FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



港ヨコハマ散策~~♪
IMG_4894.jpg 

彼岸で墓参りをした後、港へと行きました。
今日は関内駅から横浜公園を通り抜け
大通りを歩き、山下公園へと向かいます。

彼岸だというのに、天気はまだまだ寒い!
いつになったら本格的な春が来るのだろう^^


この通り!私の大好きな通りだ!
山下公園へと続く道。
そしてこの通りを左に曲がると、大桟橋へと出る。
レトロな感じのお店が建ち並ぶ、エキゾチックで
めっちゃ情緒ある通りだ!

港の塩の香りや、船の汽笛の音が聞こえてくるような。




IMG_4899.jpg 






IMG_49099.jpg 

この一角が実にステキ!
もう、数えきれないくらいこの場所には来ているが
そう、私が横浜に住んでいたころは、ちょくちょく
このあたりをふらついていたっけ!
何のようもねぇ~~のに。

しかしここにあるカフェで、ゆっくりお茶を飲んだ
回数となると数えるくらいだが^^

懐かしいことにこの一角は、もうウン十年も
様相がほとんど変わっていない!

私の子供のころからだね^^
でも当時は、まだ外人の方がけっこう多かったでした。
このあたりのカフェやバーは外国船の乗組員や
外人観光客などが横浜の夜を楽しんでいたみたい。

ガキだった私には、そうした夜のお話は無関係でしたが(笑)




IMG_4900.jpg 

ステキな看板!
めっちゃエキゾチック!
ガス燈に灯りを、ともしているところですね^^



IMG_4890.jpg  IMG_4889.jpg 
歩道には横浜を象徴する絵柄のタイルが^^





IMG_4879.jpg

名物バス!「あかいくつ」です。





IMG_4872.jpg  

ちょっと変わった名前のカフェです。
日本大通りにあるこの店。
古き良き港町ヨコハマの面影が残る店です。

中には特別室なる部屋があり
めっちゃゴージャスなシャンデリアが
またテーブルは大理石とか^^
まだ入ったことないのでよく知りませんが^^

それにしても変わったユニークな店名ですね^^






IMG_4921.jpg 

銀杏並木大通りを歩き、山下公園へと。
ベンチに腰掛け、港を眺めながらのアベック!(これって死語かな^^)
何か後ろから見ても、こいつらそんなに若くないなぁ^^(笑)
インチキだぜぇ~~~~!

って、勝手に私が想像する世界ですが。
やっぱ、こういうシチュエーションは若い男女だよね^^

でも、老夫婦ってのもいいかも^^
中年はダメ! 絵にならんってことですね^^
私達もダメか~~^^(笑)




IMG_4917.jpg 

ベイブリッジとマリンシャトル^^
灰色に霞んだ風景。なかなかいいですね^^

橋で一番好きなのはサンフランシスコの
あの赤いゴールデンゲートブリッジだ。
めっちゃ美しい魅力的な橋です。
霧がかかったゴールデンゲートブリッジ!
こりゃ、もうな~~んも言えん。




IMG_4943.jpg 

元町にあるレストラン「霧笛楼」
ここは知る人ぞ知る、めっちゃ有名なレストラン。
なのにまだ一度も食事したことないんです。

宝くじ当たったら来よう~~~^^♪




IMG_4937.jpg 

歩いてそして歩いて、そろそろ疲れてきたなぁ~~
という頃、ここ中華街につきました。
相変わらずの賑やか、混雑ぶりです。




「お知らせ」


★新ブログ始めました。
 私が描いた水彩画をのせ
 それに、くだらないお話を書いています。

 新ブログの方は、毎日更新していますので^^

 よろしかったら下のタイトルをクリックして
 ぜひ、見に来てくださいね^^

 「ごくさんの透明水彩画」

 
スポンサーサイト





トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/374-eda26eff