FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



望郷のバラード
IMG_2211.jpg 
〈今日の絵〉朝顔







〈今日の曲〉望郷のバラード






この曲はルーマニアの作曲家ポルムベスクの「望郷のバラード」です。
約100年前のこと、彼はルーマニア独立戦争に参加され
政治犯として投獄され、わずか29歳という若さで この世を去りました。

彼が獄中から故郷と愛する人のことを想い
作曲したのがこの「望郷のバラード」です。

哀愁を帯びた美しい旋律。

この曲を演奏しているのはヴァイオリニストの
天満敦子さんです。
この曲は彼女の代表的な曲で、天満敦子といったら
望郷のバラードというくらい、彼女のコンサートには
必ずといっていいくらい演奏されます。

私も何回となくコンサートで彼女の
めっちゃ素晴らしい演奏を聴き
その都度、感激してしまっています。

天満さんが弾くこの曲は、情感豊かな
そして 生きる力を与えてくれるような演奏がいいですね^^
 



mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm





朝顔 


ルーマニアといえば、昔、ある本で見た
ルーマニアのお墓がめっちゃ印象的でした。
それはカラフルな色彩にあふれ明るい
そしてめっちゃ楽しい気分にさせる、墓地の写真でした。
その時からこの村にあるお墓に興味を抱きました。
 
墓のイメージ 

 

この墓地はルーマニアの北部の地方、サプンツアァ村にあります。
一度行って見たいなぁ~~。と思いつつウン十年も経ってしまいました。
残念なことに、未だに実現できず!


”陽気な墓”。と呼ばれるこの村の墓は木製の墓標に
亡くなった人の生前の生活、職業や趣味などを
詩とめっちゃ明るく楽しい絵で描き彫られています。
墓地というと暗いイメージがありますが
今までの墓地の暗いイメージはなく、
カラフルな色彩で明るい墓地となっています。


この地方では昔からの風習で、死が近いなと思うと
自分の人生を振り返り、詩を書き
こうして死に対する準備を自らするようです。



突然の事故死の場合はどうなんでしょうね。
多分、生涯の詩を残していないので。
多分、その時は家族の人などが、故人の
替わりにそのむねを伝え、描いていくのでしょうね。



そもそもこのカラフルな墓は、村の木彫り職人
”パトラシュ”という青年が愛する人を亡くした時に
このような墓標を考えだしたそうです。
それが彼の死後、弟子により後を継がれて
いるのだそうです。 

悲しみをこの明るいカラフルな色彩によって
少しでも和らげ、癒せるようにと願い、
故人が残した詩と絵を 描き彫ったのが
この”陽気な墓”の始まりだそうです。  


それにしてもやけに陽気な人種なんだなぁ~~
ラテン系なら分かるけど。
と疑問を抱いていたんですが、その疑問を
解くことができました。

調べてみるとルーマニアはかってローマ帝国の
支配下にあったのでした。
だから他の東欧諸国と違い楽天的なラテン系の血が
流れているんですね^^
これでこの”陽気な墓”も納得ですね^^
 


青色を基調にした楽しい絵や詩の入った墓の数々です。

ルーマニア墓1  
獣医さんだった人のお墓                   散髪屋だった人のお墓

mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm


料理の墓1 
バーテンダーだった人のお墓             料理の好きな人のお墓

mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm


ダンスの墓1 
ダンサーだった人のお墓                交通事故で亡くなった子のお墓 



     こんな明るい楽しいお墓だったら彼岸や盆や命日で
     なくても行きたくなってしまう感じですね^^   




                                                                                          ※この画像はすべて借用した画像です。


















スポンサーサイト





コメント
Gokunini~!^^
おはようございま~~すv-222v-16
今朝は、特に楽しみに訪問させて頂きましたよ~^^
昨日のコメントの意味が分かりましたよ~♪。。。
これで解決しました♪ぷぷっ^^;


