見たね^^

な~~んて、嬉しそうに言っていました。


ん~~~ん、このぉ~~~


私はあと一つ、那智の滝を見ておらぬ~~^^




IMGP6808.jpg 






竜神峡

IMG_4129.jpg 

竜神峡は奥久慈県立自然公園に位置し
美しい渓流の中を流れる竜神川をせき止めた
竜神ダムの上に、この立派な大吊橋が架かっています。

橋の長さは375m、高さは100m。
長さは本州一番だそうです。


もちろん渡り、そして帰ってきました。




IMGP6873.jpg 

橋の上から眺めた光景です。

絶景です!最高ですね!

何かヨーロッパの景色のようです。
岩肌、そして紅葉。


ここでバンジージャンプをやっていました。


このバンジージャンプをする値段を聞いてビックリ!

なんと一回14、000円もするんです^^

それでもやるヤツいるんだね!
反対に14、000円くれたらやるかも~~?^^
 


IMGP6855.jpg 






IMGP6835.jpg 

土産売り場でこんなものが。

そうです^^いなごです。

私はまだ食べたことないですが、けっこう美味しいようです。
でもあの飛んでいる姿を思うと
やっぱ食べることできないかも。



もみじライン 




IMG_4132.jpg 

このまま家まで帰るには腹が持たぬ!
ということで、帰り途中に遅い夕食を食べることに。


昼食の弁当は松茸炊き込みご飯でしたが
まぁ、まぁ美味しかったのですが
写真を載せるには、ちょっと彩りがよくなく
まずそうに見えるのでアップを却下しました^^

食べものの写真は、こういうことがあるので
困っちゃうんですよね^^


そして、は~~い!海鮮おひつ寿司です。
さんざ悩んで選んだメニューです^^
これは家内が注文!




IMG_4138.jpg 

そして私が食べたのは牡蠣フライ定食です。
これは迷わず即、決定!
牡蠣フライ大好きオヤジです^^

イナゴは食べれんけど、牡蠣は食うぞぉ~~~!

う~~ん、すきっ腹には旨い!

ヤバい!このコメントは~~^^
腹が空いてなくとも、美味しいですよ^^

スポンサーサイト

筝曲&ヴァイオリン~~ふたつのコンサートから
IMG_4958.jpg
〈今日の絵〉あ・き・い・ろ





ふたつのコンサートへ行ってきました^^
両者まったく異なる邦楽と洋楽です。
ひとつは「萩岡松韻りさいたる」です。
そしてもうひとつは「天満敦子ヴァイオリン・コンサート」です。

まずは最初に行った「萩岡松韻りさいたる」をアップします^^



琴10




IMGP6556.jpg

初世 萩岡松韻生誕150年記念で
4世の萩岡松韻さんのリサイタルが
東京芸大の奏楽堂でありました。

彼は三世萩岡松韻の長男として生まれ
祖父から筝の手ほどきを受け
5才にて初舞台を踏む。

9才で長唄を、14世杵屋六梅代師に入門
そして13才で筝曲を山田流の家元、
中能島欣一師に師事。

東京芸大邦楽科を卒業し、数多くのコンサートに出て
活躍されています。
現在は家元としての活動と共に芸大で教授をされています。

プロフィールは、ざっとこんな感じなんですが^^


今回のリサイタルの曲目は4曲です。
1、松竹梅
2、めぐり逢せ
3、小督曲
4、鞆の音

3番目の曲には私の先生も一緒に演奏されます。

4番目の鞆の音はオーケストラが入っての
演奏となりました。
やっぱオーケストラは凄いですね~~
筝曲が食われそうでした。
人数からいっても既に負けていますからね。

でも、なんとか上手く調和していたようです。


そんでもって、何が一番良かったか?
と、いうとやっぱ我が先生が出た3番の「小督曲」
これは良かったでしたねぇ~~~^^

特に先生の唄がグンバツ!
いつ聴いても先生の演奏、そして唄はいいですね。
なにしろ味がある!

あの味はどうやったら、でるのだろう?
七味唐辛子でも、ほんだしでもないし^^
ダメだねぇ~~^^
こんなアホなこと言っているうちはね^^


隣には人間国宝の山勢松韻さんが三弦と唄を
やっていたが、先生の唄にはイマイチかないませんね。
こういうのって矛盾ですよね。

まぁ、要するに肩書きと腕とはイコールではない!
ということですね^^


今回はこうした人間国宝の方々が3人ほど出演でした。
米川文子さんに堅田喜三久さんと。

そして会場には「Will you marry me?」
このプロポーズの言葉を受け、結婚された
高松宮妃久子さまの姿が!
淡いレモン色のスーツを着ていました。

20分ほどの休憩があり、席を外されたが
トイレかなぁ~~?
まさか我々と同じトイレではないだろうね^^
大切な来賓専用トイレがあるのかなぁ?
そうだよね、皇太子が私の隣で
立ちションするわけねぇ~~~か^^アハハハァ^^

今日のコンサート、なんか格調高くねぇ~~かなぁ^^
皇族に人間国宝!
こちらときたら相変わらず、よれよれジーンズ!
おまけに安物のコートときてるし~~

まぁ、いいっかぁ!




