FC2ブログ
つれづれ絵日記
趣味の透明水彩画を掲載し日々の生活ぶりをつづります。
プロフィール

ごくしげ

Author:ごくしげ
埼玉在住。現在、夫婦2人暮らし。
フリーのグラフィックデザイナーです。
多趣味の方で色々やっています。
透明水彩画をはじめ楽器演奏など楽しんでいます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



癒しの音楽



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



絶対音感
IMG_1506.jpg
〈今日の絵〉
 小雨降る公園


絶対音感のない私は、絶対音感を持っている人は
いいなぁ~と思う時がある。
彼らは楽譜を見なくても、耳で聞き分け、
楽譜なしでも正確に演奏ができてしまうからである。
鳥の鳴く声や鐘の音なども音程が即、解かるという。

初めて習う曲でも、そのメロディーを聞けば
いちいち楽譜を見なくても演奏できてしまうらしい。

絶対音感のない人は初見の演奏は大変だ。
常に楽譜とにらめっこ状態だ。
だからその曲を覚え、演奏するには時間がかかる。

絶対音感は5~6歳ぐらいまでに、備わるような
専門の教育を受けなくては、絶対音感を持つことが
できないという。

う~ん、5~6歳ね。
その頃はな~んも考えず、遊んでいましたね。

特別に音楽をやる環境にいなかったし。
環境があんまりよろしくないですな。

って誰を恨んでも仕方ないけどさぁ~。

でも有名な音楽家でも絶対音感を持って
いない人もいるという。

また絶対音感を持ってるがゆえ、まともに
音楽を聴くことができなくなってしまう人もいるようだ。
ちょっとした音色のずれも、耳ざわりとなり耐え難いらしい。

バイオリンニストの千住真理子や矢野顕子も
絶対音感を持っているという。

しかし、絶対音感があるからといって
いい音楽家になるとは限らない。

たとえ持っていても音楽性や芸術性とは
関係ないのだ。







スポンサーサイト





コメント
まるで縁のない私
でも
音楽は好き(^ー^* )フフ♪
[2012/08/03 09:48] URL | babatyama #ciZ.EuIc [ 編集 ]

babatymaさんへ
babatyamaこんにちは。

素敵な感性を持っている方なので
音楽やったらきっと、いいんではないかと思います。
そんな気がします。
[2012/08/03 12:10] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

絶対音感
絶対音感という言葉を知ったのが中学の頃でエレクトーンの先生が弾く音を聞き取り
弾き返す授業があった時なんですが…
もう13歳になっている私に弾き返せる訳がなく(>_<)
その授業の度に嫌な思いをしました(-_-;)
5~6歳までなのにどうしてさせられたんでしょう(+_+)
[2012/08/03 17:55] URL | warattego #- [ 編集 ]

warattegoさんへ
絶対音感には嫌な思い出があるんですね。
でもそれを持っているからって、
素晴らしい演奏をするとは限らないので
あまりこだわらない方が良いみたいです。
私も同じくないので、自分なりに
楽しんで演奏できればいいんじゃないかと思い
やっています。まぁ、趣味なのでね。
落ち着いたらまたエレクトーンでもやってみては。
[2012/08/03 23:46] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]

絶対音感は5~6歳までですか~!?

うちの子ちょうどヤマハ音楽教室で音当てクイズみたいなのをしょっちゅうやってますが、絶対音感を鍛える為だったんですね~

うちのayaちゃん音当てクイズむちゃ得意なんですよ~!

かなりの確率で当てます。。

投資の甲斐がありましたね(笑)
[2012/08/04 15:19] URL | am #AXZaCOH2 [ 編集 ]

amぱぱさんへ
ヤマハでやってましたか。
絶対音感を持つための教育ですね。

先生がいくつかの和音を弾いて、その音程を当てる。
将来、絶対音感を持っていると、ピアノ弾くにも
何かと有利ですよね。

今にayaちゃんも完全に身につけるでしょうね。
[2012/08/04 20:03] URL | ごくしげ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://gokushige.blog.fc2.com/tb.php/73-8ad7f630