それにしても、
綺麗な墓標ですね。。。
トールペインティング!頑張るね~^^v



ルーマニア系イタリア人のミラちゃんのご先祖さまもこういう墓標がたっているのかなぁ?。。。と思いました。
ところ変われば。。。。。ですね~^^

まんず、面白い記事だったよ^^ごくちゃ~ん♪

ではでは。。。
素敵な一日を・・・v-238

へばね~!ごくちゃ~ん♪^^
[2013/07/20 07:07] URL | Paganini #TY.N/4k. [ 編集 ]

さわやかで素敵な朝顔の絵ですね~^^

ルーマニアの習慣とっても良いですね!
自分で自分の歩んできた道を振り返る
こんな時間が人生の締めくくりを
豊かな気分にしてくれるような気がします。
[2013/07/20 08:06] URL | nohohon life #- [ 編集 ]

楽しいお墓~
こんなお墓なら
入っても良いかな~(^_^)
[2013/07/20 08:12] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

pagaね~ね、おはようございま~す^^

ってな訳でして……
トールペインティング頑張ってくださいね~~^^


ウン年後にはきっと素晴らしい作品に埋もれて
生活しているなんていいですね。^^
トールペイントは気軽にできそうですね。
機会あったら私も挑戦してみたいです。
紙から木へと変身~~~!どうだんべぇ~~

ランチなしではトールペインティングも
続かねぇ~~~って??!(笑)
それも良し!ですね^^

コメントありがとうさんでした^^


[2013/07/20 08:40] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

nohohon lifeさん、おはようございます^^

朝顔の季節ですね。
この花は私にとって、とてもインパクトのある花です。
幼少のころが思いだされます。

そうですね。自分の歩んできた生涯を
じっくり考え思い、または懐かしみ
そんな形で最後を送ることができたらいいですね。^^

コメントありがとうございました^^
[2013/07/20 08:48] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

babatyamaさん、おはようございます^^

最近、日本の墓も西洋のようなモダンな
墓もありますが、ここまでカラフルなのは
ないですね^^

こんな明るく楽しい墓があったらいいですね。
なかなか、ここまではいきませんね。
[2013/07/20 08:57] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

凄いお墓ですね〜!
しかも、一家にひとつではなく、1人ひとつなんですね〜!

そのうち町中がお墓だらけになりそうな…^^;

死の悲しみを和らげ、故人を偲ぶにはイイ風習です。。

でも、最初にこれをやった人は勇気がいったでしょうね〜!
日本だと間違いなく変人扱いされますよね〜^^;
[2013/07/20 09:10] URL | am #- [ 編集 ]

amさん、おはようございます^^

私もこの墓を本で見た時、驚きましたね。
こんな墓もあるなんて。

何しろカラフルで、また描かれている絵も
めっちゃ親しみのもてる楽しい絵ですね^^

日本にはこんな墓作るのは無理でしょうね。
でもあったら面白いですね^^
私の知人で親の墓石に”Love and peace"
なんて彫ったのもいますが……

忙しい中、コメントありがとう^^
[2013/07/20 09:37] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

随分カラフルはお墓ですね。
でも残された家族にとっては少し心が和らぐかも。

ルーマニア、私も一度行きたいと思ってます。
地続きなのにいまだに行ってません。
いつか行きたい国の一つです。

朝顔の絵、凄く素敵です。
涼しげで良いですね。
[2013/07/20 13:04] URL | 太巻きおばば #- [ 編集 ]

この様なお墓あるんだね!
なぁ~もわがねがったじゃ‥ということで
わっちの場合ごく~~に画いてもらうことに‥
その時はよろしく頼むよ~~ガハハハハァ~ン!
へばへばぁ~
[2013/07/20 14:01] URL | まっちゃん #- [ 編集 ]

カラフルなお墓いいですね。
不謹慎と思う人もいるかもしれないですけど、
私的には、その人への愛情というものを感じますけどね。

もし私が墓に入ってたら、あんまり墓参りでシンミリしてほしくないんで、
こういう墓のほうがいいかもです。

あと、これを見て、
ガッツ石松さんの墓を思い出しました。。。
[2013/07/20 15:24] URL | amuraba #- [ 編集 ]