IMGP6560.jpg

ありし日の初生 萩岡松韻さんです。
1864年に誕生され1936年、73歳にて他界されています。





もみじライン





ヴァイオリンイメージ



そして、もうひとつ聴きにいったのが
「天満敦子のヴァイオリンコンサート」

彼女の演奏する「望郷のバラード」
これが聴きたいがために、彼女のコンサートへは
よく行きます^^

この曲は今では彼女の顔となている曲です。
彼女のコンサートには必ずこの曲が
ラストに演奏されます。

まぁ、めっちゃいいんで、まず聴いてくださいね^^
ちょっと長いけど、聴く価値ありですね^^









IMGP6736.jpg

プログラムは一部が小品の演奏。
クライスラーのロンディーノから始まり
ブラームスのスケルツォなどなど・・・・・・・

そして休憩をはさみ第二部。
フランクのソナタと、最後がボルムベスクの望郷のバラードだ。
ルーマニア出身の作曲家です。
愛国運動のため投獄され、29歳で他界!
望郷のバラードは、獄中で故郷の愛する人を想って
作曲されたそうだ。
心にしみいる哀愁のメロディーがめっちゃいい!



IMGP6742.jpg

この望郷のバラードは以前もブログにアップしました。
「イヤだ!」といっても、ひつこく
アップしますので、よろしくねぇ~~^^

そしてアンコール曲は「チャルダッシュ」でした。




わたらせ渓谷紅葉の旅
IMG_1275.jpg 
〈今日の絵〉秋韻








わたらせ渓谷へ紅葉を見に行ってきました。
紅葉情報を気にかけネットを見ていたら
今週あたりが良いというので^^

朝5時起き!
そして6時ちょっと過ぎに家を出て、いざ出発!
平常ならまだ布団の中なのに。

こういう時になると、がぜんと元気!
眠気なんぞ、なんのその~~^^




IMGP6609.jpg 

相老駅で乗り換え、大間々駅に着いたのが午前9時頃。
まず高津戸峡を歩く。
紅葉がきれいなめっちゃ美しい渓谷だ!
せせらぎの音を聞きながら歩くこの気分、
もう最高~~~!

やっぱ、こういった時間も大切だなぁ~~
と、思ったねぇ^^
毎日こういった時間を過ごせたらいいなぁ~~
なんて、またとんでもないことを願ってみたり。





IMGP6595.jpg 






IMGP6594.jpg 






IMGP6586.jpg 







IMGP6618.jpg 






IMGP6661.jpg 

大間々駅から、わたらせ渓谷鉄道の
トロッコ列車に乗って、神戸駅へと向かう。
4両編成のこの列車は2両目と3両目が
トロッコ列車となっていました。
生憎、このトロッコは既に予約満席で、
乗れませんでした。
あぁ~~、残念!


4両目は団体客の予約席で満杯!
なので乗り込んだのは1両目だ。
窓を開けて景色を見ることに。


でもこれが良かったかも^^
風に吹かれ、めっちゃ寒い!
しかし窓があるので閉めることできる。

トロッコに乗った連中、窓ナシなんで
きっと、すっげぇ~寒いだろうな^^ウッシシ~~!



IMGP6629.jpg 

列車は紅葉に包まれた渓谷沿いを走り続けます。
もっと紅葉がきれいかと思ったが
ご覧の通り、こんな感じの紅葉の山々だ。





IMGP6728.jpg 

神戸駅に着いたのが11時頃だった。
山あいにある小さな木造の駅舎だ。
大正元年に建てられたそうである。

「こうべ」ではなく「ごうど」と読みます。
この駅のホームにあるレストランで昼食だ。





IMGP6649.jpg 

ホームにある列車のレストラン”清流”は
東武特急「けごん」の廃車列車を
利用したレストランとなっています。
食堂車で食べる気分を味わえるレストランです。





IMGP6646.jpg 

山菜舞茸定食です。
舞茸の炊き込みご飯に舞茸の天ぷら。
舞茸づくしだ!
気取りのない田舎風って感じですね^^
私にピッタリ!

