FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



心に残る和歌
IMG_1268.jpg
〈今日の絵〉
 彼岸花



「五月待つ 花たちばなの 香をかげば
 
 昔の人の 袖の香ぞする」

今日はめっちゃ風情あるフレーズで初めてみました。
この作者はわからず、読み人しらず。

この和歌、私の大好きな一句です。
なんと小学生時代に好きになり、いまでも変わらず
好きな一句です。

これ昔の恋人を思い、歌ったものなんです。
な、なんで小学生がこんな和歌に、な、なんで惚れてしまったのか……
ませたガキだったんですね。(笑)

歌自体は難しくないので解かると、思いますが
この、昔の人の袖の香ぞするって歌詞って
めっちゃすごいことでもありますよね。




もう一句好きな和歌があります。

「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の

 花も花なれ 人も人なれ」

この歌を読んだのはあの元総理だった細川護煕氏です。
議員辞職の時、この句を残され去って行きました。
この歌は元々彼の先祖、細川ガラシャがこの世を去る時に
歌った和歌です。

この歌もいいですね。
最後の花も花なれ 人も人なれって歌詞がもう最高!

そうですね。哀れな見にくい、な~んも役にたたない
姿でいつまでいても意味ないってことですかね。
その時を自分で知り、決断しなければってことですね。


今日はとても文学的なブログとなりました。
自分の好きな句を並べ、一人勝手に満足しています。

去りゆく夏、そして訪れる秋。

この和歌2句も素敵で、好きだけど
やっぱ食欲の秋には勝てません。
脂ののったサンマの塩焼き、それに栗の炊き込みご飯
それに、それに………。
あぁ~、想像しただけでもう………


IMG_2924.jpg

最後のこれ、昨夜、家内が作った料理です。
「ツナの和風パスタ」です。
めっちゃ美味しかったでした。
実はこのメニューは私のブログともだちの
paganiniさんが載せているレシピから
パックって作ったようです。
paganiniさん、ありがとう!


スポンサーサイト





コメント
こんばんは~
ほんとうに成熟した僕だったんですね~。
こんな歌の良さがわかるなんて!
ちょっとおませさんは、女の子にモテたんじゃ・・・^^。
細川ガラシャさんのもいい!
こういう歌がいいと思えるようになったということは
年を重ねたということでしょうか~
でも、いつまでも現役でいたいと思っちゃう!
[2012/09/04 01:22] URL | aaconee #- [ 編集 ]

おはようございます❤^^❤

一つ目の句は知りませんでしたが、二つ目は知っていました。^^;
自分の気持ちをこのような句に表現出来る方々を尊敬します。
私には到底出来ません。。。^^;

それにしても一つ目の句を小学生の時に!ですか?
流石。。。
色気?ある小学生だったのですね♪ぷぷっ(笑)

私は未だに頭の中にあってスラスラ言える句が、石川啄木の「しらじらと 氷輝き 千鳥なく 釧路の海の 冬の月かな」
中学生の頃、啄木の句が好きで、寝ながら見られるようにと自分の部屋の天井にいくつかの句を貼っていて、自然と覚えたって事かな(笑)

※美味しそうな和風パスタですね♪
ツナと大葉って最強のパートナーですね♪
美味しい香りがしてきました。
お腹空いてきました。。。
早朝に訪れるんじゃなかった~~~!^^
奥様v-238
初めまして、パクッって頂き本当にありがとうございます。
わたしの拙い、しかも不親切なレシピなのに。。。
感謝申し上げますm(..)m

ごくしげさんv-22
ありがとうございました。。。

※彼岸花。。。秋のお花
雑司ヶ谷霊園にお参りに行くと、きれいな彼岸花なあちこちの墓地に咲いています。。。
もうじきお彼岸ですね。
お参りに行かなくっちゃ。。。
素敵な絵に本日も感動です。。。v-16v-218
さんくすv-238
[2012/09/04 05:39] URL | Paganini #TY.N/4k. [ 編集 ]

まもなく彼岸花の季節ですね。
時期になると突然ニンニクノ芽のような茎が伸びて花が咲きます。不思議な花ですね。
[2012/09/04 05:48] URL | ピンピンシニア #- [ 編集 ]

aaconeeさんへ
どこまで解かっていたのか知りませんが
とにかく好きな和歌でしたね。
モテてたらいいんですが、それが全然!

