FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



邦楽コンサート
IMG_1886.jpg

上野の芸大奏楽堂でやっているコンサートへ
家内とU夫婦と行ってきました。
「幕末」というテーマで、その中で山田流筝曲と
錦絵の世界を取り上げ、その時代に活躍した
「山田検校」作曲の筝曲を演奏するコンサートです。

その前に友人のやっている絵画のグループ展を
観ました。いくたびに上手くなっています。
透明水彩とパステル画を組み合わせた絵です。
今度、二人展でもやろうか。
といってコーヒーをごちそうになり
その足で上野に向かいました。
U夫婦とはコンサート会場で合流です。

IMG_1887.jpg
奏楽堂前で開場を待つ人の行列です。
古典ものだから、やはり年配の方が多いですね。

このコンサートは芸大の邦楽の教授やOBだちの出演です。
私の先生も教授として出演しました。
今回の舞台はすごく舞台装置にも気を配った
素敵な舞台でした。
背景にはこの時代に活躍した浮世絵師の
浮世絵を映したり。
日本の美術では私は江戸時代と古代のものに
すごく興味があり大好きです。
ちなみに西洋ではゴッホやゴーギャンの絵が好きです。

いつもは古典筝曲お決まりの金屏風に赤い毛氈ですが。
やはり演奏だけではなく、こうした凝った舞台装置だと
視覚的にも楽しめるので、演奏の良さも倍増しますね。

筝曲の演奏で日本舞踊の花柳寿美さんが踊ったり、
また落語家の林家正蔵さんが落語をやったりで……
それに、筝曲と長唄の掛合いも良かったです。
こういったのは珍しいです。

私の先生はこの業界の中でも、屈指の中に数えられる
とても唄が上手な人です。その上手さは抜群です。
声も良く、すごく味のある唄を聴かせてくれます。
先生の舞台を見るたびに、うっとりとし
琴唄の素晴らしさを実感させてくれます。
こんな立派な先生の下で教えを受けているのに……
私ももっと、もっと頑張らなくては。
またまた反省の日となりました。
良い演奏や唄、絵画などに出会うと
ものすごく刺激され、よ~しっ!私もやるぞ~っ!
という制作意欲にかられます。
刺激があるということは、素晴らしいことです。

残念なことに今回はその味のある魅了される唄は
聴けませんでした。
先生は琴の演奏のみでした。

IMG_1885.jpg
この建物は旧奏楽堂です。なかなか素敵な建物なので
撮ってきました。

帰りにネットで予約した店に寄り夕食をとりました。
U夫婦は私達よりかなり年上なので
落ち着いた雰囲気の和食のお店にしました。
我ながら、すごい気配り。
あぁっ!これって常識か(笑)
ところが行ってみて少々ガッカリ!
結構、若い客が多く、騒々しく。
個室にいても外から騒々しい声が聞こえてきます。

しかし、味はまあまあ良かったので、
これはU夫婦も美味しいね。と言っていたし。
やはり初めて行く店で、いい店に出会うのは
難しいですね。味も雰囲気もそして
価格も満足できるって。

そんなこんなで今日は、とても文化的な
一日を過ごすことができました。
ありがとうね。

IMG_1466.jpg
〈今日の絵〉
 横浜港大桟橋へと続く道






スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/17-6e1707fa

まとめtyaiました【邦楽コンサート】

上野の芸大奏楽堂でやっているコンサートへ家内とU夫婦と行ってきました。「幕末」というテーマで、その中で山田流筝曲と錦絵の世界を取り上げ、その時代に活躍した「山田検校」作
[2012/05/27 15:51] まとめwoネタ速neo