FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



気を付けよう!当て字には^^
IMGP7375.jpg 



物知り度や学力テストなんていうTV番組がけっこうありますが
そこで多く出題されているのが「当て字」なんてのがありますね^^
これ、けっこう読み方が知らないのがあります。


「あったっま、悪いんじゃねぇ~~の!」


なぁ~~んて、言われちゃうかも^^


まぁ、実際に読めないのがけっこうあるんで
あったっま、悪いんだよね^^


う~~ん、これ分からなかったな^^

「鳳梨」と書いて「パイナップル」
「骨牌」と書いて「カルタ」

まだまだあるよ^^

海豹(あざらし)  柳葉魚(ししゃも)  提琴(ヴァイオリン)



そうそう、小説など読んでいるとけっこう
こうした当て字って、でてきますよね^^

夏目漱石の小説にはよく使われていますね。
彼、好き?だったようです^^

「自分より立派な服装(なり)でもしてくれれば~~~」とか

「その人の差していた洋傘(こうもり)が~~~」とかね。


この当て字、最近子供の名前にも使われていますね^^
当て字を使って名をつけることって
法律上はなんの問題ナシのようです。
法律では名をつける際、漢字としての正しい
読み方をしなければまずい!
といった決まりはないようです。

そう言われれば、確か戸籍の名前は漢字で書くが
読みカナまで、ふりませんからね。

だから名前と読み方が合っていなくても
名前に使用されている漢字があればOK!


そうそう数年前、姪っ子の出生届けを役所に提出した時
なんかぶ厚い本を取り出し、届け用紙に書かれた
名の漢字を丁寧にチェックしていましたね^^


な~~んで、私が姪の子の出生届を~~あはははぁ^^




ある家庭の話し。
男の子が産まれた家庭で、その子の名を
「心太(しんた)」と名をつけたそうだけど。
しっかりとした心のでっかい人間になって欲しい!
と、願いを込めて^^

こんな熟語ってないですよね^^
でも漢字は間違いなくあるのでOK!

ところが、ところが・・・・・・・・・


これ当て字で「ところてん」と読むんです。


あぁ~~! やっちまったぁ~~!(笑)




※気が付いたと思いますが、いつもブログのトップにある
〈今日の絵〉がありません。
これから先、このブログには私の描いた絵は載せません。
ですが、このブログは継続していきますので
相変わらずのお付き合いよろしくお願いします。

尚、絵は別ブログにて掲載させていただきます。
興味のある方はどうぞ下記をクリックして
見に来てください。


ごくさんの透明水彩画


スポンサーサイト





トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/369-251b1bd0