朝顔が夏らしいですね
庭を駐車場に帰る前まで毎年たくさんさいていましたが
ここ数年朝顔植えておらずプランターにでも
植えるとよかったなぁ・・と拝見して思いました
ルーマニア 行ったことないです
こんな楽しいお墓だとお墓参りも楽しくなりそうですね
私だったらどんな絵だろう~? と想像しただけで楽しくなりました
[2013/07/20 15:33] URL |   NON姉姉  #- [ 編集 ]

お墓の概念がひっくり返りそうですね。
ルーマニアって吸血鬼が出そうな暗い森の
イメージだったから びっくりしました。
でも 木製だと傷みが早いと思うんだけど
これを修繕する仕事とかもあるのかなぁ(^-^;)

ブログ、リンクさせてもらっちゃいました。
もし都合が悪かったら言ってくださいな。
[2013/07/20 17:55] URL | 園長 #JalddpaA [ 編集 ]

太巻きおばばさん、こんにちは~~

そうでしたね。ドイツからだったら近いですね。
この墓のある村は、すごく田舎の村のようですが
この墓で有名になり、訪れる観光客が
多いそうですよ。^^

朝顔が咲くと夏本番ッて気が毎年しますね。
ここに風鈴でも描けばよかったかな^^

コメントありがとうございました。
[2013/07/20 18:47] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

まっちゃん、こんにちは~~

ずいぶんとあか抜けた墓じゃろぉ~~~
まっちゃんもこんなの、わっちに描いて欲しいってかぁ~~
まっちゃんは、わっちより長生きすっから
その心配いらねぇ~~よ!

んじゃ、お先に~~~^^
[2013/07/20 18:56] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

amurabaさん、こんばんは~~

この墓、私も好きですね^^
故人の生前の様子が良く分かりますからね。
ただ名前だけ刻んであるよりもね。

まためっちゃ明るいしね^^

ガッツ石松さんの墓ってどんな墓なんですか?
興味が湧いてきました。

コメントありがとう^^
[2013/07/20 19:04] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

NON姉姉さん、こんばんは~~

朝顔は昔は庭に咲いている家も
多かったように思いますが
最近はだいぶ減ってきたようですね。

朝顔は夏の代名詞のようですね^^

日本のお墓ってやっぱり暗いイメージですよね。
ここまではいかなくとも、もう少し明るい感じだと
いいかもですね^^

墓参りいく度に、こんなこと考えてしまいます。
私もいずれは、こんな墓に入るのかと。
まだ年月があるので、考えてみます(笑)


[2013/07/20 19:17] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

園長さん、こんばんは~~

ルーマニアでもこの村だけが
こんなカラフルな墓のようです。
だからこの楽しい明るい墓を見に、
この村はいつも観光客で、賑わっているようですよ^^

この墓の近くに墓標を彫り、描く職人の
工場があり、そこで修繕もしているそうです。
それにしても木製では長持ちしませんね^^

とんでもないです。私もそちらのブログ
リンクさせてもらいますので。
よろしくお願いします^^
[2013/07/20 19:29] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

十数年前、某田舎町の体育館で、天満さんの演奏を聴いたことがあったのを思い出しました。
空調設備ののないボロボロの会場で、惜しげもなくストラディバリウスの音色を効かせてくれた天満さん。
オケで競演したことのある師匠によると、気さくな人柄でとってもいい人なんだそうです。
また機会があったら生で聴いてみたいです。
[2013/07/20 21:42] URL | kozosann03 #- [ 編集 ]

Kozosann03さん、こんばんは~~

天満さんはほんと気さくな人ですね。
ステージでもトークがとても愉快です。
また衣装も藍染のチュニックなどで。
人間も衣装も飾らない人ですね。
好感の持てる人です。

天満さんのコンサートは意外とチケットも
安価ですので、聴く回数も多くなりますね^^

アップした望郷のバラード、きっと十数年前の
コンサートで生を聴いていることと思います。

ヴァイオリンのお稽古、頑張ってくださいね^^

コメントありがとうございました^^

[2013/07/20 22:13] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

おっはよ~~

へぇ~~!こんなお墓があるんだぁ~~!
しらなんだぁ~~!