今日はやけに腹が減って、減ってぇ~~~

もちろん、すべて完食!



IMG_3964.jpg

その後、富弘美術館へと向かう。
富弘美術館は草木湖畔のほとりにあるモダンな建物だった。
詩人・画家の星野富弘さんの描く水彩画や詩がいっぱい!

彼は20代の頃、体育教師としてクラブ活動の指導中
頸髄を損傷し、手足の自由がきかなくなり
口に筆をくわえ、水彩画や文を書いています。
その腕前は口で描いたとは思えぬ
とても緻密でそして優しさのあふれる作品です。


かなり前からこの美術館は行きたかった所!
それが今回、実現だ!♪

IMGP6734.jpg 
 
彼の作品です^^
彼の詩を読んで、相田みつをさんの詩を思い浮かべました。
なんか簡単だけど素朴で、優しさに満ち
めっちゃ心に響くものがありますね^^

相田みつをさんは、既に亡くなっていますが
彼は現在もなお、制作活動されています。




IMGP6717.jpg 

館内にあるコーヒーハウスです。
ガラス張りの明るいめっちゃ、いい感じの店だ!
ここで一休み^^
窓には紅葉した山々や青く澄んだ湖が見える。



IMGP6705.jpg 
シフォンケーキにコーヒーを注文!
このプレーンシフォンケーキ、
めっちゃ旨かったぁ~~~!



IMG_4006.jpg

美術館の周りの遊歩道を散策。
草木湖に映る紅葉もまたステキだ。

なんか写真撮りまくり~~~!

帰ってきて見てみたら、いいものほとんどナシ!
その中から、なんとか引っ張り出し
アップしてみました。




星になったマメちゃんママさん
IMGP2194.jpg
〈今日の絵〉哀愁のヨーロッパ





マメちゃんママさんに捧ぐ~~♪

ヨーロッパ^^
ベルギーのブルージュの街が大好きだ
と言っていたマメちゃんママさん。
私もブルージュの街が大好きだ。

星になったマメちゃんママさん
ご冥福をお祈りします。





悲しい!実に悲しい・・・・・・・
「マメとママの暮らし」の
ブロ友のMさんが逝ってしまった。
信じられません。
冗談なのでは?

たった今、知りました。
毎日、私のブログに来られて、きてくれたのに
この一週間ほど見にこられないので
どうされたのかな?
と思いMさんのブログを尋ねたら
Mさんの娘さんからのコメントがあり
Mさんが大好きな猫と一緒に旅立たれたとか。

マジかよぉ~~~~

何にも言わず、逝ってしまった。
悲しい!悲しい!実に悲しい!・・・・・・・

11月3日に最後のブログを書いて。
それには種田山頭火の句を残して。

「分け入っても 分け入っても 青い山」

「嬉しいことも かなしいことも 草しげる」

「お天気がよすぎる 独りぼっち」

「どうしようもない私が歩いている」

「ほろほろとほろびゆくわたくしの秋」

一体なんなんだろう?
詳しいことは知らない。
この句を残して・・・・・・・

最後にやったコメントの返事もなく逝ってしまった。

Mさん、ブログを書くのがすごく楽しみだったと
娘さんがコメントしていました。

ブログをやった人なら分かる
ブログを書く楽しさ。
そしてブログを通してのコメントのやり取り。
合ったこともない人への妄想の世界。
楽しい!おもしろい世界!

私がブログをやりだして、初めてコメントくれた人。
その人もブログをそのままにして
1年以上も経つ、未だに何の更新もない!
最後にある数点のコメントを開きもせず
そのままの状態だ。

何が起こったのか?すごく不安だ!

これまた急に逝ってしまったのでは?
そんなことないよなぁ^^
元気でいるよなぁ^^

最近もコメントを書いてみたが、やっぱ開かれていなかった。


いろいろな事情でブログを閉鎖してゆく人。
このところ、そんな出来事が多い。

悲しい!悲しい!実に悲しい!

ブログってなぁ~~に?



※すみません。こんなブログになってしまい。
 あまりにも衝撃的で、混乱してしまっていますので。




ツウになるには^^
IMG_1503.jpg 
〈今日の絵〉雨上がりのベンチ


ブログってなぁ~~に?
最近、考えてしまう。
思いもよらぬ ”考える秋” となってしまう。
”食欲の秋” から”考える秋” へと~~^^あはははぁ
ベンチに腰掛けジックリ考えるのも、たまにはいいかも^^







