FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



琉球筝曲
★いつもご訪問ありがとうございます。
 このブロブ「つれづれ絵日記」は
 月に1~2回更新のブログです。
 別にもうひとつブログ掲載しております。
 よろしかったら、こちらのブログへどうぞ。

 ごくさんの透明水彩画 http://gokusan555.seesaa.net/



IMG_0289.jpg

カランコエが今年も咲きました。
その咲き方と言ったら、もう凄い!
ちょっと大きめの鉢に、窮屈なくらい、たくさん!
しかし丈夫な花だ。


mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm


先日TVで放映された沖縄の若者。
筝曲の全国コンクールで最高賞にあたる
「賢順賞」に一位を獲得された、沖縄の池間北斗さん。
彼は琉球筝曲を演奏される若者だ。

えぇ~~っ!琉球筝曲?

琉球筝曲なんてのがあるなんて、初めて知りました。
私がやっている現在の琴とちょっと違うようだ。
琴自体は形、長さそして13本ある弦。
これは同じようだが、違うのが
まず琴の弦の張り方だ!
沖縄筝曲は弦を緩く張るようだ。
そして指にはめる爪の形も違う。
角爪ではなく、山田流の丸爪に似ているが、カットがすごくゆるやか。

こういった違いからか、柔らかく優しい音色がする。
琴を演奏しながら唄うスタイルは同じだ。

蛇の皮を張ったあの沖縄三線!
これは良く知られているが、琉球筝があるなんて!
ほんと知らなかった。

三線を弾き唄う、あの沖縄民謡独特の哀愁が
ある彼の演奏からも伝わってくる。

賢順賞コンクールにおいての、予選曲は「六段の調」となっている。
これはまずデモテープを送り、それにより出場者決定となる。

琉球筝曲には「六段の調」はない。
なので琉球筝曲にある「六段菅攪」という曲を送ったという。
名は似ているが六段の調とは違うものである。

デモテープを聴いてくれるだけでもいい!
そんな気持ちで送ったというが、なんと見事!出場獲得!
そして優勝までしてしまったのだ。

指定された予選曲とは違う曲を、誰だか知らんが
聴かれて、そして予選通過!
選んだ審査員も、なかなか大したもんだ!

TVでの池間さんの言葉が強く印象に残る。

只今、筝曲だけでは食えず、生活のためアルバイトをしながら
筝曲を勉強されているという。
この琉球筝曲が、将来、多くの人に広がるようにしたいとの思いが。
頑張ってほしいですね^^

我々のやる山田流筝曲も年々衰退ぎみ。
もっともっと、日本の伝統音楽を多くの人々に
聴いてもらいたい。また演奏して欲しいですね。

スポンサーサイト