FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



椿の花は……
IMG_1604.jpg
〈今日の絵〉
 椿の花


今日の絵はちょっと、いやだいぶ時期外れなんですが
ストックしてある絵を整理していたら
この椿の絵がでてきて、俺もブログに載せてくれよ~。
と、いうもんで(笑)

いや、これは嘘でして。
実は今日ちょっと知人の連絡先が知りたくて
年賀状に確か電話番号載っていたな。
と思い探していたら、自分が作って余った年賀状が
でてきたので、こんな時期外れの出来事となりました。

IMG_2332.jpg

これは以前作ったヤツです。
振り返ってみると、もうかれこれ椿の絵を
年賀状に描きだしてから15~16年くらいになるかな?
毎年決まって椿です。
もちろんそのつど、新しく描きますが。

もらった人の気持ちも考えず、椿ひとすじです。
浮気なしです(笑)

椿の花は花の中でも一番、二番を争うくらい好きです。
特に、静まりかえった寺の境内に咲く椿は
たまらなく心うたれますね。いいですね。
あの深紅の色といい、また凛と咲く姿が好きです。

よく、椿の花は枯れる時、首元からぽったっと落ちるので
縁起よくないから嫌だ!
っていう人がいるから、まずいかなぁ~。
と友達に言ったら、

う~ん、関係ないよ。
年賀状に描いた椿は落ちませんから。だって。

なるほど、なるほど。

その言葉に勇気つけられ、こうして長年
椿の絵を年賀状に描き続けています。

今年もまた椿を描きます。



スポンサーサイト





コメント
毎年、年賀状は椿なんですね。
椿って5月に花をつけるんでしたっけ?
理由を聞いたことはありませんが、うちの両親も大好きで
実家の庭にいっぱい植えているんですよ。

こうやって、手書きの年賀状をもらうとうれしいでしょうね。
[2012/07/23 00:53] URL | けんパパ #- [ 編集 ]

けんパパさん
コメントありがとうございます。

椿の種類によって、花をつける時期が
違うようですが、秋から春先まであるようですね。

いいですね。椿の花があるなんて。

花屋にはほとんど椿は置いてないので
絵を描く時はもらってきたりして描いています。
[2012/07/23 08:06] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

私も椿は大好きな花です
特にわび助
一重が良いな~
年賀状にも良く書きました~
油絵でも描いたな~
陶器も
絵のモチーフとしてはお鼻の中で一番♪
[2012/07/23 14:31] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

いいですね♪
ごくしげさんとリアルに知り合いになるとこんな素晴らし年賀状がもれえるんですね(^_-)-☆
せめてブログで年賀状をアップすることをご検討願いますm(__)m
私は桜が好きなので…特に桜吹雪☆描かれたのがあったらそちらもアップしてもらえたら嬉しいです(*^^*)
[2012/07/23 15:32] URL | warattego #- [ 編集 ]

babatyamaさん
コメントありがとうございます。

私もわび助が一番好きです。
描く絵も八重ではなく一重です。

babatyamaは陶芸もやっているんですか?

私はやっていないけど、陶磁器大好きです。
いろいろ買って集めては、飾ったり、
料理盛ったりして楽しんでます。

[2012/07/23 19:06] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

warattegoさん
はい、はい、承知いたしました。
今日はおねだりwarattegoさんですね(笑)

桜は私も好きです。
季節的に難しいけど、考えておきますね。

うまくそんな機会があればいいんですが。
[2012/07/23 19:13] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/64-d1e3f1f4