平均寿命も上がっていることだし
大丈夫、大丈夫!
このババア、いつまでたってもすっげえなぁ~!
なんて言われるお年寄りが多くなって
くるんではないですかね。(笑)

[2012/09/04 07:30] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

paganiniさんへ
自分でもどこまでこの句の意味を、理解していたのか
解かりませんが、なぜか好きでしたね。

啄木の歌もいいですね。ちょっとはっきり
思い出せないけど、母を歌った句で、

「…………母を背負いて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず」
頭の句が思い出せないですが、この歌もいいですね。

こちらこそ、美味しいパスタを食べることでき、感謝です!

そうですね。彼岸の季節となりますね。
寺に咲く彼岸花っていいですね。
あの燃えるような朱色が胸にグーッときますね。
私も横浜の寺へお参りに行く予定です。
[2012/09/04 08:04] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ビンビンシニアさんへ
一年経つのが早いです。
彼岸花の咲く時期となったんですね。

年を重ねるごとに、彼岸花の魅力にひかれます。
燃えるような朱色のなかに、ふと寂しさも
感じられますね。
[2012/09/04 08:11] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

とてもステキな詩ですね!
小学校もとき!?(^o^)

でもやっぱり食欲だわ~
パスタの上に乗ってるグリーンは
紫蘇ですか?
[2012/09/04 08:35] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

babatyamaさんへ
そう、小学校6年生の時でした。

そうですね、やっぱり食欲にはね勝てませんよね。
紫蘇をのせるとさっぱりして、またまた食欲倍増して
しまいますね。
[2012/09/04 08:40] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

彼岸花
いいですね~
車で移動する田舎道にここにあっちに集団で咲きほこっていると思うとポツンと咲いている
赤い奴って感じなんですが好きです。

ごくしげさんませてる!
でもそんなごくしげさんだから芸術の方に進まれてるんでしょうか?

私も何かごくしげさんに役になる何かを提供したい(>_<)
いばらく・・・かなりしばらくお待ち下さい(@^^)/~~~
[2012/09/04 11:29] URL | warattego #- [ 編集 ]

食欲がでるまで もうちょっとかなぁ~
それに、それに………なによ~~
脂ののりきった年ごろのまっちゃんば 想像したべぇ~
いまがちょうど 食べ頃でぇ~す ワハハハハ~ン!
いつものことだけど 品のなぁ~~い まっちゃんでしたガハ!
へば
[2012/09/04 13:19] URL | まっちゃん #- [ 編集 ]

warattegoさんへ
やはり彼岸花好きですか。
いいですよね。あの朱色が。
緑の中にあの燃えるような朱色。

田舎道の中に咲いて光景って、またまたいいですね。

そんな、そんな。何もいらないですよ。
こうしてブログを訪問してもらい、
コメント書いてくれるだけで充分ですよ。

[2012/09/04 18:15] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

まっちゃんへ
なによって、いっぺぇ~あるだろうよぉ~!
秋の味覚がよ~。
ばれたかぁ~。
そうだなぁ~、賞味期限が切れんうちになぁ~。

品のねえぇ~んのは、お互いさまさぁ~。ガッフフ!
[2012/09/04 18:30] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

美しく艶やかな彼岸花ですね。
実際のお花は見たことがないのですが
どんな香りがするのでしょうね。
歌も素敵ですーー
[2012/09/04 18:46] URL | イヴまま♡ #- [ 編集 ]

イヴままさんへ
香りはほとんどないですね。
香りも一緒に楽しみたいって方には
ちょっと、残念ですが。

でもあの燃えるような朱色がとても印象的であり
好きですね。
それに、なぜか寂しさも感じさせる花です。

寺や田園風景の中に咲いている姿は素敵ですね。
[2012/09/04 19:09] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/101-e5ea501b