「とりあえず生ビール、中生ね^^」


最初は決まって、この台詞で始まります。

そして店員が生ビールと、お通しを持ってくる。
このお通しは何が出てくるのか分からない。

勝手にでてくるのだから当然ですが。
ほとんどは、好き嫌いなしに食べられるヤツだが
時たま、嫌いなものもでてくる。

オヨヨヨ~ッ^^なんてね。





こんにちは~~^^ごくしげです。

先日、友達と居酒屋で酒を飲みました。
この店は鳥料理を主にしたものが多い店です。
早い時間に店に入ったので、会社帰りの
サラリーマンもいず、店内はかなりの空き状態。


あっ!そう、お通しの話でしたね。

このお通しというのは、ビールを頼むと
サービスで付いてくるものだと思っていましたが
どうやら違うようです。

ある友達から聞いた話ですが
ビールを頼む際に、お通しは要らないです^
と言えば、その分の代金は払わなくていいんだと。


えぇ~~っ! マジかよぉ~~^^


今まで知らずに、欲しくもないお通しに金を払っていたなんて。

だったら、先に聞けよぉ~~!

頼みもしないのに勝手にビールと共に持ってきたりして。



そんなことを知ったので、よくよく考えてみたら
確かお通し代としてレシートに載っていたことを
思い出しました。
でもシステムは店によって異なるようですが^^

居酒屋に入って、最初にビールを頼む時のみで
次に頼んでも、通しは出てきません。

こうなると席料みたいなものなんでしょうかね~~^^



IMGP5071.jpg 



そして生ビールを飲みながら、
友だちとの話で、最近ビールのジョッキが小さくなったなぁ^^と。
昔は中ジョッキを頼むと、今の大ジョッキ並みの
大きなサイズであった。

そして瓶ビール!
このサイズも店のグレ―ドによって
ことなるようである。

高級店になるほどビール瓶が小さくなるようだ。
それは実感!

そこいらの居酒屋では頼むビールは大瓶だ。
しかし高級料理店では小瓶が多い。
上品に、上品にですね^^私にピッタリ~~!アハハハァ
そう、何事も上品にいかなくてはね^^


因みにビールを飲む国のトップは・・・・・・?


ドイツ~~!ビールときたらやっぱ、ドイツじゃねぇ~~の。

それが違うんです。中国が一番、年間消費量が多いんです。
そうだよね^^考えてみたら、なんたって人口が多いもんね。
13億人もいるんですからね^^

でも、一人当たりの消費量はかなり下位!

それはやっぱ、ドイツ人ではないかなぁ~~^^

これまた違うんです。
トップはチェコなんですって。
ドイツはたしか3位か4位あたりだったと思う。




IMG_3311.jpg 


刺身を頼んだらみなさん、どうやって食べますか?

ワサビは醤油とかき混ぜてしまう人。

いや、ワサビと醤油は別々にして
刺身にワサビをのせ、醤油につけて食べる人。

私は後者です。

何でワサビと醤油を一緒にせず食べるのか?
というと、単純。、単純!

ある食通の人から、こうして食べるのがツウなのだ!

と聞いたからです。


でもこれには理由があるらしい。
ワサビのあの鼻にツ~~ンとくる、あの辛味ある刺激が
醤油で溶かしてしまうと、落ちるというのです。

なるほど、なるほど^^

私がやっているのは、こんな理由はあまり関係なし!
ただ単にツウだと思われたいからなのだ^^(笑)

そう、そう、ツウの話しで思い出しました。
寿司のお話しなんですが、
店に入って寿司を食べる時の順序だ。

私はたまご焼きを最初に食べることにしています。
これまた単純!
ある人から聞いたのですが、それがツウなのだ!
ということだったので。

その理由はこうだ!
寿司屋の中では唯一、手料理というものだ。
たまご焼きを食べれば、その店が美味しい寿司屋か
どうかが分かる!というのである。


なるほど、なるほど。


そして実際に寿司屋を営んでいる
ブロ友のA氏に聞いてみました。

A氏曰く、あまりこだわることなく
淡泊な白身魚などから食べ始めるのがいいのではないか。
とのことであった。

それもそうですね。

今は寿司屋が自分自身でたまご焼きを焼く
ということも無くなってきている店が多い。
たまご焼き専門店に任せてしまうようなのである。

ツウを気取りたいがために、ツウな食べ方
なんて聞くと、すぐそれをやってしまうアホな自分なのだ^^




そして刺身のツマですが、このツマは食べる派?
それとも食べないで残す派ですか。

これは上品、下品に関係なく
でたツマは全て食べて良いのだそうだ^^

でもスーパーで買った刺身の柵に
敷いてあるせん切りにした大根のツマ。
これはちょっと食べませんね。

鮮度が落ちていたりしますからね^^

皿に盛る時、大根などを新たにカツラむきにし
せん切りにして盛りますね。


[続きを読む]