そろそろ、プーママも準備しておけって~~?ガハガハ!

んじゃね~~~ごくさ~~ん
[2013/07/21 06:17] URL | プーママ #AZ9xKuDQ [ 編集 ]

プーママ、おはよう~~っす!^^

プーママはまだまだ準備しなくって
えぇ~~んじゃねぇ~かと思うよ^^

憎まれっ子、世に~~~~~ガッハハハハ!

ってわけで、わっちっと共に長生きしようぜぇ~~~^^



[2013/07/21 07:33] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ごくたん、今晩は~^^

「望郷のバラード」、初めて聴きました。
哀愁帯びたメロディが、
なんとも天満さんのヴァイオリンの弦色に合ってて、
なにか訴えて来ますね。。。

昔、中学お頃、
まだ鉄のカーテンの東西冷戦の頃、
ルーマニアとかチェコとかハンガリーとかの、
東欧圏にに関心があったの。
特にナデイア・コマネチのファンになってから、
欲にルーマニアに興味が・・・・ルーマニア語辞典を買ったりして。笑。

 ↑ のお墓は知りませんでした~~
うんうん、確かに模様が民族衣装っぽいなぁ~
素敵な風習ですねぇ~
こうぃう風なお墓って、勲章だよねぇ。
[2013/07/21 23:47] URL | レイまま☆ #- [ 編集 ]

レイままたん、こんばんは~~^^

”望郷のバラード”いいですね^^
この曲を演奏する時の彼女の熱の入れ方がすごいですね。
彼女にとっては、この曲でクラシック界に
彼女の名を知らしめたのですからね^^

生で聴くと一段といいっすよ~~^^

レイままたんは、興味抱く幅が広いですね^^
すんばらしいことです。
レイままたんにも勲章あげてぇ~~とこだが
もうちょっと待ちだなぁ~~~ガハ、ガハ!

コメントあんがと~~~^^



[2013/07/22 00:12] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

こんにちは。
愛する人を暗いお墓に入れるなんて出来なかったのでしょうね。
その気持ちが痛いほど伝わって来ます。
バイオリンの悲しみを帯びた旋律と、お墓と可憐な朝顔の絵なのね?
どう解釈すれば良いのだぁ(≧∇≦)
深くは考えず、それぞれに趣があり楽しませて頂きまし
た(((o(*゚▽゚*)o)))
[2013/07/22 16:07] URL | 優の水彩工房 #- [ 編集 ]

優さん、こんばんは~~

こう解釈してください^^
ヴァイオリンの奏でる曲とお墓は「ルーマニア」
つながり、朝顔の絵はこの季節ってことで^^

なんか厳しいですかねぇ~~

この”望郷のバラード”聴いていかがでしたか?
胸にグ~~ンときませんでしたか?
大好きです!天満さんの弾くヴァイオリンの響き^^
[2013/07/22 19:43] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

ヴァイオリンの音色いいですね~
じっくり聴かせて頂きました
お墓可愛いですね~
こんなお墓なら楽しくお墓参り出来そうです
うちの父は生前から戒名を持っていました
戒名に生前の仕事を入れています
まあ気にいって亡くなったので良しです
日本は難しい事が多過ぎますね~
[2013/07/23 10:37] URL | Coucouのいくこ #- [ 編集 ]

Coucouのいくこさん、こんばんは~~

哀愁漂うステキな曲で、ヴァイオリンの響きといい
大好きな曲です^^

お父さんは戒名に仕事の名を入れたんですか。
きっとその仕事に誇りを持って、
大好きだったんでしょうね。

普通は自分の名の一字を戒名に
入れるようですがね^

日本の墓にも、だいぶ西洋っぽい墓石も
ありますが、まだまだこの村のような墓には
とうていならないでしょうね^^

コメントありがとうございました。
[2013/07/23 18:39] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/231-8abd9ac2